コンテンツ目次

プレー中にボールを拾い上げる時(ルール解説)

このページのコンテンツ
• はじめに
• ボールを拾い上げる理由
• ボールを綺麗にできるケース
• ボールを綺麗にできないケース
• プリファード・ライのルール
• 新・ゴルフルール (2019年 ~ )

はじめに


ボールをマーク プレー中に 自分のボールを何らかの理由で(通常はマークをしてから)拾い上げることがある。しかし、そんな時に ボールを綺麗に出来るか、そうでないのか、また、ボールを プレースするのか、それとも ドロップするのかなど、その対処の仕方はボールを拾い上げる理由によって異なる。そして、その対応を間違えば ペナルティが 科されることもある。そこで、ここではプレー中にボールを拾い上げる時に 間違いを犯さないよう、関連ルールと対処法について、少し詳しく説明する。

ボールを拾い上げる理由


下表は ボールを拾い上げる理由別の対処法を まとめたものだが、これからも分かるように ボールを拾い上げる理由も 対処の仕方も 様々である。

ボールを 拾い上げる理由 綺麗に 置き方
1) グリーン上のボールをマークした時 リプレース
2) ハザードや修理地などの理由で 救済を受けた時 ドロップ
3) 自分のボールであるかどうか拾い上げないと確認できない時 不可 リプレース
4) ボールが傷などでプレーに適さない状態かどうか確認する時 不可 リプレース
5) 自分のボールが他のプレーヤーのプレーに影響を及ぼす時 不可 リプレース
6) ローカルルールで(例えば、6インチ)ボールを動かせる時 プレース


ボールを綺麗にできるケース


まず、グリーン上でボールをマークして 拾い上げることは 最も 頻繁に行われることで 今更 その対処法を説明する必要は 然程 ないと思うが、ボールのマークの仕方やリプレースの仕方など(» グリーン上での重要なルール)については 一度 良く確認しておくと良いだろう。因みに、ボールのマークは ボールマーカー (小さなコインや 同様の物が好ましい) をボールの真後ろに置いてマークすべきだとルールブックには記されている。ただし、ティーやルースインペディメントを使用したり、真後ろではなく、横や前にマーカーを置いてマークをしても ルール違反ではない。また、裁定集には このルールに関して 具体的に ボールから 2インチ(5 センチ)ほど離してボールの位置をマークする行為が(その位置を正確にマークしたものとは認められないので その都度)1打罰に該当するルール違反だとも記されている。また、リプレース後、ボールが動いてしまう可能性のあるライにあるボールの場合などは 細心の注意を要するので 関連ルールは熟知しておきたいものだ。ボールマーカーを置いておいても、ボールのリプレース後に自然と動いたボールは(無罰で)元の位置に戻さず、新たにボールが止まった所からプレーをしなければならない。

次に良くあるケースは ウォーターハザード、アンプレヤブルなライ、そして、修理地などからの救済でボールを 拾い上げるケースだろう。そうした場合は ペナルティが科せられるケースであろうと なかろうと ボールを綺麗にすることが出来、ボールはルールに従って 正しく ドロップしなければならない。(» ボールのドロップの仕方)なお、救済を受ける場合は 必ず ボールの位置、または、救済の二アレストポイントを 正しくマークしてから ボールを拾い上げるのが原則で、それを怠れば 1打罰のペナルティが 科されることもあるから要注意である。


ボールを綺麗にできないケース


一方、通常は 拾い上げることが出来ないが ボールの確認や他のプレーヤーの邪魔にならないようにという理由でボールを拾い上げる場合(上表の 3, 4, 5 の理由)は ボールを拾い上げる前のライに出来る限り近い状態を 再現する必要があり、ボールを綺麗にすることは出来ず、ボールは リプレースされなければならない。

ただし、3) のケースで、ボールに付いている泥のために 自分のボールかどうかを確認出来ない時は 確認に必要な最小限の泥を取り除くことが出来る。2008年のルール改定で ハザード内でもボールの確認の為にボールを拾い上げることが出来るようになり、それに伴って、誤球のルールも一部変更されたので、その点も 間違いのないよう注意して欲しい。 » 詳細

なお、4) のプレー中のボールに傷がついてボールが プレーに適さない状況だと考えられる時は ボールを拾い上げることが出来るが、その結果、ボールが プレーに適さない状況であることが確認出来れば ホールアウトする前であっても、ルール(規則 5-3)に従って 別のボールに取り替えることが出来る。 » 詳細

また、ボールが二つ並んでいる時や同伴プレーヤーのプレーの線上に自分のボールがある時などが 5)のケースに該当する時である。同伴プレーヤーに退けるよう依頼された時は 元の状況が再現できるようボールをマークして、ボールに付着している土や草などが取れないよう注意して、摘み上げるように拾い上げることになる。同伴プレーヤーのプレーが済んだら 出来る限り 元の状態を再現するように ボールをリプレースする。


プリファード・ライのルール


最後になるが、プリファード・ライ(preferred lies)のルールが採用されて 6 インチ、または、ワンクラブ・レングスの範囲でボールを動かせる場合は ボールを綺麗に出来る。ただし、ボールを動かして良いのは 原則 1回で、その処理の間に、ボールを綺麗にすることが許される訳だ。当該ルールの運用は厳格になされないことも多いと思うが、1度プレースし終わったボールを その後に 再度 動かした場合は その都度 1打罰が科される。勿論、このローカル・ルールがある場合は そのルールに従って 自分に最も有利な処置が出来訳だから、それを 1回のプレースメントで確り完了させるよう、注意を払って行うべきである。因みに、プロのトーナメントでも 雨の日や雨が激しく降った後のラウンドでは、プリファード・ライのローカル・ルールが採用されることは 珍しくない。 » ローカル・ルールとは



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意