ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

ユーティリティーを使ったアプローチ

欧米では ユーティリティーとは呼ばずに ハイブリッド (hybrid) と呼ぶのが 普通であるが これは "Boost Your Bag: How to chip with a hybrid" というタイトルで ウェッジでも パターでもなく ユーティリティーを使ってボールを転がして寄せる アプローチの打ち方と その利点について解説した動画である。
Chipping
グリーンを少し外して フェアウェイや芝の短いラフなどからのアプローチをウェッジで寄せるようと考えた時 上級者でも 不安が過ることは 少なくない。一方、それを パターで打って寄せようと考えても グリーンまでの距離が 50cm 以上あれば ボールからグリーンまでの芝の部分をボールが転がるスピードを正しく予測するのが難しく グリーンまでの芝の上とグリーン上でボールの転がるスピードに 差があれば ある程 寄らない可能性は 高くなる。そんな時に有効なテクニックがユーティリティーを使ってボールを転がすという選択肢だ。打ち出し直後の芝の長さが少しある部分をボールがスキップして転がるから そのスピードの計算が 比較的 容易になるのがパターを使う場合との大きな違いである。フェアウェイウッドも使えるが シャフトが短く 少し重めで コントロールし易い ユーティリティーの方がアプローチには 適していると言えよう。ウェッジを使ったアプローチに色々な打ち方があるように ユーティリティーでも色々な打ち方が出来る訳だが このビデオでは シャフトを短く持って ヒールが少し浮くようにシャフトを立てて構え フェース 幾分クローズドにして パターのようにスイングするスタイルを推奨している。ボールに近づいて アップライトに構えると フェースは 開いて 右を向くので フェースをクローズすることで スクウェアな状態にするのだ。右上の図は そのセットアップの状態の説明だが ボールは シャフトを立てて構えている分 トー寄りのソールが接地するから 応分にトー寄りにボールを置くことも ポイント。

一方、下の動画は 少し違った ユーティリティーの使い方を説明した動画で 所謂 バンプ アンド ランの アプローチショットにユーティリティーを使うテクニックを紹介したものだ。上のショットでは ノーリスト アクションで パターを振るイメージでボールを打っている訳だが 下のショットでは ヒンジ & ホールド的に リストを少し使い ウッジによるチップショットのようにクラブを振ることで 低い弾道のボールを砲台の斜面にぶつけて転がし上げる ショットを打っている。非常に 興味深い テクニックである。ボールを柔らかく上げて打つショットが苦手な人には 利用価値の高い打ち方だと言えよう。ボールの位置や体重の乗せ方などについては 言及していないが 左足体重で 幾分 右足寄りにボールを置いて 若干 ダウンブローに クラブを振っているようだ。
Copyright © 2004-2019 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP