コンテンツ目次

首都圏ゴルフ場ガイド

ドッグレッグ・ホールの攻め方

このページのコンテンツ
• はじめに
• ショートカットを狙うべきか?
• コーナーを避ければ安全か?
• ドッグレッグでの決断
• ボールを左右に曲げること
• 常に 冷静な判断を
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ドッグレッグのホールでは 思わぬ失敗をすることが少なくない。特に、初めてのコースでは コース・マネジメント上のミスを犯す可能性が高くなるし、そうしたミスが 大叩きにつながって その後のプレーが 俄かに 乱れてしまう原因にもなる。 ここでは そんな ドッグレッグ・ホールの攻め方について 詳しく 解説する。

ショートカットを狙うべきか?


ドッグレッグ
ドッグレッグのホールで 多くの人が考えることが ショートカットのルートとターゲットである。人によっては フェードとか ドローなど ショートカットのルートを ホールの曲がりなりに 攻めようと言う発想で ショットをすることもあるだろう。しかし、そうした発想と攻略法には 思わぬリスクが伴うことに 気づいていない人が 多いようだ。

何と言っても、ドッグレッグのホールで ショートカットを狙い コーナーの内側にボールが行った場合は ペナルティが 非常に 大きくなるという問題がある。まともに スイング出来ないことにもなり兼ねないが、スイングが出来たとしても 木などで ターゲットが ブラインドになって グリーンを狙うショットなどが打てなくなることは 最低でも 覚悟せねばなるまい。最悪の場合は OB、また、ボールをほぼ横に出すだけになることもあるだろう。ドッグレッグのコーナーを狙うショットには そうした大きなリスクが伴うが、さらに問題なのは その内側へのミスの許容範囲が 普通より小さいことである。ターゲットの設定次第だが アグレッシブなラインで狙った場合は ターゲットを 10ヤードも外していないのに そうしたトラブルに巻き込まれるのだ。

コーナーを避ければ安全か?


一方、前述のリスクを考え 人によっては コーナー方向を避けて 大きな遠回りになるルートで 一打目を打つ人も居るだろう。しかし、そうした攻略法にも 実は 意外に 大きなダメージを受けてしまう リスクが潜んでいる。外側のコーナーを突き抜けて 深いラフにボールが行き 尚且つ グリーンが遠くなれば パーオンは 一気に難しくなるだろう。また、外側のコーナーまでの距離が短いホールでは 最悪 OB になったりすることもある。つまり、ショートカットを 止めたのに 思わぬ罠にはまることもあるから コーナーのリスクを どこまで回避すべきかと言う問題が残る。ただ単に、コーナーを避ければ 安全だとも言えないのである。

ドッグレッグでの決断


ドッグレッグホールドッグレッグのホールと言っても そのリスクは 様々だから、それぞれのホールの特徴を十分に考慮して その都度 作戦を立てる必要がある。その時に 何をチェックし、次のショットのリスクを どのように評価すべきか。その ある意味 ルーティン とでも言うべき お決まりのプロセスのようなものを 毎回 間違いなく行う必要がある。最終的には i) どんなクラブで、ii) どこをターゲットにして、iii) どんなボールを打つのか を決断することになる。普通は 直感的に それを決める訳だが その直感を働かせて決断する前に 抑えておくべきポイントがある。それは そのホールのリスクと 次のショットのことを考えて 以下の点を チェックすることだ。
  1. ホールの全長
  2. 内側のコーナー (C) までの距離と その先と内側の状況
  3. 外側のコーナー (E) までの距離と その先と外側の状況
  4. ショートカットで失敗(成功)した時のダメージ(ゲイン)
以上を冷静に分析し、自分のショットの飛距離や精度に照らし合わせ、何らかの保険を掛ける形で i) どんなクラブで、ii) どこをターゲットにして、iii) どんなボールを打つのか を決めることになる。内側のコーナーのリスクが大きいと判断した場合は フェアウェイ・センターより 多少 外側をターゲットにしたり、ドライバーより 曲がりの少ないクラブで ショットをするなどの選択をするのが一般的である。逆に、外側のリスクが大きい時は 基本 短めのクラブを選択すべきだが、内側のリスクが小さければ フェアウェイ・センターより 多少 内側をターゲットに コーナーをカットするようなショットでも良いだろう。

どちらのリスクも大きいことがあるだろうが、それが片側だけの場合は 大きなリスク側のエラーのマージンを大きく設定するのが 当たり前の話だが セオリーである。ただし、片側のリスクだけを過大 または 過小評価しないよう 十分 注意しよう。ドッグレッグホールに限ったことではないが 大きなトラブルになる可能性が高く リスクの高いホールや ホールの全長が短いホールでは ドライバーを使わない戦略が(距離のゲインが スコアに大きく寄与しないのが 常だから)スコアメイクの観点からは 得策だと考えるべきだ。ツアープロが 短いミドルホールで ワンオンを狙うことが良くあるが、非常に高い技術力のある彼らにとっては そうしたショットに リスク以上に 期待できる リターン(1打 近い価値)があるという判断に基づくものだ。

ボールを左右に曲げること


一方、ドッグレッグのホールでは フェードとか ドローなど ホールの曲がりなりに 攻めようと言う発想で ショットをする人も少なくないと思う。しかし、そうした選択は 必ずしも 理に適ってはいない。まずは そんな弾道のコントロールが どれだけの精度で出来るのかを考えてみよう。一応、ボールを打ち分けられるから 常に 左 ドッグレッグは ドロー系、右 ドッグレッグでは フェード系のボールを打つ。そんなレベルで フェアウェイを広く使う試みとして ボールを曲げても どれだけの効果が発揮されるだろうか。そうした選択に 安心感を増す効果があって そのショットの精度に自信があれば 別であるが 期待される効果が 然程 大きくないのに わざわざ 精度の低いショットを選択しているとすれば 愚の骨頂と言わざるを得ない。自分のショットの精度と そうしたショットの必要性を良く考えてみるべきだ。ティーグラウンドに 比較的 近い所に障害物があり それを避けるために ボールを曲げれば フェアウェイが 圧倒的に広く使えるようなケースは 別にしても 多少 ドッグレッグしたホールは その曲がりに関係なく 最も信頼できる持ち球で攻めることが(一部の上級者を除き)ベストの選択になるはずだ。

スライス・ボールしか打てない人にとって 左 ドッグレッグのホールが難しいのは事実だろうが、右 ドッグレッグのホールが簡単かと言うと そうでもないだろう。フェアウェイの曲がりと 弾道の曲がりが 一致していれば良いが、フェアウェイの曲がりの前で スライスしたのでは 何の意味もない。練習では 左右 どちらのドッグレッグでも使い易い 比較的 ストレートなボールを打つ練習、そして フェアウェイウッドなど ドライバー以外のクラブで ティーショットすることを想定したショットの練習に注力して欲しい。

常に 冷静な判断を


ショットの選択、即ち、i) どんなクラブで、ii) どこをターゲットにして、iii) どんなボールを打つのかという判断は 予想される リスクと 距離のゲイン(成功すれば 2打目が楽になる選択)との関係を重視する形で 冷静な判断の下に 行われるべきものである。仮に、距離のゲインが 50ヤードなら 次のショットが 100ヤード vs 150ヤード とか 150ヤード vs 200ヤードのような違いになる訳だ。それを どう評価するかは 微妙だが 1 打差以上のゲインになることは 当然 ない。ただ、200ヤードが 150ヤードになるゲインは 150ヤードが 100ヤードになるゲインより大きい と考える人が殆どで 全長の長いドッグレッグ・ホールでは ショートカットの誘惑が大きくなるものである。ただ、150ヤード vs 200ヤードのような違いでも その差の価値は 0.5 打もないし、ましてや それが 100ヤード vs 125ヤードのような違いなら 非常に小さいもので その事実を まずは 間違いなく認識する必要があろう。

一方、ショートカットで ミスをした時のダメージは OB であれば 2 打分、また、ほぼ 横に出すだけのようなケースでは 1 打分で、そうしたショットの出る可能性が ドライバーで ショートカットをすれば 高くなるとすれば それが賢い選択ではないことは 誰の目にも明らかなことだろう。しかし、どこまで リスクを軽減させるために保険を掛けるべきなのか。それは 一人一人が 自分の実力と ミス・ショットのパターンなどを冷静に判断して決めるべきものである。

最後に、典型的な大崩の原因を作ってしまう思考パターンの一つを紹介しておこう。距離のある ドッグレッグホールは 特に 難しい訳だが、ゴルフのスコアには 4.5 のように 小数点以下がないから 誤った判断をし易いというお話である。我々の多くは 2打目のショットが 200ヤード以上になれば ボギーになるから リスクを取る というような判断を下す傾向がある。しかし、200ヤードのセカンド・ショットでも フェアウェイからなら パーの可能性は 結構あるものだし、林の中から横に出すだけでは ダブル・ボギーの可能性も出てくる訳で、200ヤードだと ボギーと言う発想と ティーショットを失敗しても ボギーという発想で リスクの高いティーショットを選択するのは 冷静な判断とは言えないのである。また、リスクの高いショットを選択することは 普段以上に自分にプレッシャーを掛けることになるから それによって ミス・ショットの出易い状況が作られるという側面もある。このように 冷静な判断が出来ないのが ゴルフだが、ドッグレッグ・ホールでは 特に 冷静さを失う可能性が高いと言うこと。覚えて置いて下さい。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP