コンテンツ目次

ゴルフ用語辞典
   
       
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        



トー(Toe) トーとヒール
つま先の意味で、クラブフェースの先っぽのことを言う。逆は、ヒール(かかと)。
関連リンク
• アイアン(ゴルフクラブ選びの知識)
トーダウン(Toe down) トーダウン
フォワード・スイングから フォロースルーにかけて シャフトがたわみ、クラブフェースの トーサイドが下に落ちること。シャフトが柔らかく、重心距離が長いと この現象が大きくなるが、スイング・スピードの速い人に顕著に見られる現象。
関連リンク
• ゴルフクラブの重心(ゴルフクラブ選びの知識)
トーション(Torsion)
ねじれのこと。ゴルフでは 特にシャフトのねじれとクラブヘッドの重心によって生じる慣性モーメントが注目されるようになっている。
関連リンク
• シャフト(ゴルフクラブ選びの知識)
• ゴルフクラブの重心(ゴルフクラブ選びの知識)
• 慣性モーメントとは
ドッグレッグ (Dogleg)
フェアウェイが右か左に曲がっているホールで、左ドッグレッグと言えば、それが左に曲がっているもの。パー 5 で 曲がりが ジグザグに 2回あるようなホールは ダブル ドッグレッグと言う。
関連リンク
• ゴルフ コースの基礎知識
• ドッグレッグ・ホールの攻め方
トップ(Top) トップ
バック・スイングから フォワード・スイングに切り替える ポイント。
関連リンク
• ゴルフ スイングの基礎知識
• トップの形が決め手
トップ(Top)
クラブのフェース面ではなく、リーディング・エッジでボールの(横っ腹を)打つこと。その程度にもよるが、アプローチ・ショットで トップすれば、低弾道のボールになって、グリーン・オーバーになる。ロング・アイアンで トップした場合は 距離が落ちるが、ショート・アイアンのフルショットでは、距離が短くなることも、長くなることも、運よく ピッタリ距離が合うこともあり得る。英語では、Thinning とか Thin shot などと言う。
トップ・ドレス(Top-dressing)
エアレーションした後などに砂、肥料、農薬などを混ぜたものをグリーン上に均一に撒くこと。ボールがスムースには転がらなくなるので 当然 コンディションは悪くなる。
ドーミー(Dormy/dormie )
マッチプレーでこのホールを負けなければ(勝たなければ)勝負がつくと言う状態。ドーミーで迎えるホールをドーミー・ホールと言う。
関連リンク
• マッチプレーの知識
• マッチプレーのルール
ドライバー(Driver) ドライバー
ボールを 最も遠くへ飛ばす目的で使うクラブ。ドライバーで打つショットを ドライバー・ショットと言う。
関連リンク
• ドライバー(ゴルフクラブ選びの知識)
• ドライバー ショット(打ち方の基本と注意点)
ドライビング アイアン(Driving iron)
1番アイアンのこと。 (0番アイアンというのもある。)
関連リンク
• 番手とクラブのスペック(ゴルフクラブ選びの知識)
ドライビング コンテスト(Driving contest)
ドライバーで打って、飛距離を競う競技。ドラコンと言う方が むしろ一般的で、その優勝者を ドラコン・チャンピョンなどと言う。
関連リンク
• ドライバー・ショットの飛距離比較(ロング・ドライブ競技の話など)
ドライビング レンジ (Driving range)
打ちっ放しの練習場。英語では、単に レンジ (Range) と言うこともある。
関連リンク
• ゴルフ練習場ガイド
トラ杭

トラ杭
黄色と黒の横線の杭で、ワンペナ杭 と言うこともあるが、公式ルールにはない ローカル・ルール用 のサイン。その処置は、ラテラル・ウォーター・ハザード(赤杭)の処置、即ち、境界線を横切った所から 2 クラブ・レングス内にボールを ドロップし、1打罰でプレーを続行できるというものに近いルールになっているのが 一般的だが、当該ローカル・ルールを設定しているゴルフ場の説明に従うべきもの。俗に言う、前進 1打罰であり、OB の前進 2打罰より 緩やかな罰となる。
関連リンク
• ローカル・ルールとは
ドラコン(Driving contest)
ドライビング・コンテストのことで、ドライバーで打って、飛距離を競う競技。英語では、ドラコンのホールのことを Longest driving hole と言う。
関連リンク
• ドライバー・ショットの飛距離比較(ロング・ドライブ競技の話など)
トラップ (Trap)
通常、バンカーのことを言う。
関連リンク
• ゴルフ コースの基礎知識
トランポリン効果 (Trampoline effect)
スプリング効果とも言う。英語では Spring Like Effect とも言い、その略で SLE ルールなどという表現もよく使われる。クラブフェースの外側の部分の肉厚を薄くすることでこの効果が出せるとされている。トランポリン効果は COR(反発係数)で測定され、それが 0.830 を超えると最新の当該ルール違反のクラブになると規定されている。
関連リンク
• SLE ルール適合ドライバー
トリプル ボギー(Triple bogey)
規定打数より 3打多く叩くこと。例えば、パー 4 で 7 であれば トリプル ボギーになる。
関連リンク
• ゴルフ・スコアの基礎知識
トルク(Torque)
シャフトのねじれ具合をトルクで表す。一般に売られているシャフトのトルクは 1.5 - 12 の範囲のものである。スチール・シャフトは 2.0 前後、カーボン・グラファイト・シャフトでは 3 - 6 が 最も一般的。トルクが 3以下のグラファイト・シャフトは、ロートルクでねじれ難いシャフトになる。
関連リンク
• シャフト(ゴルフクラブ選びの知識)
• ゴルフクラブの重心(ゴルフクラブ選びの知識)
• 慣性モーメントとは
ドレス コード(Dress Code)
服装に係わる規定のことで、どのゴルフ場も ジーンズ、サンダル、T シャツ(袖なしのシャツ)お断りといった最低限の服装規定を定めているのが普通。しかし、ゴルフ場が定める ドレス・コードはそれぞれ異なり、前述の基本ルールより厳しい規定があることも 珍しくない。一般的に、名門と言われるクラブには 厳しい ドレスコードがある。
関連リンク
ゴルフ・服装講座
ドレス・コード(ゴルフの服装に係わる規則)
ドロー(Draw)
右利きの人の打ったボールが落下地点に近付いてから右から左に曲がること。フックは 比較的 早い段階から曲がり始めることで ドローとは異なる。これはフェードとスライスの関係と同じである。
関連リンク
• ロフトとフェース角(ゴルフクラブ選びの知識)
• ゴルフクラブの重心(ゴルフクラブ選びの知識)
ドロー バイアス (Draw bias)
クラブのフェース角や重心角を ドローが出やすいように調整したもの。スライスを抑止する効果がある。
関連リンク
• ロフトとフェース角(ゴルフクラブ選びの知識)
• ゴルフクラブの重心(ゴルフクラブ選びの知識)
ドロッピング ゾーン(Dropping zone)
ハザードや修理地に入った場合、ローカルルールで ドロップできる場所が決められていることがある。そうした場所を ドロッピング(または、ドロップ)ゾーン、日本語では ドロップ区域と呼ぶ。
関連リンク
• ドロップ区域に係わる ゴルフルール
• ボールのドロップの仕方(ゴルフルールの知識)
ドロップ(Drop) ドロップ
ウォーターハザード、アンプレーアブル・ライや修理地にボールがある場合などに、ルールに従いボールを拾い上げて肩の高さから落とす行為を ドロップ という。
関連リンク
• ボールのドロップの仕方(ゴルフルールの知識)
• 救済の二アレスト・ポイント(ゴルフルールの知識)




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意