コンテンツ目次



ボールが見つからない時(ルール解説)

このページのコンテンツ
• はじめに
• 簡易(非公式)ルール
• スコアやハンデ計算への影響
• 救済が受けられる時 - 付帯説明
• 新・ゴルフルール (2019年 ~ )

はじめに


探す自分の打ったボールが見つからないことがある。公式競技では ロストボール(紛失球)で ストロークと距離 (stroke and distance) に基づく処置 をして プレー続行となる。つまり、ティ・ショットなら その打ち直し、そうでなければ そのボールを 最後にプレーした所の出来るだけ近くに 別のボールを ドロップし、1打罰で プレー続行となる。一方、自分の打ったボールがなくなりそうだと判断した時は 暫定球(provisional ball) を打つことが許されるから その可能性があると判断した時は そうすることが 望ましい。

簡易(非公式)ルール


しかし、普通は ボールがなくなるケースではないから 前進したが 幾ら探しても ボールが見つからないこともある。そんな時、練習ラウンドなど カジュアルなラウンドでは 一々戻ってプレーをするのではなく、OB の前進四打と同様の ローカル・ルール的な処置をして プレーをするのが 一般的で 多くの熟練ゴルファーが 初心者に教える ボールが見つからない時の対処法である。(救済が受けられることもあるが その説明は 後述)勿論、正式なルールに従った対処法ではないが、このような方法は 適度な公正さを保持しながらも 好ましいプレーのペースを キープできる簡易・ルールとして 公式競技以外では 採用すべきものである。そのガイドラインとして 非公式なものだが オススメなものが 以下の対処法である。

(1)

ティ・ショットであれば OB 同様、ロスト・ボールも 前進ティ(それがなければ 一般的に それがありそうな フェアウェイの適当な所)から 前進四打で プレーを続行する。ただし、暫定球を打った場合や 打ち直しをした場合は その限りでない。

(2) ティ・ショット以外で ボールが見つからない場合は OB または ロストしたと思われる場所に最も近いフェアウェイの適当な所から 前進二打罰で プレーを続行する。ただし、その場合も 暫定球を打ったり 打ち直しをした場合は その限りでない。

なお、前進ティからのプレーに際しては ティ・アップして打つことが出来るのか、それとも ボールを ドロップして プレーすべきか、疑問を持つ人も少なくないと思うが、慣例としては(元々正式なルールに準拠していないので ルール上の正式な見解は存在しないが)ティなので ティ・アップ出来る と考えられている。しかし、前進して二打罰で打つという処置自体が 寛大な救済であることを考えれば さらに 有利な処置を許すのは 好ましいものとは言い難いものだ。いずれにせよ、コンペなどで 当該 ローカル・ルールを採用する場合は(出来ればボールを ドロップしてプレーするルールとすることが好ましいが)その点を 明確にすべきである。

スコアやハンデ計算への影響


ティ・ショットを ミスした時の前進四打は 打ち直したショットが ナイス・ショットであったかのような所から四打目を打つ訳だから、その選択肢がある場合は 打ち直しより その方が有利なことは言うまでもない。本来のルールに従って打ち直せば、次のショットで OB するなどの大きなミス・ショットをする可能性も含め ナイス・ショットが出来ない可能性は レベルによって差はあるが かなり 高いはずだから 前進四打で ラウンドしたスコアは 本物とは言えない という指摘もある。確かに その通りではある。

しかし、ハンデの基礎知識のページでも説明しているように(» 詳細)ハンディキャップの計算では 各ホールごとの最大ストロークの調整を Equitable Stroke Control のルールに従って行い、そのスコアを使って計算する訳だから ハンデ計算用のスコア的には 前述の簡易ルールでプレーをしても 然程 大きな差が出る訳ではない。

以上のようなことを勘案すれば 前述の簡易ルールは 公式なものではないが その性質やスコアへの影響を良く理解した上で 上手に活用すれば ゴルファーの技量判定のためのスコアを出すことも可能である。加えて、初心者やハイ・ハンデのゴルファーが多数参加するコンペのルールとして、また、仲間通しで カジュアルなラウンドだが 握りをする場合のルールとしても この簡易ルールで プレーをすることは 予め 参加者全員に その内容を告知しておけば 十分に 公平なものになると言えよう。


救済が受けられる時 - 付帯説明


ところで、ロストボールは 正確には ボールを捜し始めてから 5分以内にボールが見つからない、もしくは、自分のボールだと確認できない場合が それに該当するが、例えば、自分のボールらしいものが木の上や藪の中に見えても それが自分のボールであるという確認が出来なければ ロストボールになる。また、5分間 ボールを探す前でも プレーヤーが ボールは見つからないと判断し、ルールに従って ロストボールに従った処置をして(暫定球でない)新しいボールを打った時点で ロストボールが確定する。

一方、ボールが見つからない時 もしくは 自分のボールであることが確認できない場合でも (1) 見つからないボールが障害物の中にある (規則 24-3) あるいは 異常なグラウンド状態の中にある (規則 25-1c) ことが分っているか ほぼ確実な場合、(2) 局外者によってボールが持ち去られたり、紛失させられた場合 (規則 18-1) あるいは ウォーターハザードに入った (規則 26-1) ことが分っているか ほぼ確実な場合などは 例外で、そのプレーヤーは 適用できる規則に基づく処置をとることができる。

例えば、見える場所にある動かせない障害物や修理地、カジュアル・ウォーターなどにボールが入ったことが確認できており、そこで ボールを見つけ出すことが出来ない場合は その障害物 もしくは 修理地などに入ったポイントを 救済の二アレスト・ポイント とし 罰なしの救済を受けることが出来る。

他方、前述の例外に該当する場所でも ブラインドになって見えないものの場合は そこに入ることしか考えられないような特殊なケース(例えば、池以外には何もない場所など)を除き、救済を受けることは出来ない。池の周りにブッシュがあるようなケースは ブッシュに入ってボールを見つけることが出来ない可能性もある訳だから ウォーターハザードの救済措置の対象にはならず、ロストボール扱いになると言うことだ。不公平さを感じる人も居ようが 理不尽なことも時にはあるのが ゴルフの本質なのだ。

いずれにしても、ロストボールには 実質 2打罰のダメージがある訳だから ミス・ショットをした時には 頭に血が上るような状況でも ボールの行方を 確り 見ておく必要がある。同伴者が 自分のボールの行方を良く見ていないことは 少なくないし、仮に ロストボールにならなくとも 良くボールを見ておけば 不必要な ボール捜しに長時間を費やせば 自分のプレーのペースを乱すことになるし、同伴プレーヤーに迷惑をかける結果にもなる。ブッシュに ボールが入ってしまうようなケースは ブッシュの何処にボールが入ったかを 良く見ておいて 限られた範囲のブッシュだけを対象にボール探しを(念入りに)すれば良いように ボールの行方を最後まで追って その状況を 記憶に残す癖を付けるようにしたい。



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意