コンテンツ目次

ゴルフ用語辞典
   
       
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        





ティー (Tee)/ ティーペッグ (Tee peg) ティー
ティーアップするために使う木 または プラスチック製の小道具。ティーペッグ (tee peg) とも言う。最近は ドライバーヘッドの大型化に伴って、長いティーが使われるようになっているが 2004年以降 ティーの長さは ルールで 4インチ(10.16 センチ)以下でなければならないと決められている。
関連リンク
• ティーの購入
ティー アップ(Tee up) ティーアップ
各ホールの 1打目、即ち、ティー ショットでボールを ティーに乗せること。ドライバー ショットでは 右図のように高く、一方、アイアンなどでは、低く ティー アップすることになる。
関連リンク
• プリショット・ルーティーン
ティー グラウンド(Tee ground)
Teeing ground, Tee box, Teeing box などとも言う。ティーアップし、ホールの 1打目を打つ場所。
関連リンク
• ゴルフ コースの基礎知識 • ティー グラウンドでの注意事項
ティー マーカー(Tee marker)/ ティー マーク(Tee mark) ティーマーカー
ティーアップする場所を決める目印。二つで ワンセットになっているが 通常 女性用 ティー(赤)、男性用 レギュラー・ティー(白)、バック・ティー(青)、チャンピョンシップ・ティー(黒)などがあり 女性用ティーからの距離は 短く(上級者向けの)バック、そして、チャンピオンシップ・ティーに行くに従って 距離は 長くなる。ルールでは、ティーマークを結ぶラインの後ろ 2クラブ・レングス以内から打たなければならない。
関連リンク
• ティー グラウンドでの注意事項
低重心クラブ
ヘッドの重心が低い(ソールに近い)ところにあるクラブ。ソールが厚めのクラブで、球が上がりやすく、初心者向けのデザイン。
関連リンク
• アイアン(ゴルフクラブ選びの知識)
• ゴルフクラブの重心(ゴルフクラブ選びの知識)
ティー ショット(Tee shot)
ティー グラウンドから打つ 各ホールの最初のショット。
関連リンク
• プリショット・ルーティーン
ディスクォリファイ(Disqualify)
競技などで 失格にすること。失格になった状態は disqualified となる。これを略して DQ などとも言う。
ディセラレート (Decelerate) / ディセル (Decel)
減速する。ディセルは その省略した言い方もする。加速は accelerate。
ティーチング プロ(Teaching pro)
ゴルフを人に教えるための資格を持っているプロ。競技能力よりも、教える能力や知識が要求される。ゴルフのプロには 競技に出場し その賞金などで生計を立てられるツアープロと一般ゴルファーなどにゴルフを教えて生計を立てているティーチングプロ(レッスン プロなどとも呼ばれる)とが居る。
関連リンク
• 世界のプロ・ゴルファー
ティフトン(Tifton)
夏型・西洋芝の一種であるバミューダ芝の改良品種の名称であるが、その中でも Tifton 419 (Tifdwarf) と Tifton 328 (Tifgreen) という品種が ゴルフのグリーン用の芝としては良く用いられている。主に、亜熱帯(日本では関東以西)の地域にあるゴルフ場で使われる芝であるが、米国ジョージア州のティフトン農業試験場で開発された新種で その名の由来になっている。近年は さらに 環境に優しい 同品種の改良新種の芝の研究が盛んになされている。
関連リンク
• 芝目のお話
ディープ フェース (Deep face) ディープフェース
クラブヘッドの高さ(ソールからクラウンまでの距離)があるクラブ。最近のドライバーに良く見られるデザイン。
関連リンク
• ドライバー(ゴルフクラブ選びの知識)
ディボット(Divot)(英語) Devot
アイアンショットなどで取れるターフ(芝)という意味で使われることもあるが ターフを取ることで(英語では Take a divot と言う)できる跡という意味で使われることが多い。従って、わざわざ Divot Hole と言うより 単に Divot と言うのが普通。なお、グリーンに出来たボールマークを ディボットということもある。また、グリーンフォーク(和製英語)のことを Divot Tool とも言う。(ディボットという発音では ネイティブスピーカーには通じないので要注意。)
ティップ (Tip)
シャフトの細い方のことで太い方をバット(Butt)と言う。
関連リンク
• シャフト(ゴルフクラブ選びの知識)
ディレード ヒット(Delayed hit) ディレード・ヒット
レートヒットと同じ意味で、ダウンスウィングで腕が先に落ち、クラブヘッドが遅れて出てくること。(参考)
関連リンク
• 飛ばす秘訣
ディンプル(Dimple)
ボールの表面に付けられた小さな円形 もしくは 多角形の窪みで、その数、形状やパターンにより打球の軌道が影響を受ける。また、ウッドなどのクラブフェースの表面にある円形 もしくは 多角形の窪みをディンプル(パンチマークとも言う)と呼ぶこともある。 ディンプル
関連リンク
• ゴルフボール(ゴルフ用具の選び方)
テイク アウェイ(Take away)/ テイク バック(Take back) テイクアウェイ
スウィングの最初の動きで、クラブを後方に真直ぐ引く動作のこと。テイクバックとも言う。
関連リンク
• ゴルフ・スイングの基礎知識
• テイクバックの重要性
手打ち(てうち)
体の回転と体重の移動などを使わずに手だけでクラブを振って打つことを言う。寄せなどのショットでは、手打ちで打つテクニックもある。
テキサス ウエッジ(Texas wedges)
グリーンの外からパターで打つこと。テキサスのゴルフ場はそうしたショットが有効なコースが多かったことから付けられた呼び名でベン・ホーガンが広めた言葉。
適合性(Conformity)
用具の規則では、道具の適合性が言及されている。つまり、グリップ、シャフト、クラブヘッドの各種仕様について細かく 適合性 に関する基準が定められている。 使用しなくとも、不適合な (non-conforming) クラブがバッグに入っていた場合は ルール(4-1)違反となり、失格となる。
関連リンク
• JGA ルール(用具の規則) • ゴルフ用具に係わるルール
デッド(Dead)
ピンをデッドに狙うと言った場合、真直ぐピンを狙うと言うこと。グリーンのセンター寄りに安全に打つショットと対比される。また、ど真ん中と言う意味で デッド・センターとか センター・カット などと言う。
テーパー ティップ(Taper tip)
スチール・シャフトは 通常 竹のように節があり 先端に行くに従って徐々に細くなる作りになっているが その先端(ティップ)は パラレル・ティップ (Parallel Tip) タイプか テーパー・ティップ (Taper Tip) タイプかの何れかである。最先端のセクションに テーパーがあるものが テーパー・ティップで その先端の径は 0.355 inch (9.02mm) とパラレル・ティップより若干細く作られている。テーパー・ティップのシャフトは ティップ側を トリミングすると径が太くなってしまうので それが原則出来ないが パラレル・ティップのシャフトは 最先端のセクションにテーパーがなく 径が 0.370 inch (9.40mm) で同じなので ティップ側のトリミングも出来る。
関連リンク
• スチール・シャフト
デュアル ウェッジ(Dual Wedge) ギャップ・ウェッジ
サンド・ウェッジとギャップ・ウェッジの中間的な仕様のクラブ、例えば 54°/10°のようなウェッジを デュアル・ウェッジ (Dual Wedge) と呼ぶことがある。
関連リンク
• ウェッジ(ゴルフクラブの選び方) • ゴルフ用具に係わるルール
テン フィンガー グリップ(Ten finger grip)
別名ベースボール グリップとも言い 左手と右手が離れて 10本の指で握るグリップ。
関連リンク
• グリップの基礎知識 • グリップの重要性について
テンプラ
クラブヘッドの上に当たり、意図に反して高くボールを打ち上げてしまうこと。英語では、Skied ball などと言う。
テンポラリー グリーン(Temporary green)
冬場やグリーンを修理している時に フェアウエイを短く刈って造った仮設グリーン。


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意