コンテンツ目次


ペナルティは 1打罰 or 2打罰(ルール解説)

このページのコンテンツ
• はじめに
• スコアの申告ミス
• ペナルティの種類と罰の重さ
• ペナルティの整理(一覧表)
• 間違い易いケース・追加説明
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ペナルティーペナルティ・ストローク (penalty stroke) は ボールが 物理的に打てない状況に 陥ったり、ボールを紛失するなどの理由で 救済 (Relief) を受ける時、また、ルールで禁止されている行為をした場合などに ストローク・プレーでは 1打罰 もしくは 2打罰、マッチ・プレーでは 1打罰 又は そのホールの負け という形で 通常 科されるものだ。一方、そうしたケースに直面した時に ペナルティだとは分かっていても それが 1打罰 なのか 2打罰(そのホールの負け)なのかということが分からない もしくは 正しい判断をする自信がないと感じることは多々あるだろう。実は そんな時に スコアの申告ミスが 以外に 良く起きるのである。

スコアの申告ミス


ご存知の方が多いと思うが、スコアの申告ミスは 過少申告であれば 競技失格、過大申告であれば みすみす その分 損をすることになってしまう。プロのトーナメントでも そうしたミスは 時々起きる。比較的 最近の事例としては 2015年 5月に行われた 中京テレビ・ブリヂストン レディス オープンで 鈴木愛選手がハザード内のルースインペディメントを取り除くルール違反を犯した時のペナルティ(正しくは 2打罰)を 1打罰とし 過少申告だったことが後になって判明し、本来は 上位入賞できる成績だったのに 競技失格となった。

ペナルティの種類と罰の重さ


通常、ルール違反のペナルティーは 前述のように 1打罰 もしくは 2打罰、マッチ・プレーでは 1打罰 又は そのホールの負け、それに、競技失格の三通りである。また、競技者が 1つの行動で結果として 2つの規則に違反した場合は 大きな罰則のみが 科されることになっている。例えば、プレーヤーがボールを動かしてしまい、ボールを元の位置に戻さずにプレーをした場合は ボールを動かしたことのペナルティ(1打罰)と 誤所からのプレーによるペナルティ(2打罰)が ダブルで科され 3打罰になるのではなく、大きな方のペナルティである 2打罰だけが科される というような事例が それに該当する。ただし、関係のない 2つの違反を立て続けにした場合は 両方のペナルティが科されるので その点は 間違いのないよう。

他方、救済は 無罰で受けられるケースと ペナルティの 1打罰が科されるケースがあるが、1打罰の救済には 前のショットを打った所から打ち直すもの、即ち、実質 2打罰のインパクトがあるミスと 前進して 救済の起点となる所の近く(例えば、2クラブ・レングス内)にボールをドロップできる 実質 1打罰以上、2打罰未満のインパクトのものがある。この二つのケースは スコア的 インパクトが異なると言うことだ。前進 3打、前進 4打のローカル・ルールの判断基準としても この理屈は 良く認識しておいて欲しい。


ペナルティの整理(分類表)


以下は ペナルティのタイプを 代表的な適用例(例えば、OB やボールを動かしてしまった時、誤球 など)を挙げて分類し、1打罰 か 2打罰(そのホールの負け)かの判別と プレーを続行する際の対処方法について整理し、纏めたものなので 参考にして下さい。

ペナルティ / 救済 適用例(対処方法)
無罰の救済 (Relief)

修理地、カート道、動かせない障害物カジュアル・ウォーター、など(救済の二アレスト・ポイントから ホールに近づかない範囲で 1クラブ・レングス内にボールをドロップすることが出来る)

1打罰 
a. 救済 
b. うっかり犯すルール違反
ウォーター・ハザードの救済措置、アンプレヤブル宣言後の救済、ルール違反となる状態でボールを動かしてしまった時二度打ちなど(ルールに従ってボールをドロップ、ボールを元あった所にリプレース、または、プレーを そのまま続行)
1打罰(打ち直し)
2打罰のインパクトがある救済
OB、ロストボール(ストロークと距離の措置、または、前進 2打罰のローカル・ルールに従ってボールをドロップか プレースして プレーを続行)
2打罰 / そのホールの負け
ルールを 尊守しない違反
誤球、誤所からのプレー、練習ストロークプレーに係わるアドバイスの違反、ハザード内の禁止行為など(単に 2打罰でプレーを続行する場合もあるが、違反によって対処方法は異なる)

失格
ルールに著しく反する違反

スコアの過少申告、ルール違反のクラブ使用、ルールに則した処置をしないでプレーを続行する、など


間違い易いケース・追加説明


まず、救済 (Relief) には 無罰の場合と 1打罰の場合の二通りがあるが、その違いを 明確に区別して認識する必要がある。通常、1打罰のペナルティが科される状況は(例えば、ウォーター・ハザードの救済措置やアンプレヤブルを宣言する場合など)ストローク・プレーもマッチ・プレーも ルールは共通していることが多く、ストローク・プレーで 2打罰になる状況(例えば、誤球、誤所からのプレー、練習ストロークプレーに係わるアドバイス、ハザード内の禁止行為に係わる違反など)は、マッチ・プレーでは そのホールの負け というペナルティになると(一部 例外はあるが)覚えておくと便利だ。

大雑把ではあるが 殆どの場合、a. 救済(ウォーター・ハザードアンプレヤブルなど)を受ける場合と b. ルール違反を犯すつもりはないがやってしまうルール違反(ボールを動かしてしまったり、2度打ちするなど)には 1打罰が適用されるが、ルールを尊守しないプレー(誤球、誤所からのプレー、練習ストロークプレーに係わるアドバイス、ハザード内の禁止行為などの違反)には 2打罰が 科せられる と覚えておこう。

もちろん、うっかり犯すルール違反とルールを尊守しないルール違反とは 明確に区別できるものばかりではなく、どちらか 判断に迷ってしまうものもあるだろう。例えば、バンカーでソールが砂についてしまった場合は 2打罰(そのホールの負け)というペナルティが科されるが、そうした分かり難いものについては そう沢山ある訳ではないので その都度 ルールブックを チェックすれば良いだろう。

また、間違い易いのが OB とロスト・ボールに対するペナルティと対処方法である。特に、ローカル・ルールの前進 2打罰というケースがあるし、実際のダメージが 2打だから、そのペナルティが 1打だったか、2打だったかで 混乱している人が多いようだ。本来、OB もロスト・ボールも採るべき措置はストロークと距離に基づいた 1打罰で打ち直すという措置である。ただし、前進してプレーする場合は(本来のルールにはない措置であるが)2打罰のペナルティで ローカル・ルールで定めたところにボールを ドロップ、または、プレースしてプレーを続行することになる。

以上で九割方のケースは 整理することが出来ると思うが、前述のバンカーのケースなど分かり難いもの、そして、例外があることも覚えておこう。例えば、ストローク・プレーではルール違反になる行為が マッチ・プレーでは許されたり、対戦相手の判断に委ねられると言ったこともある。いずれにしても、普段から ルールブックを携帯して、正しいルールに基づいたプレーの仕方、スコアの付け方を 心掛けるようにしたいものである。




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意