コンテンツ目次

ゴルフ用語辞典
   
       
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        
ツアー プロ(Tour pro)
ツアー(賞金の出る)トーナメントに出場できる資格を持ったプロのこと。ゴルフのプロには、他にゴルフを教えて生活をするレッスン・プロ、ティーチング・プロなどと呼ばれる人達が居る。
関連リンク
• 世界のゴルファー • トッププロのスコア
• Qスクール(プロテスト) • ツアープロのドライバーの飛距離
• 米国ツアー • ゴルフ賞金王
• 国内ツアー • メジャー大会
• ゴルフツアー優勝賞金 • メジャー優勝者の記録
ツー グリーン(Two greens)
一つのグリーンではメンテナンスが難しいため、ツーグリーンあるコースが日本では多いが、そのような場合、片方を メイン・グリーン、もう片方をサブ・グリーンと呼ぶ。外国で ツー グリーンのコースを見ることは殆どない。
ツーサム (Twosome)
二人でプレー、ラウンドすること。ゴルフ場の案内でツーサム保証などと書いてあれば、二人だけでもラウンド出来るという意味。(フォーサムでないと追加料金を取るゴルフ場も少なくないが、ツーサムでも追加料金を取らないゴルフ場もある。)
関連リンク
• 全国ゴルフ場予約ガイド
ツーピース ボール(Two-piece ball) ゴルフボール
芯とカバー(普通、サーリンという耐久性の高い樹脂)のツーピースで出来たボール。安価で長持ちするが、スピンがあまりかからずコントロール性に欠ける。昔は、糸巻きボールと対比された。
関連リンク
• ゴルフボール(ゴルフ用具の知識) • 素材のお話(クラブ選びの知識)
ツー ボール(Two-ball)
ツーボール・フォーサムとか ツーボール競技など と言うことがあるが(ルールブックでは使われていない表現)、前者の場合は 一つのボールを 二人が交互に打ってプレーする二つのチームがフォーサムを作り マッチプレーをするもの。ただ 単に foursome もしくは alternate shot play or format などとも言う。一方、二人のプレーヤーが(必ずしも 同じ組でプレーする必要はない)ベストボールで チームのスコアを決める競技を ツーボール競技と呼ぶことがある。
関連リンク
• ゴルフの競技方法
つかまり、つかまる
ボールがつかまるとか、つかまりの良いゴルフ・クラブなどの言い方をする。つかまるとは フェース面にボールが確り乗るように ボールを打つという意味だが、フェースが好ましい角度でボールとコンタクトしなければ つかまりは悪くなり 所謂 擦り球になる。
関連リンク
• つかまりの良い ゴルフクラブ
爪先上がり、爪先下がり
足の位置よりボールの位置が高い、または、低いスロープ。
関連リンク
• 斜面からのショットの打ち方
ツーム ストーン(Tombstone)
墓石の意味で、競技方法の一つ。コースのパー、もしくは、それよりも低いストローク数(例えば 60)に、自分のハンデを足した数字のところまでプレーを続ける。ストロークを使い果たしたところに自分の名前を書いた旗(墓石)を立てる。最終ホールの近くまで行けた者が勝つ。



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意