コンテンツ目次






バンカー ショット 発想の転換

このページのコンテンツ
• はじめに
• フェースを開かない ショット
• 正しい砂の飛ばし方
• その他 抑えるべきポイント
• ワンランク上のテクニック
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


グリーン周りのバンカー ショットが苦手な人は まず バンカーから 確実に ボールが出る ショットの仕方を覚え サンドセーブが 出来る確率は 高くなくとも バンカーの中で 何打も 打たないようにすることだ などと言われる。しかし そんな人でも 必要な知識を学び クラブを振る時の発想を変えれば サンドセーブをしてやろう という気持ちが起きるレベルにまで その能力をアップさせることも 夢ではない。

フェースを開かない ショット


サンドショット
どんなショットでも ボールをターゲットの方に飛ばしてやろうと考えるのは 当然のこと。一方、バンカー ショットは クラブフェースを開いて打つ と学んでいるから そんな打ち方をする人が多い。しかし、フェースを開いて ボールをターゲットの方に飛ばしてやろうと考えても 上手く行く イメージが湧かず 不安になる。そんな状況で バンカー ショットの理屈が分かっていなければ ボールが思うように飛ばないのは むしろ 当たり前のこと。そこで、バンカー ショットが 苦手な人に まず オススメしたいのが フェースを開かない ショットで 今までとは 違った発想で ショットをする方法である。その詳細は 順を追って説明するが これから説明する テクニックのメリットは ショットのイメージを作り易いこと、そして、普通のショットから 大きく打ち方を変えることなく バンカー ショットが出来る点である。結果として 大きなミスは 圧倒的に 少なくなるだろう。

正しい砂の飛ばし方


バンカー ショットは ボールの下の砂を飛ばして 間接的に ボールを飛ばす 特殊なショットである。最初に 意識して欲しいことは 普通のショットと違い 注意を払うべき対象が ボールではなく「砂」と言うことだ。まずは その発想の転換をすること。飛ばすのは「砂」。そして その砂の飛ばし方を コントロールする意識で クラブを振ると 結果として ボールが 砂の飛んで行く所まで 一緒に飛んで行くのである。そうした発想で プレーをすると 失敗は 激減する。

バンカーショット
クラブフェースを開くと バウンスが効いてくるから バンカー ショットでは フェースを開くことが推奨される訳だが サンド ウェッジのバウンスは 右のイラスト(赤)のように 元来 大きく作られているから フェースを開かなくとも 砂の中で バウンスは その効用を発揮する。つまり、フェースを開かなくとも ボールの下の飛ばしたい砂に 適度な深さで クラブを入れることが出来るのが サンド ウェッジなのだ。イラストのように 浅目に また ボールの真下 1.5cm くらいの深さの砂を取るのが 正しいテクニックだが フェースを開かなくとも バウンスを効かせて こうした 砂の取り方は 十分に 出来る。バウンスが効いていれば 浅目に 砂を取ろうとする意識は 不要。砂とバウンスがなければ 通るであろう 意図するスイング軌道は イラストの通りで 確り ボールの下の適量の砂を上に(つまり イラストの ✖ の方向ではなく の方向に)飛ばして それをボールを落としたい所まで 飛ばすイメージで クラブを振る。✖ の方向に 砂を飛ばすイメージで ハンド ファーストに クラブを落とすと リーディング エッジ (N) から クラブを砂に入れることになるから バウンスを上手く使って 浅目に ボールの下の砂を取る ショットは 出来なくなる。バウンスを使ってボールの下の砂を取るためには ハンド ファーストにならないように ソールのより トレイリング エッジ側のソールの一番高い所 (Y) からクラブを砂に入れて行くことがポイントである。

クラブを砂に入れるポイントは クラブフェースを開いた時の目安とされる ボールの手前 10 〜 12cm (ボール 約 2個半分) より 少しボールに近い ボールの手前 ボール 1個半から 2個分くらいを目安にする。つまり、クラブフェースを開いて打つ時より 幾分 取る砂の量は 少な目が良いと言うこと。練習で確認しながら どのくらいのポイントに どんな力加減でクラブを入れれば ボールの下の砂がイメージ通りに飛んで行くのかを 自分なりの感覚として つかむ必要があるが、上手く砂とボールを飛ばせるポイントが ボール 3個分 手前のように感じるのであれば そこを クラブが入るポイントの目安にすれば良かろう。なお、クラブは 砂を飛ばした後に 直ぐに止めることなく 最後まで 確り 振り切るようにすることも 忘れぬよう。

その他 抑えるべきポイント


バンカー ショットの ボールの位置は 上述の要領で ボールの手前に クラブを入れ 砂を上に飛ばしたい訳だから 応分に左寄りにすること。また、下半身、上半身、腕などの使い方は そのショットのターゲットまでの距離にもよるが ピンまで 10ヤードだとすれば どの位で 砂が 10ヤード マイナス ボールが転がる距離の所 (ターゲット) まで飛ぶかをイメージして力を加減する訳だ。バンカー ショットの練習をする機会があれば まずは 砂だけを ターゲットに飛ばす練習をすると良いだろう。砂の飛び方は 砂の質 特に 硬さによって かなり違ったものになるが その辺りの見極めは 経験を積まないと出来ないもので それが バンカー ショットの難しさである。硬過ぎない砂が 十分な量なければ 砂を思ったようには 飛ばせない訳で そんなバンカーに ボールがあると思われる場合は 普通のバンカー ショットは 使えないと言うことも 覚えておいて欲しい。

バンカーの砂は サラサラしているもの、ザラザラしているもの、少し泥が混じった感じのものなど ゴルフ場によって異なるし その時の気候 特に 雨に影響されるから 同じ打ち方をしても 砂の飛び方は 何時も 同じになる訳ではない。砂の状態を考えて どの位の砂をどう飛ばしたら 思うように 砂を飛ばせるのか。そんな発想で エクスプロージョンのイメージを作って ショットをする必要がある。サラサラの砂の場合は クラブが深く入り過ぎないように 注意し フェースを 少し 開き気味にしても良いだろう。距離のコントロールは 当面 大、中、小の三段階くらいで出来るようにし その感覚で 緩まないように ショットが出来るようにしたい。ボールの飛び方に 気が行くと ショットが緩んだり クラブを入れるポイントが 大きく外れることになり兼ねないので 常に「砂」に焦点を合わせる。以上のことが出来れば バンカーの中で 何打も 打つようなことは なくなるだろう。

ワンランク上のテクニック


バンカー ショットで ボールは 砂の力で フワッと上がって 宙に浮く形になるべきだが ボールは 砂の後を 砂を追いかけるように ターゲットに向かって飛んで行く と言うのが 正しいエキスプロージョンのイメージである。とは言え、どんなテクニックを使うにせよ クラブを振る時は ボールの飛び方に フォーカスするのではなく 繰り返しになるが 砂を思ったように飛ばすことに 集中すべきである。

フェースをオープンに正しい砂のアクションで 確実にボールがバンカーから出せるようになったら 次のステップとして より正確に距離のコントロールが出来るように練習したいものだ。そうした時には フェースを開いて打つショットの研究もオススメしたいが その場合は 右のイラストのように フェースの向き、ターゲット、スイング軌道の関係になるようにして ショットをすることが 抑えるべき ポイントである。フェースを開くことで バウンスは より効いてくるから 確り クラブを打ち込んでも ボールの下をクラブが滑るように抜けて 綺麗に 砂が飛び散ってくれ 砂は より柔らか 高く上がってターゲットの方に飛ぶはずだ。クラブを開いても 砂を思うように飛ばせると感じるようになったら しめたものだ。何だ 開いた方が 砂のコントロールは し易い と感じる人も居るだろう。砂の状態や ショットの距離にもよるだろうが そうであれば バンカー ショットは フェースを開いて打つ。そうなる訳だ。

フェースの開き方、取る砂の量、スイングの大きさ、速さなどをコントロールすることで 色々な砂の飛ばし方が出来るはずだから ワンランク上のバンカー ショットの能力を身につけたい人は そうしたことを 色々と試して まずは砂の飛ばし方 そして 最終的には ボールの上がりと転がり方が コントロールできるまで 練習してみると良いだろう。






www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意