コンテンツ目次

4) 論理的な説明

物事を論理的に説明することは、交渉などを上手に行うために必要不可欠な要素である。統計資料を利用したり、各種比較や原因と結果の説明、予測などの話が英語でうまく出来るよう訓練をしておくと、報告やビジネスの交渉の時などにきっと役立つはずだ。

右の例文のように、企業業績の説明においては、その置かれていた事業環境と具体的な経営上の打ち手などを説明した上で、結果を報告するスタイルになっている。所謂、cause and effect、原因と結果といったスタイルで文章が書かれている点に注目して欲しい。 また、最後に予測がなされているが、予想の数字が出された背景などが上手に説明されているところも、文章のスタイルという面から参考にして下さい。

データによるサポートや具体策の記述されていない予測や計画では、説得力がない。また、データや情報は、信頼性の高いソースからのものを利用するようにし、そのソースをデータや情報と一緒に開示するのが鉄則だ。また、自社の実験や計測などで得たデータについては、そのデータを得るために行った実験や計測の方法、サンプルの取り方、統計学的な数字の開示なども説明に含めると良いだろう。

いずれにしても、ビジネスでは 英語であろうとなかろうと、普段から論理的に物事を説明する癖をつけることが肝要である。
【参考英文】
The past year was characterized by reasonable growth. While trends within the various sectors of the consumer product division were mixed, net sales increased an average of 5 percent, following a relatively strong economy and increased consumer demand. Under the circumstances, the division's operating income increased approximately 2 percent, despite manufacturing cost pressures related to rising energy and commodity prices. The average operating income of the consumer product industry decreased as much as 1 percent during the past year.

The consumer product division continued to focus on working capital by increasing the average working capital ratio, along with a slight increase in inventory turnover and a slight decrease in accounts receivable turnover. We will continue the effort to realize higher efficiency and financial stability of the division. It is projected that the division's sales continue to grow an average of 3 to 5 percent per annum along with an estimated 2 percent increase in net income in the next five years.

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意