コンテンツ目次

ゴルフ用語辞典
   
       
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        




タイト ライ (Tight Lie)
芝のない もしくは 芝が非常に短く刈られた状態のライ。適度な長さの芝では ボールが少し浮き上がるようになるので ボールを打ち易いが そうしたライに比べると ミスショットが出易く 難しいライとされる。
関連リンク
• タイト ライからのアプローチ・ショット
ダイナミック・ロフト(Dynanmic loft)
ダイナミックロフトクラブフェースのシャフトに対する傾斜角のことを ロフト (loft) または リアル・ロフト と言うが それに関連する ゴルフ用語。右図のように 個人のスイングのスタイルや シャフトの特性の違いによって ボールを打つ時の動的なロフトは 変わるが そのフェースの傾斜角のことを言う。ダイナミック・ロフトは 図のように リアル・ロフトより大きくなることもあるが 逆に 小さくなることもある。
関連リンク
• ロフトとフェース角(ゴルフクラブ選びの知識)
• ドライバーの飛距離を伸ばせ(レッスン動画)
タイ・ブレーカー / タイ・ブレーク(Tie-breaker / Tie-break)
ゴルフ競技で同スコアの人が出た場合(何らかの方法で順位を決める必要がある時)に 順位を決めること もしくは 順位を決める方法。
関連リンク
• タイ・ブレーカー(ルール解説)
ダウン(Down)
マッチ・プレーで相手に負けている時に 1ホール負ければ 1ダウンと言う。例えば、1ホール残して 2ダウンになれば 負けが決定するが その場合のスコアーを 2 and 1 という。
関連リンク
• マッチ・プレーのルール
ダウン・スウィング(Downswing) ダウン・スイング
トップから 切り替えして クラブをボールに対して振り下ろすこと。フォワード・スイング (forward swing) とも言う。バック・スイングの対語としては フォワード・スイング と言うべきであろうが ダウン・スウィングと言うことの方が むしろ 一般的ではある。
関連リンク
• ゴルフ・スイングの基礎知識
ダウン スロープ(Downslope)/ ダウン ヒル(Downhill)
下り斜面のことで ダウン ヒル・ライなどと言う。アドレスした時に 左サイドが低くなっているので ボールを右足サイドに置いて打つべきライ。パットの場合は ダウン ヒル・パットと言うのが一般的で スピードが早く 色々な意味で コントロールが難しいパットとされる。
関連リンク
• 斜面からのショットの打ち方
• ダウンヒル・パットの打ち方
ダウン・ブロー(Down blow)
ターフが取れる アイアン・ショットの軌道が これに相当するが クラブヘッが 上から下に 比較的 急角度に下降する軌道のこと。ただし、和製英語で 正しい英語は hit down である。ゴルフ・スイングは ダウン・ブローになどとも言われるが 特殊なケースを除いては あまり ダウン・ブローにしないで 所謂 シャロ―なスイングにすることが 好ましい。
関連リンク
• アイアン・ショットの打ち方
• シャロー・アウトのスイング改良(レッスン動画)
ターキー (Turkey)
元々の意味は 七面鳥 で 稀に クワドラプル・ボギー (+4) を意味する言葉として使われる。ただし、一般的には あまり 使われない。
関連リンク
• ゴルフ・スコアの基礎知識
ダック・フック(Duck hook)
急角度に フックするショットのことで チーピンとも言う。下半身の動きが止まると出易い。
タッチ(Touch)
アプローチやパターの微妙な感覚を言う。好ましいスピードで カップに入るようなスピードのボールが打てれば ナイス・タッチで打てたとなる。
関連リンク
• パットのスピード • 1-2-3 距離調整メソッド
ダッファー(Duffer)
Duff は 打ち損ねるの意味。従って、下手なゴルファーのこと。
タップ・イン(Tap in)
パターで ホールの傍に止まったボールを軽く叩いて入れること。
脱力 (Loosening)
瞬発力や俊敏性などを高めるテクニックとして 筋肉を緩めて関節の動きをスムースにし、結果として、体全体 または 体の一部の動きを良くすることを目的に行う行為。例えば、肩の力を抜くというようなことは 脱力の一例である。
関連リンク
• 脱力でスピードとパワー、安定性をアップ
• 力の抜き方(線のイメージを使え)
ターフ(Turf)
芝生のことで、アイアン・ショットなどでボールの先の芝生を削り取ることを ターフを取るという。英語では Divot  を取るという表現になる。
ダフる (hit a fat shot / hit it fat)
クラブヘッドがボールの手前に入ってしまうミスのこと。結果としては あまり飛ばない、意図した距離が出ない ショットになる。
関連リンク
• ダフり難い ゴルフ・スイング
ダブル イーグル(Double eagle)
規定打数より 3打少ない打数で ホールアウトすること。アルバトロスとも言う。
関連リンク
• ゴルフ・スコアの基礎知識
• アルバトロス(ダブル・イーグルの出る確率や信じ難い記録のお話)
ダブル ドッグレッグ(Double dogleg)
フェアウェイが曲がっているホールを ドッグレッグ・ホールと言うが、パー 5 で曲がりが 左右に 2 回あるようなホールが ダブル・ドッグレッグ・ホールである。
ダブル パー(Double par)(和製英語)
規定打数の 2倍叩いてしまうこと。パー 4 で 8打がそれに相当するが それを英語のスラングでは ビーグル (beagle) と言う。
ダブル ボギー(Double bogey)
規定打数より 2打多い打数の場合。パー 3 では、5打がそれに相当する。
関連リンク
• ゴルフ・スコアの基礎知識
ダブル クロス(Double Cross)
スライスやフェードを打つつもりで(右利きのプレーヤーが)左サイドを狙って打った時に ボールがスライスもフェードもせずに、左に真っ直ぐ、もしくは、フックして出て行ってしまうこと。
関連リンク
• ダブル クロス
ダブル ヒット(Double-hit)
二度打ち、即ち、スウィング中に同じボールが 2度フェースに当たってしまうこと。陳選手 (T. C. Chen) が 全米オープンの最終日に やってしまったのは 有名。この場合、ルール上は ショットは 1打とし ペナルティの 1打を付けて 2打プレーしたことになる。
関連リンク
• 二度打ち(ゴルフルール解説)
球はあるがまま
規則 13 「球はあるがままの状態でプレー」 には 規則に別の規定がある場合を除き、球はあるがままの状態でプレーされなければならないと記されている。英語の表記は The ball must be played as it lies, except as otherwise provided in the Rules.
関連リンク
• ライなど コンディションの改善(ルール解説)
• ウィンター・ルール / プリファード・ライ(ルール解説)
タメをつくる タメ
レートヒット (late hit) とも言う。ダウン・スウィングで 腕の動きよりも クラブの動きを遅らせること。
関連リンク
• 飛ばす秘訣
タラコ タラコ・アイアン
たらこ型のロング・アイアン。昔からあるが 最近は ユーティリティ・クラブの一種類として 色々な形状のものが出回っている。
関連リンク
• ユーティリティ(ゴルフクラブ選びの知識)
鍛造 (たんぞう)
鉄を熱してプレス(型押し)して作る方法で 鉄の温度によって熱間鍛造と冷間鍛造の二通りがある。温度をなるべく低い状態で鍛造した方が 軟鉄の軟らかい感触を出せる。鍛造クラブのことを 英語では フォージド・クラブ (forged club) と言う。
関連リンク
• アイアン(ゴルフクラブ選びの知識)


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意