ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > クラブフェースの溝に係わる新ルール サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次

 
ゴルフ読書室

クラブフェースの溝に係わる新ルール


1985年に ピン社が角溝(Uグルーブ)のアイアン、ピン・アイツーを発売するまで クラブフェースの溝は 基本的に 全て V グルーブだったが、その後は スピン性能に優れる U グルーブのクラブが一般的になり、ウレタン・カバー、マルチ・レイヤーのゴルフボールの普及と共に ショートアイアンのスピン性能は飛躍的に改善された訳だ。

溝の構造しかし、ラフからでも かなりのバックスピンをかけることの出来る U グルーブは(ショットの正確性の恩恵を高めるという観点から)規制されるべきだという考え方で クラブフェースの溝は グルーブ幅が 0.035インチ(0.9mm)以下で 隣接する溝の端と端との間隔は グルーブの幅の三倍以上で 0.075インチ(1.905mm)以上でなければならないと定められている。

グルーブ形状の説明ところが、前述の規制では 不十分という考え方が支配的になり、2010年から トッププロのトーナメントで使用されるクラブに さらに新しい規制が適用されることになった。今まで許されていた 右図 (1) のような U グルーブの使用は ロフトが 25度以上のクラブでは 禁止になる。また、2014年からは 全てのプロ、そして、全米アマや日本アマなどのトップ・アマチュアの競技でも 同様のルールが適用されることになっている。ただし、2024年までは 一般のゴルファーには(競技ゴルフも含め)影響のないルール変更だから、すぐにアクションを取る必要のあるものではない。 JGA 説明

新ルールによって U グルーブが禁止になると思っている人も居るようだが、そういうことではなく、(2) のような形状のグルーブであれば ルール違反にはならないと言うことだ。具体的には、右図 (2) のように、新しい規制では 角溝のエッジに丸みを持たせることが要求されるが、その結果として、溝の容量も小さくなるということである。また、(3) のような V グルーブのクラブも使用が認められているが、今回の変更は、新ルール適合のクラブでは フェアウェイからのショットでは十分なスピンがかかるが、ラフからのショットでは十分なスピンがかけ難くなるから、ショットの正確性の恩恵を高めることが出来ると言う考え方に基づいたものだ。

この新しい規制では、30°測定法 (30° Method) と呼ばれる溝のエッジの仕様に係わる計測方法が導入されているが、より詳細な規制について興味のある方は、USGA の以下のページから Groove Measurement Procedure Outline をクリックしすれば その詳細を見ることも出来るので そちらをご覧下さい。 USGA - Test Protocols For Equipment


キャロウェイ・ウェッジ

クリーブランド・ウェッジ

タイトリスト・ウェッジ

テーラーメイド・ウェッジ

フォーティーン・ウェッジ

ブリヂストン・ウェッジ



 


読書室 トップ
トップに戻る
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意