ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > ダブル・クロス サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
直前割
GDO Sale
 
ゴルフ読書室

ダブル・クロス

ダブル・クロスフェードやスライス・ボールで ターゲットの左から 真ん中に戻ってくるボールを打とうとしたにも拘らず ヒッカケ気味の フックボールが 左に出ることを ダブル・クロス (double-cross) と言う。右ドッグレッグのホールのドライバー・ショットなど コースなりのボールを打とうとして 良く出ることがあるミス・ショットだが、これが出ると OB というケースも少なくないから スコアに大きく影響するもので その防止策を研究しておく価値は高い。そこで、以下にダブル・クロスをしないためのアイデアと練習方法を 少し ご紹介しよう。

左から右へのスライスやフェード・ボールが持球ではない人が 右ドッグレッグのホールのドライバー・ショットなどで コースなりのボールを打つ場合には、通常、ややオープン・スタンスでフェースを開き気味にしたセットアップから 普段より アウトサイド・イン気味に スイングすることになるだろう。そうした状況下、個人差は 多少 あろうが、ダブル・クロスは クラブを打ち込むような打ち方で フィニッシュが低くなってしまう時に出るのが普通である。カット・ボールやフェード・ボールを打つためには、フィニッシュが 高い位置で終わるようにしたい訳だが、そのフォロースルーが低く出た時に ダブル・クロスが出易くなるのだ。

タイガー・ウッズが プラクティス・スイングで 高いフィニッシュのリハーサルをしていることがあるが、そうした時は 左から 右への高い弾道のボールを打とうといている時である。そして、そのようなフィニッシュを取る練習をすることが、ダブル・クロスを出さないためには、非常に有効な方法だと言える。

一方、スイングがインサイド・アウトの軌道で 左へのヒッカケを嫌って 体の回転が途中で止まるようになると プッシュ・アウトのスライスのボールになるから、その点についても 十分な認識を持つ必要がある。高いフィニッシュで体を確りと回すようにクラブを振るのが 左から右へのボールを打つ時の正しいスイングのイメージと言うことである。

左に引っ掛けたくない時は とにかく 高いフィニッシュを取ることを 心掛けると良いのだが、スイングを 途中で止めてしまうような打ち方にならないような注意も同時にするよう、二つの注意点をセットで覚えるようにすると良いだろう。左から右へのボールを打つ練習では、フィニッシュの高さと体や肩の回転に注意を払って、色々な打ち方とその球筋をチェックし、ダブル クロスも プッシュ・アウトも出ない打ち方を研究して下さい。
 
 
 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意

TOP