豆辞典 トップ > 為替と外貨預金

他の豆辞典
ホーム 用語集 需要と供給 金利と物の値段 リスクとリターン 株式投資<
為替と外貨預金
最近は銀行に行かなくともインターネット・バンキングで簡単に外貨預金口座を作ることも出来る。日本円口座から振り替えるか、もしくは、外貨を送金することで 米ドル建て (ユーロ建て、豪ドル建てなども) の普通預金や定期預金、マネーマーケットなどでの資金の運用が可能になった。

数年前は 日本の預金金利が ゼロに近いような状況でも 6ヶ月から 3年の定期預金で 3.5% - 5.5% の利息の付くドル建ての外貨預金やマネーマーケットには為替手数料と為替リスクはあったものの それなりの メリットがあるように見えた。まず、為替手数料は、円貨を外貨に替える際の為替レートである TTS と外貨を円貨に替える際の為替レートである TTB の差は 最も小さい米ドルの場合で 通常 1 - 2円 (約 1 - 2%) だから、1年くらいの定期預金では それだけでメリットがなくなってしまったが、ソニーバンクのような銀行 (手数料 20 - 25銭) を利用することで (2006年の時点では) 大幅に低く抑えることが出来るようになっていた。一方、為替リスクは 円貨と外貨の交換レートで絶えず変動するから 円貨を外貨に外貨を円貨に替える際の為替レートの差が為替差益や差損になる。円安になれば為替差益が生じ、円高では為替差損が生じるという構図は、常に 変化のないものである。

為替レートもランダムウォーク理論で動くから、それを予測して短期的に利益を出そうとするのは 愚かな行為だが、二国間の為替レートは、購買力平価 (Purchasing Power Parity) というメカニズムで長期的には均衡すると考えられるので、二国間の物価上昇率の違いを考えれば、数年前には 円が ドルに対して徐々に強くなる傾向にあると考えるのが自然で、ドル建て預金はそんなに有利な運用方法ではないと言えた訳だ。それでも金利差があれば 多少の円高は容認出来る状態だったから、米ドルで資金を運用した人も少なくなかった。

    2002年のはじめには日本の株式市場が底値をつけ、円が ドルに対して売られて円安が進行した。しかし、その後は 円が買われて暫くは105円前後の円高基調で推移。そして、2006 - 2007年にかけて 再び 円安が進行した。従って、この 2002 - 2003年、また、2006 - 2007年の間にドル建て預金を始めた人達は 悪い結果になったが、逆に 2000年前後、また、2005年前後にドル建て預金を始めた人は良い結果なった訳だ。だが、2007年以降は 一気に円高が進んだから その後にドル建て預金を始めた人は酷い状況を経験したはずだ。

円ドル為替レート
円・ドル為替レートの推移

当然、海外の株式や債券などに投資をする投資信託も外貨預金と同じリスクとデメリットに直面することになる。しかし、為替リスクに見合ったハイリターンが期待出来るのであれば、そうしたファンドへの投資は 決して悪いアイデアではない。歴史的に見ても 昨今の円高は かなりのもので 更なる 円高のリスクは低減していると (ランダムウォーク理論に矛盾するコメントではあるが) 考えたい局面ではある。

例えば、ブリックス (BRICs) の株式市場やベンチャー・キャピタルが投資の対象になっているファンドであれば、通貨の切り上げも追い風だから、魅力を感じる人は少なくないだろう。ただし、為替リスクやその他コストを十分認識した上で全体の資産の運用の1オプションとして、こうした投資を考えることが重要だ。繰り返しになるが、投資は リスクの分散が基本だから。
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意