コンテンツ目次






バックスピンの秘密

このページのコンテンツ
• はじめに
• ゴルフボールのスピンの実態
• バックスピンと揚力
• ボール の硬さとバックスピンの関係
• バックスピンで止まるボール
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


パターから ドライバーまで どんな ゴルフクラブでも 必ず ロフトがあるから ボールを打った時には 回転量の差こそあれ バックスピンがかかる。また、クラブフェースを オープンにしたり、クローズドにしたりしてボールを打てば サイドスピンがかかって ボールは空中で(スライスや フックなど)左右に曲がることになる。

もちろん、どんなクラブとボールを使うか、また、どのような打ち方をするかによって スピンの仕方(回転軸の方向とスピンの量)は大きく変化するが、目的に応じて 最適なスピンがある訳で、上級者は そうしたことまで考慮して クラブやボールを選び、打ち方を工夫することになる。例えば、ドライバー・ショットで 飛距離を 最大にするには 10〜14°のボールの打ち出し角で バックスピンを 2,200〜2,600 回転/毎分(RPM)になるようにするのが(キャロウェイ ゴルフによれば)望ましいし、ウェッジで ボールを キュキュッ とバックさせるような ショットをするためには 10,000 RPM 前後のバックスピンが必要になる。

ゴルフボールのスピンの実態

三方向のスピン
一方、ボールが その進行方向に対して 前後左右に傾いていない水平な軸を中心に回転していれば ボールは純粋なバックスピンをすることになるが、人間がボールの横に立って、斜めに傾いたプレーンの上を クラブヘッドが様々な軌道(アウトサイド・イン、インサイド・アウトなど)とフェース面の傾き(オープン、クローズド)で ボールにコンタクトをする訳だから、少し傾いた軸を中心に ボールは回転することになる。結果として、バックスピンに 図のような サイドスピンやライフルスピンの要素が入ることになり、そのスピンの軸の傾きの程度によって、様々な弾道のボールが出ることになる。多くのゴルファーの悩みの種であるスライスは サイドスピンによって起こるもので 図の青のラインの方向のスピンが その原因だ。

かなり大雑把な数字であるが、ターゲットに対してフェース面を 3°オープンにして、ドライバーでボールを打てば、バックスピン = 3,000 RPM に対して、サイドスピン = 600~800 RPM、そして、ライフルスピン = 50〜80 RPM といったスピンになるそうだ。同様なことを 9番アイアンですれば それが B = 8,000 RPM、S = 200 RPM、R = 200 RPM くらいの数字になるという。いずれにしても、実際のボールのスピンには ライフル銃の球の回転のような ボールの進行方向の軸に対する(グリーン方向の)回転もあって、本来、ボールの挙動は オレンジの矢印方向のバックスピンと合わせ、計三方向の回転の影響を受けるというのが実態だ。


バックスピンと揚力


揚力とは言え、ゴルフボールの挙動を理解する上で 最も重要なスピンは バックスピンである。そして、バックスピンについて まず 知っておきたいことは バックスピンと揚力、即ち、空中でボールが浮き上がろうとする力の関係である。バックスピンがかかったボールでは 図のように ボールの上の空気層が回転に助けられてより早く流れるのに対し、ボールの下の空気層では ボールの回転の動きによって流れが阻害され 流速が落ちるという現象が起きる。その結果、ボールの下の方の空気の圧力が 上からの圧力より大きくなって、下から上に向かってボールを浮き上がらせる力、揚力が発生する。また、同様の原理で、サイドスピンがあれば、ボールは左右に曲がることになる。

さて、前述のドライバー・ショットで 飛距離を 最大にするためには 10~14°のボールの打ち出し角で スピン量が 2,200~2,600 RPM になるのが 最適と書いたが、それはボールが進行方向に進もうとする力と揚力が 上手くバランスした時に 最適化され 飛距離が最大になるということを 意味するものだ。下図を見て欲しいが、打ち出し角が 低過ぎたり スピン量が不足していれば ボールは 早くドロップしてしまうし(赤の弾道)逆に 打ち出し角が 高過ぎたり、スピン量が多過ぎれば ボールは吹き上がってしまい(緑の弾道)飛距離を伸ばすことはできなくなる。

ドライバーの飛距離とバックスピン量の関係

最近のドライバーは 重心が低く、重心深度の深いクラブという設計コンセプトで高弾道、低スピンというアプローチのクラブが多く出回っているが、それは重心深度の深いクラブのギア効果(詳細後述)の利点を上手く使うことが出来るからである。

ギア効果(横方向)ギア効果とは トウサイドで打ったボールが フック系の球に(右イラスト参照)また、ヒールサイドで打ったものは スライス系の球になるようなボールのスピンに係わる効果だが、打ち損ねたボールを ターゲットに戻したり、ボールを故意に左右に曲げたりするのに極めて有効な現象で、これは ヘッドの重心深度、フェースのどこにボールが当たるか(オフ・センターの度合い)、そして、ヘッド・スピードによって決まると言われている。一昔前に メタルウッドが上級者に好まれなかった理由は、スチール製のメタルウッドの重心深度が浅いので そうしたボールのコントロールが思うように出来なかったためである。また、フェースの水平方向の丸み(バルジ)は、そうした現象を考慮して、フックするボールが 最初は右に出て 空中でセンターに戻るという形で 方向性が良くなるようにと考えられた工夫の表れである。

ギア効果(縦方向)最近のドライバーは 低重心のクラブが主流になっているが、そうしたモデルは 左右のギア効果だけでなく 上下の丸み(ロール)からの ギア効果(右イラスト参照)を上手く利用して スピン量を抑えながらも 高弾道のボールが打てる という設計コンセプトを取り入れたものだ。重心深度がある程度以上のドライバーやフェアウェイウッドのようなクラブでは 低重心にすれば ギア効果を生むフェース面積を フェース上部だけでなく 中心に近いところまで広げることが出来、そうしたデザインで 安定して飛距離の出るボールが打てるように工夫しているクラブが多い。また、高弾道・低スピンで 飛ぶボールを 打てる工夫としては、より低重心にして重心深度を浅くするという選択肢もあり、クラブによってはそうしたデザイン・コンセプトで製造されているものもある。低重心のメリットは ギア効果を生むフェース面積をフェース上部だけでなく、中心に近いところまで広げることが出来るから 高弾道・低スピンという(飛ぶ)ボールをクラブフェースのスウィート・スポットかそれよりも少し上で打つ限り 打つことが出来ることである。さらに、スウィート・スポットより下にボールが当たるような 普通なら 低い弾道になるショットでも ある程度ボールを上げてくれるという 優れたクラブになるというメリットもある訳だ。一昔前のクラブは 高弾道にすれば 高スピンになってボールが吹き上がり飛ばすことが出来なかった訳だが、この設計コンセプトによって(特に、バックスピン過多で 飛距離を伸ばすことが出来なかった人は かなり 飛躍的に)ボールを飛ばすことが出来るようになった。 » ギア効果 (Gear Effect) 飛ぶボールを打つ鍵


ボールの硬さとバックスピンの関係


一方、ゴルフボールを打った時のボールの初速とパックスピン量、および、揚力、即ち、弾道と飛距離は ゴルフクラブのスペック(主に、ロフト、重心深度、シャフトのキックポイント、フェース面の形状や反発係数、グルーブ)と ゴルフボールのスペック(主に、コアの硬さ、カバーの特性、ディンプルの形状やパターン)、そして、スイング(主に、ヘッドスピード、ボールが コンタクトするポイント、スイング軌道、フェース面の向き)に左右される。

中でも、ゴルフボールの硬さとスピン量、ならびに、ボールが打ち出される初速の関係は注目に値するものだ。まず、ボールの硬さについては 1)ドライバーでのフル・スイングのように早いヘッドスピードでボールを打った時のボールの硬さと 2) ロフトのあるウェッジのようなクラブでボール打ったり、チップショットやパットの時に感じるボールの硬さ の二通りがある。

ドライバー・ショットのように ロフトの小さいクラブで速いヘッドスピードのショットをした場合、クラブヘッドにボールがコンタクトする瞬間に ボールはつぶれるように変形するが、その変形の度合いを示すものが コンプレッションである。通常、ボールの初速は コンプレッションの大きなものの方が早くなるものの、バックスピンが必要以上に多くなるという難点がある。また、ルールでボールの初速は 指定された条件下で測定された時、規定されている上限(R&Aテスト内規)を越えてはならないと定められているので、その条件内で 飛距離が伸びるよう コアのコンプレッションやディンプルに 様々な工夫がなされている。

他方、ロフトのあるウェッジのようなクラブでボールを打つ場合は 逆に バックスピンが多くなる方が 通常は 望ましいし、柔らかな打感のボールが好まれる傾向もあり、飛距離が重要なショットに望ましいボールの特性とは異なったニーズがある。そうしたバックスピン性能や柔らかな感触の多くは カバーの素材の材質に大きく依存するものだ。カバーが柔らかく 弾力性のある(ウレタン樹脂の)ボールの場合は クラブフェースに彫ってあるグルーブ(溝)に そのカバーの素材が確り食い込んでスピンが良くかかる訳だが、比較的硬く 弾力性に欠けるサーリン・カバーのツーピース・ボール(比較的安価なボールは 殆どがこのタイプ)では そのスピン性能が 大きく落ちるという 現象が見られる。つまり、ウェッジでのショットやアプローチ・ショットは 使うボールによってスピン量が大きく異なるということである。言い換えれば、ツーピースのボールでは ショートゲームで バックスピンの良くかかったボールを打つことは難しいと言うことなのだ。 » 詳細


バックスピンで止まるボール


プロ・ゴルファーが ウェッジで 100ヤード前後のショットを打った時のスピン量は 10,000 RPM 以上になるが、そうしたボールが 柔らかいグリーンに落ちれば ボールが大きくバックすることになる。アマチュア・ゴルファーの中には そのようなボールを打つことが出来ない人も多いから テレビ中継などで そうした場面を見ると どうしたら あのようなボールが打てるのだろうと思って居る人も沢山居ることだろう。

バックスピンそうしたバックスピンをかけるメカニズムは 卓球のカット・ショットやテニスのスライス・ショットを打つメカニズムと同じで ボールの当たるフェース面を ボールを飛ばす方向に対して直角ではなく、45°~60° 程度 上に向け、ダウンブローにラケットやクラブを振ってボールに大きなスピンをかける訳だ。その時に ボールは フェースの向いている方向に飛び出すのではなく 図のように少し低い角度で飛び出すという現象が起きる。より多くのスピンをかけたければ ラケット面やクラブフェース面にボールが当たる瞬間に 大きくフェース面を(下ばかりではなく)前に加速して動かせば良い。フェース面の開き方とクラブの振り方でボールの飛び出す角度とスピード、そして、スピン量が決まるが、バックスピンの効いたショットを上手く打つためには それらを コントロールするコツを 何度もボールを打つことによって学ぶ必要がある。

具体的には、ロフトのあるクラブのフェースを少し開いて、ややオープン・スタンスでボールをスタンスの中心か 少し後ろ気味に置いて 体重を 7 : 3 - 6 : 4 の割で 左足よりに乗せて構え、ダウンブローにクラブヘッドを なるべくフェースが開いた状態で 加速させながら ボールとコンタクトするように(手首を返さないで フェース面の向きをあまり変えずに)ボディーターンを使って打つようにすれば 上手く行くはずだ。クラブのフェースを 少し開き バウンスを上手く使うえば、フェースの動きは 自然と 前に滑るように加速して動くことになるが、その手首を返さずにソールを地面にぶつけて クラブヘッドを前に滑らすように動かすテクニックを覚えれば(ただし、練習場のマットの上では練習し難いテクニック)少し低い弾道の よりスピンの効いたボールが打てるようになるだろう。それが出来れば 洋芝のフェアウェーでは 長く、薄いターフが取れるはずだ。

なお、以下の動画のように、あまり距離のない チップ・ショットや ピッチ・ショットでも ロフトのあるクラブのフェースを開いて ダウンブローにクラブを落とす打ち方で 比較的低い弾道のバックスピンの良くかかった(グリーン上ですぐに止まる)ボールを打つことも出来る。


ただし、同じ打ち方をしても ボールとクラブフェースが スイングを通じて 直接コンタクトすることが難しいラフからのショットでは スピン量が小さくなってしまう。そうしたショットでは、クラブフェースとボールの間に芝や芝から出る水が入り込むことが バックスピンが少なくなる理由であるが、溝の体積の大きな U グルーブ(角溝)のウェッジは その水の影響を 最小限にすることが出来る。そのため、そうしたクラブは 2010年から プロ・ゴルファーの競技では 使用禁止になった経緯がある。 » クラブフェースの溝に係わる新ルール








www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意