コンテンツ目次






ゴルフ・スコアの基礎知識

このページのコンテンツ
• はじめに
• スコアカード記入例
• ゴルフスコアの呼び名
• コースの難易度と コース・レート
• スコアの壁
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ゴルフ・コースの多くは (9 x 2) の 18 ホールから成っており、そのすべてをプレーすることで 1 ラウンドのプレーが終了する。それぞれのホールには パー(規定打数)が 設定されているが、プレー中は 毎ホールのスコアを記入し、18 ホール終了後に 1 ラウンドのトータル・スコアを計算することになる。最も スタンダードなコースは ショート・ホール(パー3)が 4 ホール、ロング・ホール(パー5)が 4 ホールで 残りの 10 ホールが ミドル・ホール(パー4)の 18 ホールで、パー 72 というコースである。(» ゴルフ・コースの基礎知識)しかし、ショート・ホールが多かったり、ロング・ホールが 少なかったりで、パー 71 や 70 という コースも 少なくない。また、比較的 稀ではあるが パーが それ以下や それ以上のコースもある。

スコアカード記入例


以下は、実際のラウンドで スコアを記入したスコア・カードである。自分のスコアには パット数を参考のために(必ずしも 必要な訳ではないが)スコアの横に記録したものだ。

スコアカード

ゴルフスコアの呼び名


上の例のように ゴルフは 各ホールのスコアをプレー中に記録し そのスコアの合計で(ストローク・プレーでは)勝敗を競うことになる。各ホールのスコアは スコア・カードに 数字で記入するが、パー 4 を 4打のように 規定打数で プレーすれば パー。それよりも打数が 1打多ければ ボギー、少なければ バーディーになる。勿論、スコアは 少ない方が好ましいが ゴルフ・スコアの呼び方は 下表の通りである。

スコア パー3 パー4 パー5 スコアの呼び方 俗称
-4 - - 1 トリプル・イーグル コンドル
-3 - 1 2 ダブル・イーグル アルバトロス
-2 1 2 3 イーグル -
-1 2 3 4 バーディー -
E 3 4 5 パー -
+1 4 5 6 ボギー -
+2 5 6 7 ダブル・ボギー バザード
+3 6 7 8 トリプル・ボギー グラウス
+4 7 8 9 クワドラプル・ボギー ターキー
+5 8 9 10 クインテュープル・ボギー -

各ホールのスコアは 殆どの場合 バーディーから トリプル・ボギーの間のスコアになるが、アマチュアにとっては(一部の上級者は 別にして)バーディーとなると そう簡単には出せないものである。しかし、プロの場合はバーディーを 如何に多く取るかという 次元の違う戦いであり、イーグルでさえ 短めなロング・ホールでは ツーオン・ワンパットという形で 比較的 良く出ることになる。(» イーグルの話)なお、イーグルは パー 4 の 2打目が入るケース、また、パー 3 のホールインワン(» ホールインワンの話)という形でも 時々 出る。

一方、ダブル・イーグル(俗称 アルバトロス)となると 出るのは 極めて稀で プロのトーナメントでは パー 5 の 2打目が入る形で 時々見られる。パー 4 でホールインワンをしても アルバトロスということになるが、そんなアルバトロスは さらに稀なものである。(» アルバトロスの話)流石に コンドルとなると パー5 のホールインワンだから 殆ど出ない。

因みに、上述のスコアを英語では eagle, birdie, par, bogey, double bogey, triple bogey, quadruple bogey, quintuple bogey と書く。クインテュープル・ボギー以上は 通常 数字で言うことになるが、クワドラプル・ボギー以上は(スコアの呼び方を知らない人も多く)数字で言うことが多い。また、スコアの俗称 アルバトロス (Albatross) は 良く知られている言葉だが、バザード (Buzzard/+2)、グラウス (Grouse/+3)、ターキー (Turkey/+4) などは 殆ど知られておらず、一般に使われることは まずない。

コースの難易度と コース・レート


コースを プレーした時の トータル・スコアは 誰でも 10打くらい、場合によっては 20打 以上も 変わってしまうものである。つまり、先週は 95 だったのに 今日は 105 になってしまった と言うようなことが 当たり前に 起きる訳だ。それは その人の出来、不出来にもよるが どんなコースを(どのようなコンディションの時に)プレーしたか、つまり、コースの難易度にも 影響された結果だからである。そんなコースの難易度を示すものが コース・レートとか コース・レーティング (course rate / rating) と呼ばれるものだ。

それぞれのゴルファーの技量を示すハンディキャップは 原則 どんな難易度のコースを どのくらいのスコアで回ったかによって算出するものである。ただ、気象条件や コース・コンディション(ラフの深さや グリーンの硬さ、速さなど)の影響を 難易度で示し それをハンデ計算に反映させるようなシステムではないから 各ラウンドのスコアに影響を及ぼしたプレーイング・コンディションの難易度が 完璧に ハンデ計算に反映される訳ではない。それでも、複数ラウンドのスコアによって算出されるハンディキャップは 気象条件や コース・コンディションの影響が 応分に平準化された結果で 小さなものだという考え方になる。

別途(»ゴルフ・コースの基礎知識)説明したように、一般的に 18 ホールのコースのヤーデージ(距離)は 6,000 から 7,000 ヤードで、女性ティーでは 5,000 から 5,500 ヤード前後。男子のプロのトーナメントは 近年 7,000 ヤード以上のコースでやられることが多くなっているが、アマチュア・ゴルファーは 通常 プロ・ゴルファーが競技をするような距離設定では プレーを しないことになる。どのゴルフ・コースにも 女性用ティー(赤)、男性用・フロント・ティー(白)、バック・ティー(青)、場合によってはチャンピョンシップ・ティー(黒)があり、それぞれに 難易度を示すコース・レーティングが設定されている。(ただし、シニア用のティーなど、前述のティー以外のティー・ボックスが用意されているコースもある。)コース・レーティングの数字が パーよりも 大きなコースは 難しく、小さければ 易しいコースになるが、通常は 距離のあるコースや OB、ハザードの多いコースなどは 難易度が高く、難しいコースでは コース・レーティングが 73、また 74 以上にもなることもある。

スコアの壁


ゴルフを始めて 最初のハードルは 100 を 切ることである。そして、そうした ゴルファーにとっては 始めてパーを取ったこと、また、バーディーを 出したことなども 話題になるはずだ。通常、その後には 90、80、パー、70 といったスコアを切るゴルフが目標になるが、パーや 70 を切ることは 多くのアマチュア・ゴルファーにとって 夢のまた夢。ほんの一握りのゴルファーしか その夢を達成することは出来ないものだ。パーを切るスコアで回れば アンダー・パーのラウンドと言うことになる。

一方、60 を切るのは 神業に近くなる。60 を切ったことのある人は ツアープロの選手でも数えるほどしか居ない。 因みに、タイガー・ウッズ全盛期のツアーでの平均スコアは 68 前後で、当時は ほぼ 毎年 トップの座をキープしていたが、そのタイガー・ウッズでさえ 公式ゲームで 60 を切ったことはない。(ツアープロが ラウンドするコースは アマチュアが 通常 ラウンドするコースに比べて はるかに難易度の高いコースだから ただ数字だけを比べても あまり意味はないのであるが 参考まで。)

別途詳細を説明しているが(» ハンデの基礎知識)どのようなスコアを出す能力があるかというのを示すものが ハンディキャップ(俗称 ハンデ)で 100 を 常時切る人は 概ね 20 以下のハンデと考えれば良いだろう。






www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意