コンテンツ目次

救済に係わる ゴルフルール

このページのコンテンツ
• はじめに
• 救済を受ける理由
 (A) OB、ロストボール
 (B) アンプレヤブル
 (C) ウォーターハザード
 (D) 異常なグラウンド状態など
• 補足説明
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ゴルフでは様々な理由で プレー中に救済 (relief) を 受ける。例えば、(1) ボールが物理的に打てない時、(2) ボールを打つことが困難な時、(3) 修理地、障害物、カート道、カジュアル・ウォーターなど、本来あるべきではないものがプレーに影響を及ぼす時などは 救済に係わる様々なルールを適用することが出来る。ただし、救済には 1打罰のペナルティの下に行われるものと 無罰のものがあること、また、救済を 受けるか 否かを プレーヤーが 選択出来るケースと そうでないケースがあること、さらには、救済措置に選択肢が幾つかあることが多い。従って、関連ルールを熟知し ルールに違反することなく しかも 自分に 最も有利と思われる処置が出来るような判断力を身に付けることが望まれる。

救済を受ける理由


救済を受けられるケースを 整理すると下表のようになるが、表はダメージの大きなものを上から順に列挙した形になっている。(ただし、E は補足)つまり、(A) は 1打罰の救済を受けなければならないケースだが、実質のダメージは 距離とストロークだから 2打のダメージになるものである。(B) と (C) は 最悪 実質のダメージが (A) と同じ 2打になることもあるが、多くの場合、距離をゲインできるから 救済を受ける場合は 1打以上 2打未満のダメージ、そして、救済を受けなくて済めば 実質 1打罰未満のダメージになるだろう。(D) は救済を受ければ 殆ど ダメージな もしくは 多少 ライが良くなることで 有利になることもあるケースだ。最後の (E) は 救済とは言えないかも知れないが、1打罰が課され、救済を受ける時と類似の処置をするケースである。

救済を受ける理由 無罰 1打罰の救済
救済適用 救済非適用 選択肢あり 選択肢なし
(A) OB、ロストボール      
(B) アンプレヤブル    
(C) ウォーターハザード    
(D) 異常なグラウンド状態など    
(E) ルール違反の処置      


(A) OB、ロストボール


救済まず、(A) の OBロストボールは 本来 ストロークと距離の措置を行なうべきものだが、社内コンペなど 公式競技以外では 前進 2打罰のローカル・ルールに従ってボールをドロップか プレースして プレーを続行することもある。特設ティーから ティーアップが許されるローカル・ルールもあるが、本来のゴルフの精神に照らし合わせると 如何なものかと言わざるを得ない。とは言え、競技で決められたローカル・ルールがある場合は そのルールの範囲内で自分に最も有利な処置をすべきであろう。

(B) アンプレヤブル


深い藪や木が邪魔をするなどのケースでは アンプレヤブル宣言して救済を受けても良いが、無理をすれば打てるから 1打罰の救済よりは そのままプレーをすることが有利と判断すれば、救済を受けないでプレー続行となる。 ただし、空振りや打っては見たもののトラブルから脱出できないなどのリスクが十分に予想される場合は 救済を受けることが賢い選択になる訳だ。


(C) ウォーターハザード


ウォーター・ハザードにボールが入ってしまった場合も 同様に 無理をすれば打てるから 1打罰の救済よりは有利と判断すれば プレーをすることになる。勿論、ハザード内のプレーに係わる(ソールやルースインペディメント関連の)禁止行為が適用されるので、そのような場合は 細心の注意を払ってプレーをする必要があろう。

(D) 異常なグラウンド状態など


異常なグラウンド状態などとは 本来あるべきではない修理地やカート道、カジュアル・ウォーター、動かせない障害物が プレーに影響を及ぼすケースで、いずれの場合も まず 救済を受けるか否かの選択肢が与えられる。救済を受ける場合は 救済の二アレスト・ポイントから ホールに近づかない範囲で 1クラブ・レングス内にボールをドロップすることになる。しかし、こうしたケースは救済を受けずにプレーをすることも可能で、救済を受けてボールをドロップした結果が 救済を受ける前のライやターゲットとの位置関係よりも不利な状態になる可能性などのプラス・マイナスとリスクを勘案し、どうするかを決めるべきだ。もちろん、救済を受ける場合は ルールが許す範囲で 自分に最も有利なところにボールを ドロップすべきであるが、このような救済を受ける場合は 救済を受ける理由になったものの影響が完全になくなる救済、即ち、「完全な救済」 を受けなければならない。例えば、少しでも有利なショット・アングルを考えて、スタンスがカート道路に少しかかるが ボールを 取り敢えず 道路の外にドロップするというような 中途半端な 救済は受けられない。救済のニヤレスト・ポイントは その考え方に基づいて決められなければならない。


補足説明


上のテーブルに表記した (E) のルール違反とは a. ボールを動かしてしまった時b. 二度打ち、c. 誤球 をした時などが該当し、ルールに従ってボールを 元あった所にリプレースするか、ボールをドロップする、または、プレーを そのまま続行するという処置を取ることになる。なお、原則、a、b のように ルールを守ろうとする意思はあるが うっかり犯すルール違反は 1打罰であるが、c のような 不注意も含め、ルールを尊守しない違反には 2打罰(マッチプレーでは そのホールの負け)というペナルティーが課される。

なお、救済を受けた時の処置に関する選択肢の詳細説明については、補足文章中のリンクをクリックで見ることが出来るので、そちらも参考にして下さい。



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意