ゴルフ入門 メニュ メニュー

ルールとマナー|ゴルフ入門

Introduction

ゴルフ場でプレーするには ボールの打ち方を学ぶだけでなく ルールやマナーの知識についても学び それらを最大限 守る努力をすべきである。そのルールやマナーを学ぶ上で大切なのが「ゴルフの精神」即ち、ゴルフは 審判の立ち会いなしに行うゲームだから 一人一人が 誠実に 他のプレーヤーに対して心配りをし 規則を守ってプレーすべきだという考え方である。規則を学び それを誠実に守ることは 当にゴルフの原点だから より多くのゴルファーに その大切さを知ってもらいたい。

ゴルフルールは 複雑

ルールブック

ゴルフのルールは より分かり易く 親しみやすいものにすることを目的に 2019年に大幅な改訂がなされ ルールが簡潔化された。とは言え、そのルールは 他のどのスポーツのルールより複雑である。色々なことが起こり得るゴルフ場でプレーをするからだが、その結果、ゴルフでは 様々な種類のルールがある。例えば、ボールがなくなったり 物理的に打てない状況に陥った時に必要な救済に対して 細かくルールが定められている。あるいは 禁じられている行為に対しては ペナルティー(罰則 )が科せられるが、その罰則が科せられる行為は 実に 多種多様で 多岐にわたる。最初は 細かなルールまで 全てを熟知する必要はないが ゴルフ場でプレーをするには 基本的なルールの知識を身に付ける必要がある。

その規則の種類は 大きく分ければ (1) ゲームの基本に係わるルール、(2) 禁止行為を定めるルール、(3) 救済に係わるルール、(4) ゴルフ用具に係わるルール、(5) 特殊な条件を定めるルール と言うことになる。そんな複雑なルールだが まずは 基本的なプレーに係わるルールを学び、日々プレーをする中で 競技でプレーすることを想定し その知識を徐々に増やしていく。そんな形で 出来る限り正確に 広範囲にわたるルールを確り学んで欲しい。

ルールの覚え方

ゴルフを学ぶには ある程度 ゴルフ用語を学ぶ必要があるが ゴルフルールを理解するには 規則に係わる用語を学ぶ必要がある。実際に ルールブックでは「定義」というセクションを設け、そこに必要な用語の定義を明確に行っており それらの言葉の意味がプレーに係わるルールの解釈に微妙に影響を与えることがある。そうしたことまで細かに覚える必要はないが ゴルフルールの条文や解釈は そうした考え方に基づいていることは 覚えておこう。

プレーに係わるルールは ゴルフルールの根幹になる部分で 規則 1 〜 規則 24 まで 24 のセクションに分けて (旧ルールでは 34) 纏められている。その詳細は JGA の規則とルール の該当するセクションに記載されているが その中から 初心者が まずは覚えたいルールを幾つか紹介しておくので これらの重要度の高いものから覚え 事あるごとに 他のルールを覚えていくようにすれば良いだろう。

まず 覚えるべきルールは ラウンド中に遭遇することの多い OB のショットロストボールペナルティーエリア (旧称 ウォーターハザード)、茂みの中などでプレーが出来ないような場合、つまり、アンプレヤブルの球(俗称 アンプレ)などの処理、また、救済によってボールをドロップする時のルール(ボールのドロップの仕方) そして グリーン上で守るべきルールなどである。

誰でも参加できるようなコンペでは OB やロストボールは 前進 2 打罰という ローカルルールが一般的で(詳細後述)なくなったか OB したと思われる地点に最も近いフェアウェイにボールをドロップ もしくは OB用の特設ティーからプレーを続行するというルールが採用されていることが多い。正式には 1 打罰で 打ち直しとなるが それを ストロークと距離に基づく処置 と言う。また、打ち易いライになるように球を 6 インチ以内の範囲でリプレースしてプレーすることを許すルール 即ち プリファードライ (preferred lies) で プレーをするようなこともある。

ペナルティーエリアに入ったボール、アンプレのボールは 1打罰で救済を受ける。ペナルティー後の処理の仕方には 幾つかの選択肢があることが多いが そのような状況で 自分にとって最も有利な処理をするためには ルールのそうした部分まで学ぶ必要がある。但し、そこまで知らない場合には 他のプレーヤーにそうしたルールの詳細を質問をすることはできるので ゴルフを始めたばかりの時は 同伴競技者に(必ずしも、正しいゴルフの知識があるとは限らないが)教えてもらいながらプレーをすれば良いだろう。また、ペナルティーの科されない救済処置(修理地やテンポラリーウォーターなど)についても 正しい知識を持って対処する必要がある。他にも 色々なルールがあるが これだけは知っておいて欲しい と言うルールを 初心者のゴルフルール・マナー教室 に纏めてあるので ルールとマナーに自信のない人や これから ゴルフを始めようという人はそれを 確り勉強してから コースに出て欲しい。

ゴルフのマナー

マナーとは ご存知のように 行儀・作法の事で それは 人間が気持ち良く時間を過ごすために生まれた知恵である。細々としたゴルフ特有のマナーを丸覚えしようとする前に まず忘れないで欲しいことは そのマナーが世の中に存在する理由である。つまり、ゴルフのマナーは「皆が気持ち良く 真剣に ゴルフをするために考え出された行儀・作法」なのだと言う大前提である。一緒にゴルフをする人のプレーや気持ちに配慮するのは 勿論のこと、ゴルフ場に居合わせる他のゴルファーの気持ちにも配慮する心構えでゴルフをする。その心がなければ ゴルフのマナーの知識だけ持っていても マナーが身に付いているとは 言えない。ゴルフの経験が浅く そのマナーの知識が不十分であっても 正しい心構えでゴルフをすれば 多少のマナー違反をしてしまっても 人を不愉快にさせることは 最小限になるはず。ゴルフに限ったことではないが この世の中にマナーと言うものがある理由を この機会に良く考え、そんなマナーの本質をまずは学んで欲しい。

そんなゴルフのマナーについては 右の例のように そのことだけのための書籍も市販されている。当然ながら、他のゴルファーのプレーに影響を与えるような行為は避けなければならない訳だが、例えば、他のプレーヤーがショットやパットをしようとしている時に音や声を出したり、その視野の中に入り動いたりする行為はマナー違反である。また、グリーン上の行動で特に大切なのは 他のプレーヤーのラインの上を歩かないこと。一方、ティーグラウンドでは 誰がオナー(最初に打つ人)なのか、そして打つ順番を無視しないよう配慮すること。また、ボールを打とうとしている人のそばやラインには 立たないようにすることなども 守るべき大切なマナーである。ゴルフのことを全く知らない人は 驚くかも知れないが、実は どんなゴルフ場にも 最低限の服装に係わるルールが定められており、中には 大変厳しいルールを定めているクラブ(ゴルフ場)もある。そうしたルールを ドレスコード (Dress Code) と言うが 殆どのゴルフ場に ジーンズや短いショーツ、ティーシャツ、サンダル履きを禁止するドレスコードがある。

さらに、プレーファーストも大切なマナーの一つである。お互いにスムースにプレイ出来るよう、素振りに時間をかけたり、ボールがすぐに打てるような準備を怠るなどは避け、いつも無駄のないプレーを心掛けるようにしよう。セカンドショット以降は ピンに対して遠いプレーヤーから打つものだが、ほぼ同じ距離に他のプレーヤーがいる時などは、相手を無視して打たずに、様子を見ながら同時にショットをすることがないよう配慮しよう。また、ボールがなくならないよう、助け合うこともマナーの一つと言えるだろう。どんな場合も、他のプレーヤーが気持ちよくプレーできるように配慮することがマナーの基本で 他のプレーヤーのショットの批評のようなコメントをするのは 厳禁である。

グリーン上では グリーンを傷つけないように歩き、ボールが落ちた時に出来る凹みを直すこと、また、道具を無造作にグリーン上に置かないこと。そして、常に、一緒にプレーをしている人に気を配ることなども忘れずに。また、ディボットを埋めたり、その他 コースの保護に対する配慮も大切なマナーである。以上、覚えておいて欲しいことは まだまだ沢山あるが ここでのマナーに関する説明は このくらいにしておこう。時間があれば、マナーについての更なる説明を ゴルフのマナー、エチケットの基礎知識で チェックして下さい。

ゴルフ用品|Online Shops
Copyright © 2004-2021 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP