豆辞典 トップ > 株式投資の基礎知識

他の豆辞典
ホーム 用語集 需要と供給 金利と物の値段 リスクとリターン 為替と外貨預金
株式投資の基礎知識
株式市場への投資は 正しく行えば 健全な投資という意味からも 賢い選択と言えるはずだが、株に投資をする人に まず 知っておいて欲しいのがランダムウォーク理論 (Efficient Market Hypothesis - EMH とも言われる) である。投資の際、誰もが考えることが最も効率の良い投資。例えば、インデックスを上回るリターンの実現だ。しかし、そうしたことがある手法を用いて常にできるような状況にあれば、マーケットは非効率 (inefficient) ということになる。ランダムウォーク理論では 市場は効率的 (efficient) で 株価は常に すべての情報を的確に反映したものになっていて、特定の手法で株価を予測することはできないと言っている。つまり、色々な情報が効率良く、合理的に反映されたものが 現在の株価だという仮説である。1970年に Eugene Fama が提唱した極めて重要な仮説で、学者や識者の間でも 基本的に この仮説が正しいと考えられている。

もちろん、インサイダー取引などで利益を出そうとする人達も居る訳だから、市場の効率性には常に疑問が残るのは否めない。しかし、一般投資家にとっては 尚更 市場の効率性を上回る情報入手とその解析ができる訳ではないから、マーケットを上回るリターンの実現を目指すのは ある意味 愚かな行為とも言えるのだ。株式投資をゲーム感覚でやりたい人は別だが、株式インデックス (TOPIX や日経225など) ファンドへの投資がオススメな所以である。

概ね、特定銘柄に投資をしている人達の約半分弱がインデックスより好成績で、残りの半分強はインデックスより成績が悪くなると考えるべきだ。好成績を出した人がどう考えるかは別として Fama の説が正しいとすると その人達は運が良かったことになる。 
    従って、株式への投資は マーケット全体がどうなるのかという見地から見て、投資をするか否かを決めることが得策。株式投資のリスクは 歴史的に見ると高いと言わざるを得ず、特に、日本の株式市場は バブル期に急激に値を上げたこともあって、それ以降の投資環境はひどい状況にある。日経平均株価で見ると右のグラフのとおり、25年程前の指数と昨今の指数が同じレベルにあることになる。また、ピーク時から見ると三分の一以下にまで下がった時期もあった。

日経平均株価の推移

株式投資の是非を考える時に 現在 株式市場全体がどのような評価を受けているのかということから考えてみる必要があるだろう。常識の範囲で考えて、ほぼ底を見た、そして適正な評価、もしくは、過小評価されていると考えるのであれば、中長期的に投資を行うことをベースにインデックスファンドなどに投資をすることが賢い方法だろう。(売買のタイミングを論じるのは、ランダムウォーク理論にやや反するコメントではあるが。) 日本の株式市場は例外であるが、世界的に 長期的な観点から見れば、株式投資は 大変有利な投資先ということが証明されている。
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意