コンテンツ目次





ドライバー・ショット(打ち方の基本と注意点)

このページのコンテンツ
• はじめに
• 心構え
• 打ち方の基本と注意点
• スイング・プレーン
• その他の注意点
• ゴルフ用具の知識
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ドライバーは 最も シャフトの長いクラブで思うようになかなか振れないクラブである。しかし、朝一で 最初に 打つショットは 大抵の場合が ドライバー。そして、それで その日 一日のゴルフの流れが 決まってしまうこともある。ミドルと ロングホールの多くは そのティー・ショットを ドライバーで打つことになるが、その後が トラブル・ショットになるようでは ゲームの組み立ても出来なくなるから 大切なショットだ。

心構え


ドライバーは 遠くに飛ばすクラブであるが、決して 飛ばせるだけ 飛ばすクラブではない。人より飛ばそうと言う気持ちを抑えて コントロール出来る ショットを 覚えることが ドライバー・ショット上達のポイント。腕に力を入れて 目一杯振らなくとも、体の回転する力を効率良く使って ボールを クラブの芯で捕らえれば 距離は伸びる。芯でボールをスクウェアに捕らえて打つことが何よりも大切だ。力で飛ばそうとして 力まないこと、そして、肩の力を抜いて、ショットの安定性、再現性、正確性に着目して ドライバーの打ち方は 研究すべきである。


打ち方の基本と注意点


以下は、ドライバー・ショットを打つ時の基本と注意点を (1) アドレスから (8) フィニッシュまでの 8つのステージに分けて解説したものである。

  基本 注意点
(1) アドレスの構えはアイアンのそれと大きくは変わらないが、ボールはスタンスの中央ではなく、左足かかとの内側前に置くのが基本。手の位置は顎の下辺りに来るようにし、体重は左右の足に 50/50 か 40/60 の比率で乗るようセット・アップするのが一般的。 アドレスに入った時は色々なことを考えず、出来る限り無心になること。また、体全体が安定するようにし、力を入れ過ぎないように構えることも大切。
(2) 背骨を中心に イラスト (2)のように肩の回転と同時に腕を引くように スイングを始動させる。ここではクラブヘッドを飛球線の後方に真っ直ぐ引くイメージだが、クラブをインサイドに、腕をフラットに引き過ぎないこと。 左右の体重移動でボールを飛ばすのではなく、体の回転を利用する訳だから、クラブを引くと同時に体を左右に動かさない。
(3) バック・スイングでは肩の回転が腕の振りをリードするように肩を確り回転させ、腕の振りを押さえ気味にしてクラブを引き上げていく。腕は背骨を中心とする 肩の回転運動が 無駄なく クラブヘッドを加速するために使い易いような位置、即ち、体の回転の力を クラブヘッドのコントロールとスピードアップに無駄なく使うのに最も都合の良いところに動かす。

バック・スイングで 体重は 通常 右足により乗ることになるが、あくまでも 体の回転運動を 効率良く利用して 安定した リピータブルな スイングすることに配慮し、体重移動は あまり大きくせずに 重心移動が最小限になるようなスイングにすることが望ましい。
肩の回転をフラットにして 腕の振りを ややアップライトにするくらいのバランス意識で。腕を横に振って、手が腰の周りを動くようでは良くないし、逆に、腕を高く上げ過ぎたり、頭の後ろにまで引いたりする打ち方も 効率が悪い。

体重を 逆に ここで左足により乗せる スタック・アンド・ティルト打法というスイング理論さえあるくらいで 体重移動に関しての定説はない。 » 参考
(4) トップは シャフトが地面と水平になる位置で止めるのが目安だが、肩の回転と腕の振りの関係を その観点から調整しよう。背中がターゲットの方を向くまで 肩が確り回転すれば 腕は然程振り上げなくとも 手の位置は イラスト (4) のように 十分な高さまで上がる。 肩の回転と 腕の振りの関係に対する正しい認識なしに、肩が十分回転している状態で、腕を高く上げれば オーバー・スイングになる可能性が高い。
(5) フォワード・スイングでは腰がリードするようにして腕をゆっくり落として行くが、クラブヘッドが手よりも遅れて落ちるように 腕と手の力を抜く。肩の回転に両腕が付いて行くイメージで 左右のバランスをキープする。この時、下半身は右足で蹴るような動きになるが、それが出来れば イラスト (5) のような形ができる。 腕とクラブは出来る限り 一定のスピードで振るようにし、インパクトの瞬間に合わせて力を入れてスイングのスピードをアップさせようとか、手首を反そうと言う考え方や意識は排除すること。
(6) インパクトは (1) - (5) の動きの結果。ここで スイング軌道に対してフェースが大きく開けば スライスに。 スライスに悩んでいる人は、こちらを参照。 » 詳細
(7) フォロースルーまでは ボディーターンとフットワークによってクラブヘッドを走らせるようにするが、イラストのように 背骨が少し右に傾く形になるよう インパクトの直前まで 上半身の重心を右側に残すことがポイント。この形が出来れば、クラブヘッドは自然と若干インサイドから入り、インサイドに出ていく。 フォロースルーで上半身が左に突っ込まないよう注意すべきだが、逆に 体重と重心が右側に移動して 背骨が右に傾き過ぎるのも良くなく、回転軸が前後左右にブレないようにバランスをとる。
(8) フォロースルーからフィニッシュでは 左(前足)に体重を移動させる。ドロー、フェードなど、ショットの打ち分けは フィニッシュの高さや方向を変えることで。 フィニッシュで体のバランスが崩れるようなら スイング全体の流れやバランスに問題がある。


スイング・プレーン


正しいスイング軌道以上が ドライバー・ショットの打ち方の基本と注意点であるが、ドライバーは 最も長いクラブだから スイング・プレーンは最もフラットなものになる。肩の回転をフラットにするイメージで、腕も応分に横から振ることになろうが、腕は落とす意識で、横に振るという意識は持たない方が良いだろう。正しいスイング軌道はインサイド・インで、そのインパクト時のイメージは右図のとおりである。

その他の注意点


なお、フォワード・スイングのステージで上半身の重心を左に移動させ始めてしまう人がいるが それでは 背骨が右に傾くという形にならず、フォワード・スイングのプレーンが バック・スイングよりも立ってアウトサイド・インのプレーンになり、スライス・ボールが出るスイングになってしまうだろう。

また、パワーのソースは ボディーターンで、腕や手首の動きではないということも忘れずに。手首は インパクトの時に意識して返すのではなく、ボディーターンと共に自然と インパクトから フォロースルーにかけて返るものである。インパクトの時に手首を返そうとするような動きは、ショットの方向性、安定性に悪影響を及ぼすだけだから、決して 手首はこねくり回さないようにしよう。


ゴルフ用具の知識


ドライバー最後になるが、自分の打ち方や 癖にあった仕様のドライバーを 選ぶということも ドライバー・ショットの改善と言う観点からは 大切なことである。そうした意味では 当サイトの 5章 ゴルフ道具、ゴルフ用具の知識で説明しているコンテンツ(特に、ドライバーシャフトクラブの重量クラブの重心ロフトとフェース角などのページ)も 参照下さい。




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意