アメリカ国立公園 豆辞典 トップ > ウィンド・ケーブ 国立公園 (Wind Cave National Park)

他の豆辞典
キングス・キャニオン 国立公園 (Kings Canyon National Park)
コンテンツ目次
 
6) カナディアン・ロッキー
7) 北米旅行の基礎知識
8) 厳選旅行リンク集
9) 海外旅行 ショップ
 
米国立公園地図
スライドショー
NPS - ウィンド・ケーブ
ウィンド・ケーブ 国立公園 (Wind Cave National Park)
ウインドケーブ国立公園 (Wind Cave National Park) は 1903年に設立されたとアメリカで 7番目に古い国立公園で、サウスダコタ州西部のラピッド・シティ (Rapid City) の南、およそ 60マイルの所にある。アメリカを代表する四人の大統領 (ジョージ・ワシントン、トーマス・ジェファーソン、セオドア・ルーズベルト、エイブラハム・リンカーン) の顔が 岩に彫刻されたナショナル・モニュメントのラッシュモア山 (Mt. Rushmore) が 近くにある。その名のとおり、風の洞穴 (cave) が トレードマークになっているが、その洞穴は ボックスワーク (boxwork) と呼ばれる薄板状の方解石脈がつくる立体構造で知られるが、総延長は 214km という巨大なものである。しかし、その巨大な洞窟が外気と通じる穴は極めて小さなものがあるだけで、そこには洞穴内部の気圧と外気圧との気圧差によって起こる かなりのスピードの風 (barometric winds) が吹くという珍しい現象が見られる。洞窟内には 公園のレンジャーがガイドするツアーに参加することで入ることが出来る。一方、地上はカスター州立公園に接する草原地帯で、ワピチ、バイソン、プロングホーン、プレーリードッグなどが生息している。また、ハイキングコースが多数あり、そうした野生動物を見ながらのハイキングやピクニックを楽しむことも出来る。(写真撮影: 2009/06/28)
www.mamejiten.com - all rights reserved Expedia - 最低価格保証 世界最大の旅行サイト 本 HP 利用上の注意