コンテンツ目次

ゴルフ用語辞典
   
       
A B C D E
F G H I J
K L M N O
P Q R S T
U V W X Y
Z        
ワイヤー・トゥー・ワイヤー(Wire-to-wire)
一日目から最終日まで トーナメントを リードした時の状況を表現する決まり文句。レースのスタートのワイヤーからゴールのワイヤーまで という意味で(ゴルフ以外でも)広く使われるフレーズ。
ワウンド・ボール(Wound ball)
糸巻きボールのこと。近年のゴルフボールは ソリッド・コアの構造で 2000年ごろからワウンド・ボールは姿を消した。
関連リンク
• ゴルフボール(ゴルフ用具選びの知識)
ワッグル(Waggle)
アドレスをしてから右足と左足に交互に2、3度体重を乗せながら、肩の力を抜いて手首を軽く前後に折り、クラブヘッドを左右に小さく動かすこと。小さな素振りのようなもので、体をリラックスさせながら、ショットのイメージを作るのにも役立つ。
関連リンク
• プリショット・ルーティーン • テイクバックの重要性
• 色々なスタイルのワッグル  
ワールド・ゴルフ・ランキング (World Golf Ranking)
過去 2年間の世界の主要トーナメントで獲得したポイントを出場試合数で割り 算出したポイントをベースに選手のランク付けを行なうシステム。ポイントは アメリカ PGA ツアーが最も高く、欧州ツアー、日本ツアーなどの順になっている。近年は 世界ランキング 50位以内に入ることで メージャー大会や世界ゴルフ選手権などの権威あるトーナメントに出場できるようになったため、その権威は高くなった。女子も 2006年シーズンから 世界ランキングが導入された。
関連リンク
• World Golf Ranking(男子ゴルフ世界ランキング)
• Rolex Women's World Golf Rankings(女子ゴルフ世界ランキング)
ワン オン(One on)(和製英語)
ショートホールのティショットでボールがグリーンに乗ることで、パーオン(和製英語)とも言える。英語では、on (the) green in regulation という。
ワン グリーン(One green)
1つのホールにグリーンが 1つしかないコースは ワングリーンのコースと言うことになる。ツーグリーンのコースと対比される。
関連リンク
• コースの基礎知識 青葉マーク
ワンボール条件 / ワンボール・ルール(One ball condition / rule)
ワンボール条件 (One Ball Condition) のもとに行われる競技のことを 一般的には ワンボール・ルールでプレーされる競技と言う。ワンボール条件とは、正規のラウンド中、違うブランドや違うモデルのボール(数字だけが異なるものは 同じブランド・モデル球である)への取り替えを禁止するルール。数日に及ぶ競技の場合、ラウンドごとに異なるブランド・モデル球に変更しても(それぞれの 1ラウンドを ワンボールで完結すれば)ワンボール条件に違反したことにはならない。なお、JGAが 2009年度から アマチュア競技にはワンボール条件を採用しないと決めたので、アマ競技では、公認球であれば、ホールごとに使用球を取り替えても良くなった。
関連リンク
• ワンボール・ルール(ルールの詳細説明)


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意