コンテンツ目次

局外者がプレーに関与した時(ルール解説)

このページのコンテンツ
• はじめに
• 局外者とは(言葉の定義)
• 局外者がプレーに関与するケース
• 間違い易い注意点
• 新・ゴルフルール (2019年 ~ )

はじめに


局外者同伴競技者や隣のホールをプレーしている人によって自分のボールが動かされてしまったり、犬や猫、また、カラスなどがボールを動かすこと、さらには、ボールを持ち去ってしまうこともある。そのように、部外者がプレーに影響を及ぼすことがあるが、ルールブックには そうした時の規則と対処法が(規則 19-1)明記されている。 そうした部外者 及び それに類するものをルールでは 局外者(Outside agency)と定義しているが、まず、当該ルールを理解する上で 最初に知っておくべきことが 局外者という用語の正確な定義である。

局外者とは(言葉の定義)


局外者とは プレーヤーと そのキャディー(チーム競技の場合は そのパートナーを含む)など、所謂、競技者サイドの人 と その携帯品(ボール、クラブ、バック、カートなど)を除く 人、用具、動いてきたもの、動物などであると ルールでは定義している。ただし、マッチ・プレーでは 対戦相手サイドの人と携帯品は その対象から除外される。

つまり、同伴競技者、観戦している人、フォアキャディー、動物(ミミズ、虫類、その他類似のものを除く)、風に飛ばされてきたものなどが局外者である。当然のことながら、風や水、それ自体は 局外者ではない。


局外者がプレーに関与するケース


さて、局外者がプレーに関与するケースには 以下 (A)、(B) の二通りがあるが、そのような時に どう対応すべきか、また、どんなペナルティが科される可能性があるか などについて 説明しよう。

局外者の関与の仕方 グリーンの外 グリーンの上
(A) ボールが局外者にぶつかった時 ラブ オブ ザ グリーンで そのまま プレー続行 ストロークを 取り消して 再プレー
(B) 局外者が止まったボールを動かした時 ボールが あったと思われる所に ボールをプレースして プレー続行

(A) の状況が グリーンの外で起きた場合、即ち、偶然に 動いているボールが その方向を変えられたり 止められた場合は ラブ オブ ザ グリーン で 誰にも罰はなく、そのボールはあるがままの状態でプレー続行となる。

豆介ラブ オブ ザ グリーン (Rub of the green) とは、直訳すればグリーン上にある(小さくて気づかないような)出っ張りや窪みのようなものという意味になるが、ゴルフ用語の一つで ルールブックには 「動いている球が 局外者により偶然に方向を変えられたり 止められた場合をいう」 と説明されている。コース上の出っ張りや窪みなどによって(運悪く or 運良く)ボールが予想外の動きをした時の状況を説明するのに便利な言葉(常套句)として しばしば使われる。» 詳細

グリーン上で ストロークされて転がったボールが 局外者によって方向を変えられたり、止められたりした場合は ラブ オブ ザ グリーン扱いにはならない。そのストロークが 取り消しとなり、ボールを 元あった場所に リプレースして再プレーをすることになる。ただし、例外的に ピンにアテンドした人、或いは パットを した人か そのキャディー、パートナーによって持ち運ばれた物にボールが当たった場合は別である。二打罰が科され、ボールが止まった所から そのボールを プレーすることになる。

他方、(B) のケースは グリーンの外も上も同じで 元あったと思われる所にボールを プレースして プレーをすることになる。静止しているボールに 飛んできたボール(局外者)が当たって動いた場合などが このケースに該当する。カラスのような局外者がボールを持ち去ってしまった場合は ボールが無くなってしまう訳であるが、そうした場合も 無罰でボールがあったと思われる所にボールを プレースして プレーを続行できる。ただし、そのルールを適用するには局外者がボールを持ち去ったことが分っているか、ほぼ確実でなければならないと決められている。従って、それが分っていなかったり、ほぼ確実でない場合は ロストボール 扱いになる。


間違い易い注意点


グリーン上のボールが動いた場合は 混乱しやすい状況だから ここで整理しておこう。風によってボールが動いた場合はボールを元の位置に戻すことなく そのボールが止まったところからプレーをする必要があるが、風に飛ばされてきた小枝、紙、空き缶、ビニール袋といった(局外者に該当する)ものによって動かされた場合は 元の場所にボールを リプレースしてから プレーをしなければならない。(» ボールが動いてしまった時の処置)いずれの場合も 間違った対応や処置をすれば、誤所からのプレーで 二打罰のペナルティが科される。

なお、誤所からのプレーを指摘されたり、それにプレー後 気が付いたりしても、通常はプレーをやり直す必要はないが、誤所からのプレーが重大な違反である場合は 正しいと思われる場所から プレーし直す必要がある。また、重大な違反かどうかが定かでない場合は、最初のボールをそのままホールアウトした後に セコンド・ボールを正しいと思われる場所からプレーし、その状況を 競技委員に報告し、判断を仰ぐことになる。つまり、疑わしい場合は 二つのボールをプレーすれば良い訳だ。 » 誤所からのプレー

因みに、ボールの後ろにマーカーを置いた状態でも、ボールを リプレースするという動作が完了していれば、マーカーがボールの後ろにあると言う事実に関係なく、そのボールは インプレーと言うことになり、風(局外者でないもの)によってボールが動かされた場合は ボールを 元あった場所にリプレースせずに(新たにボールが止まった所から)プレーをしなければならない。誤所からのプレーをし易いケースだから 気をつけよう。

ところで、グリーンの外で ボールが 局外者の中、または、上に止まったりすることがあるが、そのような場合は、ボールが止まった所の真下にできるだけ近く ホールに近づかない所に スルーザグリーンやハザード内では ボールをドロップして、また、グリーン上ではボールを プレースしてプレーを続けなければならないと定められている。





www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意