コンテンツ目次

人のラインの上を歩く人|ルールとマナーの解説

このページのコンテンツ
• はじめに
• ラインの状態を変える行為
• 知っておくと得するルールの知識
• グリーンに到着したら
• 守るべきマナー
• 新・ゴルフルール (2019年 ~ )

はじめに


ラインを踏むグリーン上では 人のラインの上を歩かない。これは ゴルフを始める時に 最初に覚えるべき「ゴルフのマナー」の ベスト 3 に入るものかも知れない。しかし、ベテラン ゴルファーの中にも そうしたマナーに 注意を払わない人を時々見かける。例えば「お先に」とか言って 人のラインを 踏む人。皆さんも そんな経験をしたことは ないだろうか。

ラインの状態を変える行為


グリーンの状態にもよるが 通常 ラインの上を歩くと その部分が 少し 凹 んでしまうし、ソフト スパイクでも スパイク マークが付くことは 少なくなく ボールが真っ直ぐに転がり難くなるという結果につながる。凹 んだグリーンは 少し待っていると 元に戻るが そんなに待っていたのでは プレーが遅くなるから 待つわけにも行かないものだ。特に、体重の重い人の場合は 凹 む度合いが 大きい。一度、人が歩いた時に グリーンが どのように 凹 むかを良く観察して見ると 分かるはずだが、柔らかめのグリーンでは その度合いは かなり大きくなる。

スパイクレス・シューズソフト スパイクとは言え、スパイクの付いたシューズを履いていれば 歩き方によっては 大きなスパイク マークが付くから、グリーン上では そうならないように 配慮して歩くのが マナーである。スピード プレーと言わんばかりに グリーン上で走る人が居るが それでは グリーンを荒らしているようなものだ。足を引きずる癖のある人は 特に 注意する必要があるが、そうした人は 右のイメージのような スパイクレスのシューズを履くようにした方が良いだろう。こうしたシューズであれば 少し走るくらいでは グリーンを痛めることもないだろう。

知っておくと得するルールの知識


ご存知のように、自分のパッティング ライン上にあるボールマークは 直せるが、スパイク マークを直せば 通常は ペナルティ が科されてしまう。しかし、無罰で 直せる場合がある。それは これからパットをするつもりで待っている時に パットのラインの状態が同伴競技者によって変えられてしまった時である。そのような場合は そのラインの状態を 元の状態に 戻すことができる と規則は 定めている。つまり、ボールがグリーン上に静止した後に付けられたスパイク マークは 直すことが出来る訳だ。通常は ほとんどあり得ないが、ラインを元の状態に戻すことが出来ない時は 二アレストのリリーフ・ポイントに ボールをプレースして プレーをすることが出来るというルールもある。

一方、パットのラインの状態が もし故意に 変えられたとすれば そうした行為をしたプレーヤーには ストローク プレーであれば 2打罰、マッチプレーでは そのホールの負けというペナルティが科される。従って、知っていて 人のラインの上を 故意に歩いた場合は このルールが適用される可能性もあると言うことで 人のラインの上を歩かない というのは マナーの問題だけではないのである。ただし、このルール(規則 1-2)には「故意に」という条件が付いているから うっかり 人のラインの上を歩いてしまった場合は ペナルティの対象にはならない。

なお、ルールブックでは「パットの線」という概念を ゴルフ用語として 次のように定義している。プレーヤーがパッティンググリーン上で 球をストロークをした後 その球に とらせたい線をいう。規則 16-1e の場合を除き、パットの線は プレーヤーの意図する線の両側に若干の合理的な幅を持つ。パットの線は ホールを越えて その先には及ばない。

さて、ここで 当該ルールに係わる裏技的な知識を紹介しておこう。前述もしたように、これから打つパットのライン上に スパイクマークがあっても直すことは出来ないが、これから打つパットが入らずに 帰しのパットを打つであろう パットの線上に スパイクマークが沢山ある時に それを直しておく行為は ルール違反にならないのである。

グリーンに到着したら


人のラインを踏まないために、まず、グリーンに到着して 自分のボールをマークしたり、パッティング ラインを読む前に すべきことは 同伴競技者のボールの位置、そして、そのパッティング ラインの確認である。ゴルフに精通している人は 無意識の内に行っていることであろうが、そうした観点から グリーン上で すべきことは 以下のようなことになる。

1) グリーン上にあるすべてのボールの位置とパッティング ラインを確認する

2) 自分のボールを(人のラインの上を歩かないように注意して)マークする

3) ボールマークがあれば 修復する。必要に応じ、自分のボールを綺麗にする

4) 自分の打順の時は ラインを読んで パットをする

5) 自分の番でなければ プレーする人の邪魔をせぬよう パットの準備をする

守るべきマナー


グリーンの上では どのように行動すれば 以上のことが最も合理的に出来るかを考えてプレーすべきだが、同伴競技者への配慮、スピード プレーへの配慮が 常に 間違いなく出来るような 正しいマナーを身に付けて欲しい。特に、同伴競技者への配慮という意味では 人がパットをする直前に動いたり、音を出したりしないのは勿論のこと、何処に立っていたら邪魔にならないか、その人のプレーのラインと視野についても 十分に配慮すべきである。つまり、同伴競技者がパットをする時には そのラインの前後には立たないようにする配慮も必要な訳だが、パットのラインが大きく曲がる時は ボールとホールを結ぶ直線だけでなく、ボールを打ち出す方向の前後のライン付近にも立たないようにする と言う配慮も必要になると言うことである。

加えて、そうした配慮をしつつも、自分のラインを読んで、アドレスに入り、パットを打つ という一連の動作をスムースに行うことが大切だ。グリーン上で待つ時に 自分のラインを読む時間と機会があるにも拘わらず その作業を全くせずに 自分の番が来てから ラインを時間をかけて読むようなことがないよう 無駄のない スピードプレーをすることも 大切なマナーであることを お忘れなく。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP