ゴルフ入門 メニュ メニュー

ショートゲーム|ゴルフ入門

Introduction

実際に コースに出てプレーをする時には 前ページで説明したようなフルショットだけでなく、短い距離のショットをコントロールして打つことが多々出てくる。そうした時に使うショットのことを 総称して ショートゲームと言うが ショートゲームの基本となるショットには 下の絵のように ピッチショット、チップショット、バンカーショット、パッティングの 4種類がある。

short game

ピッチショットは ボールを フワッと 上げて打つショットで 落下地点までの距離の方が ボールの転がる距離より長いショットである。一方、チップショットは 転がすショットで ボールの落下地点までの距離より、その後ボールが転がる距離の方が長いようなショットである。バンカーショットは 直接ボールを打たない(砂のアクションを 利用する)ショットで その打ち方は ちょっと 独特なものである。パターは 何種類ものスタイルがあり 最も個性が出るショットといった具合。

最初に覚える 基本のショット

ピッチショット

距離をどのようにコントロールするかが一番のポイントで バックスイングの大きさを(腕の位置を時計の針に見立てて)8時、9時といったところで止めて 距離と転がりを調整する方法などが良く用いられる。ここでも手打ちにならないよう 体(肩)の回転でボールを打つように注意しよう。(詳細)
チップショット

ボールを右足の前に置き、小さく クラブを引いて、そこから肩の回転が腕と手をリードするようにしてボールを打つ。バックスイングよりフィニッシュの方が少し高くなるようなイメージで打ち、フィニッシュでは クラブフェースと手の甲がターゲットを指すように。(詳細)
バンカーショット

プンに構え、クラブフェースを開いて アウトサイドインの軌道でボールの 5 - 10センチ手前の砂にクラブを落とすように打つ。早めに手首をコック(折る)させ、そのコックを解かないように打つのがコツ。バンカーはハザードの一種で クラブのソールを砂につけるとルール違反になる。(詳細)
パター / パッティング

主に グリーンの上でボールを柔らかく転がし、カップに入れるために使うもので、打ったボールの方向とスピード(距離)の調整を正確にすることが重要。その打ち方には、非常に多くのスタイルがある。(詳細)

ショートゲームの練習には サンドウェッジを 1本でも練習可能である。パッティングを除く 上述のショットは 全て それで練習することが出来る。

ゴルフ用品|Online Shops
Copyright © 2004-2021 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP