コンテンツ目次



総論

このページのコンテンツ
• はじめに
• グリップと プリショット・ルーティーン
• スイング・プレーン
• 異なるスタイルのスイング
• スタック・アンド・ティルト打法
• ベン・ホーガンのモダン・ゴルフ
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ゴルフの醍醐味は 何と言っても ドライバー・ショット そして アイアンで ピン側に ピタリと付く 切れ味の良い ショットを決めることなど、所謂、力強く クラブを振って 打つ フル・ショットの結果を左右する ロングゲームに あると言える。

フル・スイングでは、ドライバー・ショットも アイアン・ショットも アドレスから フィニッシュまでの基本的なプロセスは 一緒である。一般的には、以下のアニメーションのように 8つのステージ : 1) アドレス、2) テイクバック、3) バック・スイング、4) トップ、5) フォワード(ダウン)スイング、6) インパクト、7) フォロースルー、8) フィニッシュ、に分けて スイングが どうあるべきか と言うことが 論じられる。


グリップとプリショット・ルーティーン


まず、スイングのメカニズムは 腕の振りとクラブの動きをつなぐグリップが要で 正しいクラブの握り方を 覚えることが大切だ。(» 詳細)そして、スタンスを取る動作、グリップとクラブのセットアップをするプロセス(アドレス)、さらには ワッグルフォワードプレスなども重要な要素で、それら 一連の動作、プリショット・ルーティーンに関する理解を 深めることも 忘れてはならない。(» 詳細)勿論、プリショット・ルーティーンでは 動作だけでなく、精神統一やイメージ作りが大切なことは言うまでもない。(» 詳細は 8章参照

スイング・プレーン


スイング・プレーンベン・ホーガンが その著 モダン・ゴルフ で ゴルフ・スイングの説明に スイング・プレーン(面)という概念を持ち込んで以来、この仮想のプレーンの上を クラブヘッドが動くようにスイングする という考え方が ゴルフ教本やレッスンでは 度々使われるようになったが、このプレーンの概念と 体の各部位の動きとの関係を良く理解することが、ゴルフ・スイングを学ぶ上では 極めて重要になる。 » 詳細

異なるスタイルのスイング


また、ゴルフのフル・スイングについては 色々な書物が書かれ スイングは こうあるべき と言うような書き方をしたものを 沢山目にするが、近年の理論の中で注目されるのものの一つに ゴルフ・スイングには 大きく 2つのスタイルがあり、どちらのスタイルのスイングを選択するかで やるべきことが大きく変わってくるという理論である。その理論によれば、例えば、ベン・ホーガンとヘール・アーウィンのスイングは 根本的にスタイルの異なったスイングであり、ヘール・アーウィンが ベン・ホーガンのポスチャー(構え)だけを真似ても 百害あって一利なし ということになる。

スタック・アンド・ティルト打法


さらに、最近話題になっているのが タイガー・ウッズほか 多くの トップ・ツアー・プロが 採用している スタック・アンド・ティルト (Stack & Tilt) 打法のようなスイング理論である。同理論は それまでのゴルフの常識では正しい動きだとは考えられなかったようなことを良しとしている点でユニークな理論である。そのベースになる考え方は、ゴルフ・スイングで最も大切なことは ボールを芯で捕らえることで、そのためには クラブがいつも同じポイントに落ちてくるようなスイングが出来なければならないと言う発想だ。» 詳細

ベン・ホーガンのモダン・ゴルフ


一方、世界中で 最も読まれてたゴルフ入門書、ベン・ホーガンのモダン・ゴルフは お奨めの教本だが、この本で ゴルフを 学んだ人が 違う(例えば、ヘール・アーウィン)スタイルのフォームで すべき とされていることを 取り入れようとしても うまく行かないことが多い筈である。本サイトでは その理論を紹介している本 The Plane Truth for Golfers - Jim Hardy で論じられている 1 or 2 プレーン スイング という概念を 紹介しているので、そうした考え方も参考にして欲しい。







www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意