ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

ドライバーの飛距離を伸ばせ|レッスン動画

この動画は 生徒 (Kevin) と そのコーチ (Darren) に インストラクターの男性が ドライバーショットに係わる二人の練習テーマである飛距離の最大化について どのような取り組みをしているのかを質問する場面から始まる。

二人は アタックアングルに着目して ドライバーショットのスイング改善を試みてきたそうだが この動画では Kevin に まず 3発 ショットを打ってもらう。そのショットのデータが 下表 B1 ~ B3 である。インストラクターは この最初の 3回のショットのデータを見て 悪くないが もう少し改善の余地があると言い 今まで 改善に努めてきたポイントを確認した後 もう一度 ショットをしてもらい (A1) その差を比較した。

Kevin が改善に努めてきたポイントは 回転軸となる背骨の傾斜をスイングを通じて よりシャロ―なダウンスイングが可能になるようキープすることだ。Kevin のドライバーショットのアタックアングルは 当初 (2.5年前) -6° ~ -7° もあったそうだが そんな打ち方を Darren コーチの指導の下に 今のスイングにまで改善したそうだ。それでも 3回のショットの平均値 (ave) は アタックアングル = ‐2.0°、打出角 (LAUNCH ANG.) = 8.3°、飛距離 = 285.3 yards だった。そこで、今まで ショット改善のために練習してきた ポイントを確認し 再度 ショットをしてもらったデータが A1 である。アタックアングル = 1.9°、打出角 = 12.2°、飛距離 = 304.8 yards という結果になった。それで 約 20 ヤード飛距離が伸びた訳だが ヘッドスピードは ほんの少しであるが 下がっているにも拘らず アタックアングルが 3.9° アッパーブローになったことで 飛距離の大幅な伸びにつながった。飛距離を伸ばすために アタックアングルが 如何に重要かが分かる。

ステイ・ビハインドショット改善のために練習してきたポイントに関する二人の説明は スイング軌道をシャロ―アウトにすべく 回転軸であるスパインアングル(背骨の傾斜角)を少し右に傾斜させ ステイビハインドのスイングができるように務めたと言うことだ。いずれにしても、アタックアングルをポジティブ(アッパーブロー)にするには スイング軌道の最下点をボールの手前にする必要がある。また、インサイドからクラブヘッドを落とすためには ステイビハインドの形が不可欠だ。そして、その二つのことを上手く出来れば アタックアングルは 改善できるだろう。多くの人は Kevin が 2年半前に そうだったように -5° 以上のダウンブローのスイングである可能性が高いから 改善の余地は 極めて 大きいはずである。ドライバーの飛距離を伸ばしたければ ヘッドスピードよりも アタックアングルを変えることに注力することだろう。

Copyright © 2004-2019 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP