コンテンツ目次

ソールの使い方|ダフらない秘訣

このページのコンテンツ
• はじめに
• ソールが滑る角度とは
• ダフらない秘訣
• ショットに磨きをかけよう
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


アプローチ・ショットに 自信が持てない人には 是非 ウエッジのソールの使い方 即ち ダフり難い打ち方について その理屈を まずは 学んで欲しい。高い確率で ボールを フェースの上に キチンと乗せるには ある意味 ミスの許容範囲が広い 打ち方を身に付ける必要があるが それには ソールを上手く滑らせて ボールを打つ テクニックの習得が不可欠だ。

ソールが滑る角度とは


ウェッジのバウンスご存知のように ウェッジには ソールに 比較的 大きなバウンスがある。ウェッジによって その大きさや 形状には 違いがあるが サンド ウェッジであれば 10° ~ 12° また 他のウェッジでも 6° ~ 8° 程度のバウンスがあるのが普通だ。右図は バウンス角が 12° (赤) で 少し丸みを帯びた形状のバウンスのサンド ウェッジだが これを使って キャリーで 20 ~ 30 ヤード位のショットを打つ時のことを 想像してみよう。図は シャフトを 5° (黄) 前傾させ 若干 ハンド ファーストに ソールを 芝 (緑) に 接地させた時の状態を示したものだが ソール中央 即ち ミッドソールが接地していることが分かるはずだ。一方、図には 18° と 5° の矢印を書き込んでいる。18° の入射角で クラブヘッドを落とす場合は ハンド ファーストの度合いが 大きくなるから ミッドソールではなく リーディング エッジから ヘッドが接地するのが普通で ダフる可能性が高くなるが、仮に 図のように それで ミッドソールから ヘッドが接地したとしても クラブは それに近い角度で 跳ね返されるだろう。つまり、ボールの真下に クラブが綺麗に入り込まない限り 18° のようなダウンブローのスイングでは ミス ショットになる訳だ。逆に、5° の場合は ソールが滑ってくれる可能性が圧倒的に高くなるが 仮に ヘッドが跳ね返されても その角度は 5° 前後だから リーディング エッジは 余程 ボールの手前に落ちない限り ボールまで クラブがダウンブローに 振れていれば ボールの下に 入り込むことが出来る。

ここで 下の動画を見て欲しい。左は ボールを 右足のかかとの外側の前に置いて ハンドファーストに 18° のダウンブローのスイングをした時のクラブヘッドの挙動である。リーディングエッジから芝に当たるから クラブは 跳ね上がって 前に進んでいかない。クラブフェースがボールに当たってから リーディング エッジが 地面に当たっているから ボールは 普通に 飛んで行っているが 少しでも 手前に入れば どのような結果になるかは 想像がつくであろう。


ダフらない秘訣


一方、動画の右の例の 5° のように シャロ―に クラブが振れて 綺麗に ソールが滑れば 多少 手前にダフリ気味に ヘッドが入っても ボールは フェースの上に キチンと乗る訳だ。ダフリの度合いが大きくなると 芯を外すことになるだろうが それでも キャリーは 少し落ちるものの ランが出る結果になり ターゲットから 大きく外れる確率は 低いので 大きな失敗になる可能性は 低いはずだ。クリーンに ボールを ヒットし キャリーを確り出して 少しスピンをかけるイメージで打つのが普通だが 多少 ダフり気味でも 結果的に ボールが止まる位置は ほとんど変わらないことになる。つまり、ソールを上手く滑らせるショットができれば ミスの許容範囲が広がる訳だが その許容範囲を最大限に生かすために 実は 綺麗に ボールを ヒットしに行くのではなく ほんの少し手前に ある意味 故意に ダフり気味に 打つようにする テクニックを 多くのツアープロは 使ってるのだ。状況にもよるが そうすることが ダフらない秘訣であり ショットの成功率を高めるのに 効果的なテクニック と言うことだ。

このように ヘッドを 低いところから シャローに 穏やかなダウンブローの角度で 入れるショットは 強力な武器になるが それを使う時に 忘れないで欲しいのが インパクト後も ダウンブローに振る イメージで 低いフィニッシュを取ることである。以下は ショートゲームの名手として知られる ルーク・ドナルドが ピッチ ショットの打ち方を説明した動画だが ボールを高く上げるショット以外では リスト・ヒンジを抑えて シャロ―に クラブを振って ロー フィニッシュの打ち方をしている点を確認して欲しい。


どんなクラブを使うのかによって 多少のアジャストメントは 必要になるだろうが バウンスを使って ソールを滑らせる打ち方の基本は 同じである。サンド ウェッジだけでなく、色々なクラブを使って 練習をし 状況に応じて クラブを使い分けられるようにしておくと良いだろう。

ショットに磨きをかけよう


フィニッシュ
このように リストの動きを最小限に抑えて シャローに ヘッドを入れるテクニックが 最もオススメな方法であるが、注意すべき点は シャローにと思うと どうしても インパクトの前後から アッパー軌道になりがちで ヘッドの接地点が 大きくズレて ダフリや トップが出るスイングになってしまうことだ。ヘッドは シャローに入れ その後も アッパー軌道にならないように ターフを取るイメージで振ることだが その上で 出来れば バック スイングでは 少し フェースをオープンにし それを インパクトで スクウェアに戻し フィニッシュで 少し クローズドにするよう 軽く 腕を ロールさせる アクションを入れると良いだろう。また、ヘッドを 上手く シャロ―に落とすには 下半身の動きを上手に使い 前傾姿勢をキープして ヘッドアップにならないように 体を回転させながら ボールを打つことも 忘れずに。

なお、別途 紹介している ヒンジ & ホールド のような 異なるテクニックがない訳ではないが 前述のテクニックが 最も ハイ パーセンテージで オーソドックスなものである。色々なテクニックの知識を学ぶことは 良いことだが それらが ミックスしないようにすることが大切だから その点は 忘れないで欲しい。同じクラブでも 使うテクニックによって 出球の高さ、スピン量 そして ボールの転がり方は 異なってくるので キャリーと ロールの関係に対する考え方も 良く整理する必要があるだろう。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP