コンテンツ目次

首都圏ゴルフ場ガイド

フェアウェイ・バンカー・ショット

このページのコンテンツ
• はじめに
• フェアウェイ・バンカーの問題点
• ショット(打ち方)の基本
• 正しい ライの見極め
• コース・マネジメント
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


フェアウェイ・バンカーの多くは ティー・ショットで ターゲットを 少し 外した時に そのボールが入るところに配置されており、そうしたショットを打ったプレーヤーに ペナルティーを科すためのものである。また、そんなバンカーに入ったボールは 運が悪ければ 高い顎が邪魔になったり、フット・プリントなど 平坦でない砂地にボールが沈んでいる状況に 直面することもある。しかし、そうした運の悪いケースを除けば フェアウェイ・バンカー・ショットは その打ち方をマスターした上級者にとって ミス・ショットの可能性が 多少高くなるとは言え 然程 難しいショットではない。

フェアウェイ・バンカーの問題点


フェアウェイ・バンカーボールが高い顎がの近くにあったり 平坦でない砂地にボールが沈んでいる場合などは 遠くに飛ばすことをあきらめる必要があり、場合によっては、エクスプロージョン・ショットで 取り敢えず そのバンカーからの脱出を図るためのショットを選択しなければならないこともあるだろう。

また、ライが悪くなくとも ボールの手前の砂に クラブが 少しでも 当たれば ボールは一気に飛ばなくなるので そうならない打ち方がマスター出来ていない人にとっては 厄介なショットである。つまり、そんなバンカー内からのショットは まず ボールをクリーンに打つためのテクニックを学ぶ必要があると言うことだ。

ショット(打ち方)の基本


フェアウェイ・バンカーの打ち方の(右利きを想定した)基本 - 四つのポイントがあるので まずは それから レビューして欲しい。

(1)普段のショットより 少し(5㎝ 程度)右足寄りにボールを置く
(2)砂に足、特に 左足を確り埋めて、少し オープン・スタンスで構える
(3)1 ~ 2番手長めのクラブで グリップは 少し チョーク・アップして握る
(4)腕を 縦に振るイメージで ダウンブローな パンチ・ショット気味に打つ

勿論、通常のフェアウェイ・バンカーでは ソール できないので そうした点にも 配慮しなければならないが、何と言っても、前述のように ボールをクリーンに ヒットすることが重要なショットで 以上のポイントは そのための工夫だと言える。さらに、スイングを通じて 体重移動を最小限にすることも考えるべきで 左足重心の コンパクトなスイングで 打つのも一案だ。インパクトから フォロースルーで 右足体重になるような打ち方は 極力 避けるべきである。

なお、ボールを クリーンに ピック・アップするために 払い打ちの発想をする人が居るが それで腕を横に振るようでは 十中八九 ミス・ショットになるだろう。腕は なるべく縦に振って ダウンブローのスイングで ボールをヒットした後に その先の砂を少し取るようにスイングするのが 正しい打ち方である。当然、長いクラブで ダウンブローに打つことは 難しい訳だから グリーンまでの距離があるエリアに配置されたバンカーに入れれば ペナルティーは 大きくなる理屈だ。

正しい ライの見極め


また、ボールが 少し沈んでいるなど ライが悪い場合は その程度にもよるが クリーンにボールを打つことはより難しくなるので ボールを より右足寄りに置いて アップライトなスイングで カット・ショット気味に打つことが有効な場合もある。ただし、クリーンに打てないことや トップしてしまうことが起き易い訳だから そうした場合に どこにボールが行く可能性が高いのかということも考えて クラブの選択やターゲットの設定をすべきである。つまり、フェアウェイ・バンカーからのショットは まず そのライを見極めて どのようなショットを選択するのかを決めることが ファースト・ステップになる。

クリーンにボールを打てないと判断した場合は 最初から エキスプロージョン・ショットを打って安全にプレーすることが最善の策になることもある。いずれにしても、レイアップと決めた時は 不必要なリスクを取らずに 次のショットが打ち易いところをターゲットにして 確実に バンカーから出すようにプレーして欲しい。顎が高い時や 迫っている時は それをクリアーすることが最優先である。グリーンまで飛ばすことが出来ないと判断した場合は 顎にあててしまうリスクを減らして 次のショットで ピンが狙い易い所にボールを運べるようなショット・セレクションを考えよう。

コース・マネジメント


冒頭で述べたように、ターゲットを少し外した ティーショットや ロングホールのセカンド・ショットが入るところに フェアウェイ・バンカーは 配置されており そうしたショットを打ったプレーヤーに ペナルティーを科すのが目的だが ペナルティーの大小は(運によって決まる)ライの良し悪しによって大きく左右される。そして、フェアウェイ・バンカー・ショットのテクニックをマスターしていれば ライが良ければ つまり 運が悪くなければ ペナルティーは 小さくなる。

しかし、コース・マネジメントの面から これからプレーするホールにあるフェアウェイ・バンカーをどのように評価するかは そのバンカーからグリーンまでの距離、顎の高さや予想される砂の状態など、そして、自分のフェアウェイ・バンカー・ショットの能力を加味して決めるべきである。いずれにしても、フェアウェイ・バンカーからのショットの能力がアップすれば コース・マネジメントも変わるべきものだと言えよう。


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意