コンテンツ目次

インサイドゴルフ: イメージ作り

このページのコンテンツ
• はじめに
• 自分のスイングをイメージする
• ショットの弾道をイメージする
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


あなたは練習場でボールを打つ時にどんなことを考えているだろうか?テイクバック、バック・スイングの軌道やトップの位置、切り替えしのタイミング、インパクト、フォロースルー、フィニッシュなど それぞれ テーマや内容は異なるだろうが 大体のプレーヤーが 似たようなことを考えて 練習をしているはずである。確かに、そうした考えや意識なしに練習を行っても 良いスイングは身に付かない。しかし、そのようなアプローチを実戦で行っていたのでは 往々にして 良い結果につながらないのである。一体、何故だろうか?

自分のスイングをイメージする


人間は 一つのことを考えると 他のことが疎かになる。例えば、トップの位置に気を配っていたら せっかく 思うように出来るようになったフォロースルーが 出来なくなったりするものだ。そのような場合、バック・スイングから フィニッシュまでのイメージを作り、トップの位置が ポイントではあっても、一連のスイングのイメージの中で トップの位置を確認しながら、そのイメージ通りに、スイングのメカニクスではなく、感覚を大切にしてスイングするようにするという方法が効果的になる。

ショットの弾道をイメージする


また、自分が打とうとするショットのフォームをイメージすることに加えて、これから打つべきショットの弾道をイメージすることも有効なテクニックである。ただ単にターゲットを決めるのではなく、打ちたいボールの弾道でイメージすることによって、打つべきショットとそのターゲットのイメージがより鮮明になり、集中力を高め不安や雑念を払拭する効果などがある。

ショットのイメージ


イメージは 言葉と違い 幾つもの情報を一緒に スムースに、脳に伝えることが出来るもので トップに関する情報が フォロースルーのことを無視しない形で きちっと 処理できる様になるという優れものである。このテクニックは 練習場だけでなく、コースでも 色々な場面で 使える便利なテクニックである。打球のイメージをしっかり作って ショットをしたり、パットのスピードとそれにあったストロークを鮮明にイメージしてからパットをしたりすることで 結果に大きな差が出るはずだ。 そうしたイメージ作りが プリショット・ルーティーンのエッセンスということでもある。 » 続きを読む



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意