ゴルフ用語辞典(は)

パー (Par)

ホール または コースの規定打数。10 ホールの パー 4、4 ホールの パー 3、4 ホールの パー 5 の合計 18ホールからなる パー 72 のコースが 最も標準的だが パー 71、70、場合によっては それ以下の規定打数のコース、逆に、パー 73 のようなコースもある。また、それが 入れば パーになる パットのことを パー パットと言う。

関連リンク

ハイ サイド (High side)

右から左に 曲がるパットで 右に外せば ハイサイド または プロ サイドに外したことになり、逆に、左に 外せば ロー サイド(アマチュア サイド)に外したことになる。

関連リンク

バイト (Bite)

グリーンへのショットが バックスピンで 止まることを言う。ボールが地面を噛む(bite の本来の意味)ようにして止まることで 少し大きめに打ってしまった時などは バイトと叫ぶ。

関連リンク

ハイブリッド クラブ (Hybrid clubs)

ハイブリッド
複数の素材を使って作られたヘッドのクラブという意味で使われたり(例えば、ハイブリッド アイアン)ユーティリティ クラブ (Utility clubs) という意味で使われる言葉。

関連リンク

バウンス (Bounce)

バウンス
アイアンや ウェッジのソールの膨らみのこと。ソールの形状や大きさによって ショットで クラブが地面に当たった時のヘッドの挙動や ショットの感触は 異なる。そうしたクラブの特徴は 特に バウンス角の大きさに依存するが、例えば、バウンス角が大きいサンド ウェッジは 柔らかい砂のバンカーや深いラフでも ボールの下をソールが滑り易いという特徴があり、そうしたショットに適していると言われる。ただし、状況によっては 使い難い側面もある。従って、ウェッジ選びにおいては どのような ロフトと バウンス角の組合せにするのが 最適かを 十分考慮する必要がある。

関連リンク

バウンド (Bound)

ボールが落ちた時の弾みで どのように バウンドするかを正確に予測することが アプローチ ショットでは 重要。

パーオン (Green in regulation)

パー 3 のホールを 1 打目、パー 4 のホールであれば 2 打目 そして パー 5 のホールでは 3 打目でグリーンに乗せれば パーオン(和製英語)したことになる。 英語では Green In Regulation (GIR) と言う。
GDO

パー競技 (Par Competition)

それぞれのホールの基準スコアを パーに設定し それより良い ホールは +1、同スコアであれば 0、悪ければ -1 として 最終的なトータルスコアで 競う競技。各ホールのスコアは アップ (up)、ハーフ (halve)、ダウン (down) の三種類しかなく、マッチ プレー的な感覚で プレーすることになるが ルールは ストローク プレーのルールが適用される。ボギー競技は 同様な競技だが 基準スコアを ボギーに設定したもの。

関連リンク

ハザード (Hazard)

バンカー 及び ウォーターハザードに指定されたエリア。ハザードから打つ場合は クラブをソール出来ないし ルースインペディメントを動かすことも出来ず さらに ハザードの状態を 手や クラブで テストすることも許されない。新 ルールでは ペナルティ エリア と呼ばれるようになり、クラブが ソール出来るようになるし ルースインペディメントを動かすことも出来るようになる。

関連リンク

パーシモン (Persimmon)

バウンス
柿ノ木の意味だが かつて ウッドのヘッドが 主に 柿ノ木で作られたので ゴルフで パーシモンと言った場合は 木製のドライバーや フェアウェイウッドを意味する。そうしたクラブの代わりに メタルウッドが 使われ始めるようになったのは 1980年代のことで 1990年代に入ると 完全に メタルウッドに とって代わられた。メタルウッドという言葉も あまり使われなくなったが 所謂 ウッドは スチール、チタン、アルミニウムなどの金属、さらには 樹脂や炭素繊維などを使った コンポジットと呼ばれる複合材料などにで作られている。

関連リンク

パター (Putter)

パター
グリーン上で 主に 使われるクラブで これを使ってボールを転がすことを パットをするとか パッティングを行うなどと言う。様々なタイプのパターがあるが 近年 最も良く使われるタイプのパターは (a) マレット タイプ、(b) ピン タイプ のパターである。

関連リンク

バックスピン (Back spin)

スピン
後ろ向きのボールの回転のことで、空中に浮き上がる力、グリーンに落ちてボールを止める力などになる。

関連リンク

バック ティー (Back tee)

パター
一般のアマチュアがプレーする レギュラー ティーより後ろにあるティのこと。コースによって 多少の差はあるが 女性用 ティー(赤)、シニア ティー(ゴールド)、男性用 レギュラー ティー(白)、バック ティー(青)、チャンピョンシップ ティー(黒)などがある。プレーヤーは 力量に応じて プレーする ティーを選択することになる。

関連リンク

バック ナイン (Back nine)

後半の 9 ホールのこと。前半の 9ホールは フロント ナイン。

バーディ (Birdie)

規定打数(パー)より 1 打少ない打数で ホールアウトすること。

パット (Putt) / パッティング (Putting)

パター
パターで ボールを打つこと。通常は グリーンに乗ったボールを打つ訳だが グリーンの外から パターで ボールを転がして行くこともある。ラウンド中のパット数は 大雑把に 25 ~ 50 ストローク、熟練したアマチュア ゴルファーの場合は 30 ~ 40 ストロークで スコアの約 4割 と大きな部分を占める。

関連リンク

パット チップ(Putt-Chip)

パター
ウェッジや ショート アイアンを パターのように使って打つ チップ ショット。

パットの線 (Line of Putt)

プレーヤーが パッティング グリーン上で ボールを打った後に そのボールが転がそうとするラインのことで パッティング ラインなどとも言う。パットの線は 原則 プレーヤーの意図する線の両側に 若干の合理的な幅を持ち ホールを越えて その先には 及ばない。

関連リンク

バット (Butt)

シャフトの太い方のことで 細い方を ティップ(Tip)と言う。バット側を切りシャフトを短くすることを バット トリムと言い、ティップ側を切れば ティップ トリムとなる。バット トリムは スイング ウェートや 硬さ(キックポイント)にあまり影響なくシャフトを短くする方法。

関連リンク

GDO

パートナー (Partner)

チーム戦で 自分と同じチームのプレーヤーになった人のこと。

パトロン (Patron) 英語

マスターズの観客 (ギャラリー) の呼び方。因みに、マスターズ (Masters) は ゴルフのメジャー選手権(四大競技)の一つ。

バナナ ボール (Banana ball)

極端な スライスのことで 軌道が まさに バナナの形。

バフィー (Baffy)

4番 ウッドのこと。3番 ウッドは スプーン、5番 ウッドは クリークと呼ばれる。

ハーフ (Half)

18 ホールの 半分の 9 ホール(イン または アウト)を ハーフと言う。

ハーフ (Halved) 英語

マッチ プレーの各ホールの勝敗を表す言葉で 引き分けのこと。英語では halved と言い 日本のルールブックには「ハーフ」と書かれている。

ハーフ ショット (Half shot)

フル スイングの半分くらいの力で打つショットで ボールの距離と軌道を コントロールするために使われる。ウェッジで ハーフ ショットをすることを ハーフ ウェッジ などとも言う。

ハーフ スイング (Half swing)

ハーフ ショットをする時の スイング。

ハーフ セット (Half set)

14本のフルセットの半分 7本前後の本数で 組合わされた セットのこと。ビギナー用のセットとされ 通常 ウッドは ドライバー (1W) と スプーンかクリーク (3W or 5W)、アイアンは 5番、7番、9番の奇数番と サンド ウェッジに パターが入る。

ハーフ トップ (Half top)

少し トップして打ってしまう ミス ショットのことだが 和製英語。

ハム アンド エッグ (Ham and egg)

フォーボール ゲームや スクランブルなど チームプレーで それぞれの選手が交互に良いプレーを見せ 個々のプレーは 決して 良いプレーばかりではないが チームとして 良い結果を出せた時に その状況を言い表す 決まり文句。ただし、ゴルフだけに限って 使われる言葉ではない。

関連リンク

パーム グリップ (Palm grip)

掌で握る グリップのことで フィンガー グリップと 対比される。パターのグリップとして 多用される。

払い打ち (Sweeping)

クラブを掃くように レベルに 振ること。フェアウエーウッドや ロング アイアンの打ち方。すくい打ち (Scooping) とは 異なる。

関連リンク

パラレル ティップ(Parallel tip)

スチール シャフトは 通常 竹のように節があり 先端に行くに従って徐々に細くなる作りになっているが その先端(ティップ)は パラレル ティップ (Parallel Tip) タイプか テーパー ティップ (Taper Tip) タイプかの何れかである。最先端のセクションに テーパーがあるものが テーパー ティップで その先端の径は 0.355 inch (9.02mm) と パラレル ティップより若干細く作られている。テーパー ティップのシャフトは ティップ側を トリミングすると径が太くなってしまうので それが原則出来ないが パラレル ティップのシャフトは 最先端のセクションに テーパーがなく 径が 0.370 inch (9.40mm) で同じなので ティップ側のトリミングも出来る。

関連リンク

パラレル レフト (Parallel left)

パラレルレフトセットアップの アラインメントの説明に使われる概念の一つ。肩やスタンスのラインを ボールとホールを結んだ線に対して 平行になる仮想線上に合わせる(アラインする)ことで スクウェアーに構えられるという考え方を説明する時に用いる用語。

関連リンク

GDO

バランスド フェース (Balanced Face)

バランスド フェース指の上に シャフトを乗せて クラブを水平な状態で バランスさせて フェースが真上を向くものを フェース バランスド パター または バランスド フェース パターと言う。

関連リンク

バルジ (Bulge) 英語

バルジ
ドライバーや フェアウェイ ウッドの フェース面 中央の僅かに 膨らんだ水平方向の丸みのこと。ギア効果、即ち、トウ側に当たったボールは フックし、ヒール側に当たったボールは スライスするという効果の影響を 調整する機能を果たす目的で 水平方向の丸み(バルジ)は 考案された。近年は 垂直方向(上下)のギア効果によってバックスピン量を コントロールする目的で垂直方向の丸み(ロール)にも様々な工夫がなされている。

関連リンク

パワー フェード (Power fade)

力強い フェード ボールのことで 距離の出ない スライス ボールと 対比される。

バンカー (Bunker)

バンカー
砂のある窪地で フェアウェイや グリーン周りに コース攻略を難しくする目的で設けられる。バンカー内のボールに対しては ソールをすることが出来ないなど ルール上の特別な規制が適用されるエリアでもある。サンド トラップとも呼ばれる。

関連リンク

バンカー ショット (Bunker shot)

バンカー
バンカーから 打つ ショット。サンド(トラップ)ショットとも言う。

関連リンク

パンチ ショット(Punch shot)

低い球を打ちたい時に用いるショットで ボールを 右足サイドに置き 小さめなバック スイングで フォロースルーは 低く取る。ノックダウン ショット (knock-down shot) とも言う。

パンチ マーク (Punch mark)

主に メタルウッドなどのクラブフェースの表面にある円形 もしくは 多角形の窪み (ディンプル)。その形状、密度などは ある一定条件を満たすことが そのスピン性能への影響が考慮され ルールで義務付けられている。

ハンデ / ハンディキャップ (Handicap)

ゴルファーの技量を示す尺度。違った レベルの ゴルファーが 公平に 競技をするために 考え出された システム。

ハンド アップ(Hands up)

アドレスした時の手の位置が 少し高くなること。リストが固定されるので ハンドアップで打つ チップショットのスタイルもある。

ハンド ダウン(Hands down)

アドレスした時の手の位置が 少し低くなること。クラブの軌道が アップライトになりやすいため バンカー ショットや ロブ ショットなどに 有効。

ハンド ファースト (Hands first)

ハンド・ファースト
構えた時や スイングした時に グリップが クラブフェースよりも前(左)に位置し 腕とクラブの形が y の形になる構えや スイングのこと。

バンプ アンド ラン (Bump and run)

比較的 ロフトのないクラブで グリーン手前に ボールを落として グリーンに ボールを転がし上げるように打つ アプローチ ショット。
Copyright © 2004-2018 mamejiten.com. All Rights Reserved.

索引