コンテンツ目次

ゴルフ用語辞典
   
       
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        


A
A

シャフトの硬さを A と表記すれば、シニア用の硬さということになり、R(レギュラー)より さらに柔らかいシャフトになる。因みに、シャフトの硬さは、柔らかいものから順に J、L、A、R、(SR)、S、X、(XX)となる。
関連リンク
• シャフト(ゴルフクラブ選びの知識)

A Game

実力を十分に発揮したラウンドのこと。例)I need an A game to beat you.

A Player

色々なアマチュア・ゴルファーが集まってゴルフの競技を行う時、上手なゴルフーを総称して A Player と言う。

A Swing

「ボディターン」で 一世を風靡した「ザ・アスレチック・スウィング」の著者 デビッド・レッドベターの 新スイング理論。日本語版は「A スウィング」。
関連リンク
• レッドベターの A スイング

Ace

ホールインワンのことを意味することがある。
関連リンク
• ホールインワンの出る確率や珍しい記録のお話など

Action

バックスピンのこと 。(スラング)

Airmail

グリーンを大きくオーバーすること。名詞としても 動詞としても使われる言葉。

Albatross

パー5の2打目、もしくは、パー4の1打目が入ること。英語では、ダブルイーグル(Double eagle)という言い方の方が一般的。
関連リンク
• アルバトロスの出る確率など

All Square

マッチプレーでどちらもアップしていない(同点)の状態。

Amen Corner

マスターズの 11, 12, 13番の 3 ホールを言う。風を読むのが難しく、難関とされる。なお、Amen は エィメンとも アーメンとも発音されるが、Amen Corner は エィメン・コーナー という発音するのが一般的。この名前の由来については、以下のアーメン・コーナーのお話のリンクをクリックで。
関連リンク
• アーメン・コーナーのお話
• マスターズのお話

Approach

寄せのことで、ピンを狙えるようなところからボールをピンに近づけること。チップショットとピッチショットが最も代表的なアプローチ・ショットのスタイルである。ただし、100ヤード位のショットでもアプローチショットと言うこともある。
関連リンク
• アプローチ・ショット • アプローチ上達のツボ
• ピッチ・ショット • チップショットの基本と応用
• ウェッジ・ショット • ウェッジ・ショットの打ち方
• ロブ・ショット • ロブ・ショットの打ち方

Army Golf

右左に行ってばかりのゴルフ。兵士が行進の時に left right left ... とかけ声をかけることから言われるようになった表現。

Authentic Golf Swing/Shot

自分が信じるべき(迷いのない)ゴルフ・スイング / ショット。

AW

ギャップ・ウェッジを略して AW と表記する。Approach Wedge または Attack Wedge を略したものである。他に、ピッチング・ウェッジは PW、サンドウェッジは SW、ロブ・ウェッジは LW などと表記する。
関連リンク
• ウェッジ(ゴルフクラブ選びの知識)
• ギャップ・ウェッジの選び方
• ギャップ・ウェッジの使い方

Away

ホールから遠い球をゴルフ用語では [アウェイ] と言う。アウェイのボールから先にプレーすること(遠球先打と言う)は、マッチプレーのルールとして重要な意味を持ちます。JGAのルールブックには、「ホールとの位置関係が決めにくいときは、先にプレーする球をくじ引きなどで決めるべきである」 とも書いてある。(ただし、マッチプレーの競技のときのことですから、普段のプレーではやらぬよう。)
関連リンク
• マッチプレーのルール



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意