ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > 球聖 ボビー・ジョーンズ サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約



球聖 ボビー・ジョーンズ
ボビー・ジョーンズの書籍ボビー・ジョーンズ、本名 Robert Tyre Jones Jr. (1902-1971) は 全米オープン、全英オープン、全米アマ、全英アマと 当時のメージャー・トーナメントを 全て同じ年 (1930年) に優勝した 唯一人の年間グランドスラマーである。(» グランドスラム) 1923年に最初のメージャー優勝となった全米オープンに勝ってから 1930年までの 僅か 8 シーズンの間に メージャー優勝 13回 (全米オープン 4回、全英オープン 3回、全米アマ 5回、全英アマ 1回) という偉業を成し遂げたが、そのペースは 後にグランドスラマーとなった ベン・ホーガンやジャック・二クラウスにも真似出来るものではなかった。そして、年間グランドスラムを達成した 一ヵ月後には 僅か 28歳の若さで引退を表明し 世間を驚かせた。なお、ジョーンズが活躍した時代には ウォルター・へイガン (注) やジーン・サラゼンといった選手も活躍した。

(注) ウォルター・へイガン (Walter Hagen: 1892-1969) は 1910年、20年代に 最も活躍した ゴルファーで、全米プロ 4年連続優勝という記録を含め、彼のメージャー 11回の優勝はタイガー・ウッズにその記録を破られるまで (ボビー・ジョーンズの記録はやや異質なので除くとして) ジャック・二クラウスの18回に次いで歴代二位の記録だった。ただ、1934年から始まった マスターズ には優勝しておらず、グランドスラムは 達成できなかった。なお、Hagen の読み方は二通りあるため ウォルター・へーゲンと書いたものを良く見受けるが Walter Hagen は "へイガン" と発音するのが正しい。

弁護士だった ボビー・ジョーンズは 生涯を アマチュア選手で貫いたことでも有名だが、同時に、知性と教養に富み、思慮深い人間で卓越したフェアプレーとスポーツマン精神の持ち主であったことでも知られている。特に、1925年の全米オープンで自分のボールが僅かに動いたことを 競技委員に報告し、ペナルティーを科した話は有名。一方、日本では しばしば 球聖 ボビー・ジョーンズと呼ばれるが (同様の英語の呼び方はなく) 何故、そう呼ばれるようになったかは 定かでない。(ご存知の方は info@mamejiten.com まで メールで ご連絡下さい。)

ジョージア州 アトランタ 生まれのジョーンズは 引退後 アトランタで弁護士の仕事に専念したが、加えて、ジョージア工科大学の機械工学学士、そして、ハーバード大学の英文学学士でもあった彼は ゴルフ・コースの設計、ゴルフ関連の映画の作成や執筆などにも積極的に参画した。また、第二次世界大戦では、空軍の指揮官としてノルマンディー上陸作戦にも参加した。

加えて、特筆すべき彼の功績には 後日 世界一のゴルフ・コースとなった オーガスタ・ナショナル (Augusta National) を アリスター・マッケンジー (Alister MacKenzie) と共に設計し、メージャー・トーナメントの一つとなった マスターズの創設とその後の発展に貢献したことがある。マスターズは 1934年の第 1 回大会から 最初の 5年間は Augusta National Invitation という名前で開催されており、現在のマスターズ (Masters) と言う名称に変わったのは 1939年の第 6 回大会からのことである。このトーナメントを ジョーンズと一緒に企画した クリフォード・ロバーツが 世界中の名手 「マスター」 だけが出場できる大会という意味で The Masters Tournament と提案したものの 当初 ジョーンズが その名前は ちょっと 生意気過ぎる (too presumptuous) といって嫌ったためであると言われている。ジョーンズの奥ゆかしさに由るものだが、その後は 当に その名 "The Masters" に相応しいトーナメントになった訳だ。 » マスターズ 公式サイト

一方、この偉大なゴルファーの映画 Bobby Jones: A Stroke of Genius (邦題: ボビー・ジョーンズ - 球聖と呼ばれた男) が 2004年に 1,700万ドルを投じて作成されたが、270万ドルの興行収入しかえられず 散々の興行成績に終わったという話もある。

ボビー・ジョーンズは 1908年、6歳の時からゴルフを始めたようだが、近所のゴルフクラブのクラブ・プロについてまわってゴルフを覚えたそうだ。ゴルフ・レッスンは生涯を通じて受けたことがなかったが、以下の動画からも分かるように 流れるような美しいフォームでプレーをしていた。また、この動画 (英語の音声入り) は 当時のヒッコリー・シャフトが どのようなものだったかを見せてくれるが、その点からも興味深いものだ。


競技ゴルフを止めて6年ほど経ったある日、ボビー・ジョーンズが セントアンドリュースでプライベートに友人とプレーをしていると、それを聞きつけた近所の住民 2,000人ほどが彼を一目見ようとコースに集まってきたそうだが、脊髄空洞症で彼が後日車椅子生活を強いられるようになった時に 「セントアンドリュースでの経験さえ残れば、たとえ生涯で得た他の全てのものを失っても、私の生涯は本当に満たされていた。」 と言ったくらい セントアンドリュースには 思い入れがあったようだ。また、1971年 12月 18日に 彼が亡くなった時に セントアンドリュースは 彼の死を惜しんで クラブハウスの旗を降ろして追悼するなど セントアンドリュース側にも ボビー・ジョーンズに対する特別の思いがあるようだ。そして、今でも両者の係わり合いは留学生の交換などといった形で続いているそうだ。 » ボビー・ジョーンズ 公式サイト (英語)


ゴルフ豆辞典トップ   トップに戻る


 



www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意