コンテンツ目次

ゴルフ用語辞典
   
       
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        




S
S

Stiff の略で シャフトの硬さを表す時の略語。
関連リンク
• シャフト(ゴルフクラブ選びの知識)

Schneid / Schneider


負け続けること。得点のないこと。例えば、マッチプレーで 1ホールも取れないような状況やライダーカップのよなマッチプレーのチーム戦で何度か戦って 一勝も出来ないような状況を言い表す時に使う言葉で He was on the schnied というように名詞として使われることが多いが、He was schnieded のように 動詞として使われることもある。

Shape

ボールを 意図的に 左右に曲げて打つ、即ち、その軌道を形作るという意味で 動詞として良く使われる言葉。 英語で How to shape golf shots と言えば フェード/スライスやドロー/フック・ボールの打ち方という意味。shaped ball/shot で 左右に軌道がコントロールされたボール/ショットという意味になる。
関連リンク
• ショットのレパートリー

Short Grass


フェアウェイという意味。

Short Side

グリーンへのショットをカップの切ってあるサイドに外した場合、ショットがショートサイドに外れたと言う。すなわち、ショートサイドに外せば、not much green to work with ということになり、デリケートな難しい寄せのショットが残ることが多々ある。また、動詞としてこの言葉を使うこともあり short-sided to the left of the 18th green, and made another bogie などとも言う。
関連リンク
• ショートサイドに外すな

Short Stick

パターという意味。

Signature hole

名物ホールと言ったニュアンスのある言葉。一般的には 最も特徴的で景観の美しいホール、または、一番 印象に残るホールで そのゴルフ場の宣伝などにも使われるホールのこと。
関連リンク
• シグネチャー・ホール (Signature Hole)

Skull

トップするという意味。Skulled shot(thin shot と同じ意味で)でトップしたショットという意味になる。Hit a skulled shot などとも言う。

SLE (Spring Like Effect)

Spring-Like Effect の略で SLE ルールという表現でよく使われる略語。クラブフェースの外側の部分の肉厚を薄くすることでこの効果が出せるとされているが、現在の SLE ルール では COR (Coefficiency of Restitution)、即ち、反発係数が 0.830 を超えるとルール違反のクラブ(性格には、2008年以降に全面実施となる)になると規定されている。
関連リンク
• SLE ルール 適合 ドライバー

Slope (Slope Rating)

コースの難易度を示すインデックスの一つで (USGA のシステム) 数字が大きいほど難しいコースとなる。55 - 155 の間の数字で、スロープが 113 であれば平均的な難易度のコースとなる。スロープが 130以上であれば非常に難しいコースで、稀に 150 以上のコースもある。スロープは ハンディキャップの計算にも使われる。
関連リンク
• コース・レーティング と スロープ・レーティング
• USGA ハンディキャップのお話

Sneaky Long

見た目よりも飛距離の出る人を sneaky long と言う。スニーキー (sneaky) という言葉には 卑劣なとか こそこそした といった意味があり、通常 褒め言葉として使われることはないが、ゴルフの場合は ちょっと独特な響きのある表現で You are sneaky long. と言われたら 君は(見た目以上に)飛距離が出るねという意味。軽く打っているように見えて 実はヘッドが走っていて 飛ぶショットを していることになる。
関連リンク
• 飛ばす秘訣 - 飛ばしのメカニズム

SSS

Standard Scratch Score の略で コースの難易度を示す R&A の定めた尺度で USGA の Slope に似た概念。
関連リンク
• コース・レーティング と スロープ・レーティング

Stimp Stimpmeter

グリーンの速さを計測する機械をスティンプ・メーター(Stimpmeter)というが、それが語源となって、グリーンを短く刈ることを stimp(動詞)とか stimping と言うようになった。
関連リンク
• グリーンのコンディション

Stroke and Distance
如何なる時でも 1打罰のもとに プレーヤーは 初めのボールを最後にプレーした所の出来るだけ近くからプレーをすることが出来る と定められたルールのことを ストローク・アンド・ディスタンス、または、ストロークと距離に基づく処置と呼んでいる。
関連リンク
• ストロークと距離 (Stroke and Distance) に基づく処置

Surlyn

ツーピースボールのカバーに使われる素材で耐久性に優れる。デュポン社の登録商標でサーリンと読む。同じく、同社のアイオノマー樹脂なども最近は、マルチレーヤボールの素材として使われている。
関連リンク
• ゴルフボール(ゴルフ用具の知識)

Supination / Supinate

ベンホーガンの本で紹介された概念で、フォロースルーで左手甲がねじられて下を向く動きをいう。バックスウィングで左手の甲がねじられて上を向く動きをプロネーションという。
関連リンク
• 腕のローテーションの秘密 • ベン・ホーガン著 モダン・ゴルフ

SW
サンド・ウェッジ (Sand Wedge) の略。
関連リンク
• ウェッジ(クラブ選びの知識) • アプローチ・ショットの基本
• ギャップ ウェッジの選び方 • アプローチ上達のツボ
• サンド ウェッジの改造 • チップ・ショットの基本と応用
• ロブ ウェッジを持つ理由 • チップ & ピッチ・ショットの基本
• 低く出して スピンで止めるショット • バンカー・ショット
• ヒンジ & ホールド • これぞベストな バンカー脱出法

S-word
シャンク(Shank)の意味。シャンクは縁起の悪い言葉として口にしたがらないので、変わりに使う表現が S-word である。ファックなどという言葉も同じく口には出し難いので F-word などと言うことがある。(蛇足になるが、セイコーのブランドネーム S-yard は ちょっと 微妙なネーミングと言える。)



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意