ダウンヒル・パットの打ち方

Introduction

下りのパットダウンヒル(下り)のパットは その傾斜の度合いにもよるが 打ったボールのスピードがなかなか減速しないから 応分に軽く打って スピードを調整する必要がある。しかし、速いグリーンで傾斜が急な場合は そのスピード調整が極めて 微妙で 難易度は グーンと高くなる。そんなグリーンでは 下りのパットを 残さないよう 手前から 攻めるのが鉄則だが 18ホールをプレーすれば 下りのパットに 何回かは 遭遇することになるだろう。

下りのパットが難しい理由

カップまでの距離が 2m、3m、場合によっては それ以上の距離があるのに パターヘッドで ただボールを触るような打ち方をしただけで ボールが カップをオーバーして 転がってしまうようなパットに遭遇することがある。そんな パットでは 打ったボールのスピードが出過ぎないようにしつつも ボールを上手くラインに乗せる必要があるが パター ヘッドで ちょっと ボールに触わるだけで スピードが出てしまうのだから 意図した強さ通りに ボールを打つのは 簡単なことではない。そんな状況で そのボールを意図した方向に打ち出すことは 殊更 難しくなる。それが 大きく曲がるラインであれば パットを入れるのは 至難の業で カップの傍にボールを止めることですら 簡単なタスクではなくなる。そんなパットでは 確り ストロークできなくなる訳だが ある意味 それが下りのパットの難しさである。

芯を外してボールを打つ方法

オフ・センター・ヒットパットは ある程度 確り ストロークをしなければ ラインを出すのが難しくなるが そんな時に利用できるのが ヘッドの芯を 意図的に外して ボールを打つ方法である。右図のように トーサイドに外す方法と ヒールサイドに外す方法の二通りがある。どちらも ボールのスピードを ある程度 殺す効果はあるが 実は この二つの方法には 知っておくべき違いがある。

トー(クラブヘッドの先っぽ)サイドに外した場合は パターのデザインによって程度に多少の差はあるが ボールを ヒットする時に フェースが開いて ボールは 右に押し出されるのが普通である。一方、ヒールサイドに外した場合は フェースが反対に閉じて ボールが左に引っかけたように出ると思う人も居るだろうが 通常は センターシャフトのパターでさえ シャフトは 幾分 ヒールサイドに付いているので その影響はないか、あっても 極めて小さなものになるという違いがある。つまり、前述のダウンヒルの早いパットで 芯を 外して打つ テクニックを使う場合は まず そうした点に気を付けなければならない。

ダウンヒル、アップヒルに係わらず トーサイドで打つ場合は ボールに ヘッドが コンタクトする時に 上述のように フェースが開く訳だが、その度合いは トーの方へ行けば行く程 大きくなると同時に 芯を外す度合いが 大きければ 大きい程 ボールのスピードは遅くなり 距離が短くなる という現象が起きる。

パターランキング 一方、パットのスピードとラインの関係は 弱めのボールであれば ボールを 外に(曲がりが大きくなる想定で)打つ必要があるし 強めのボールであれば まっすぐ目に打たなければ ならないのが理屈である。フック・ラインのパットに限っては 好都合なことに トーサイドで打つストロークは これを自動的に調整してくれるという効果がある。つまり、意図したボールのスピードとラインに対して ずれが生じても 入る方向へずれてくれるから フック・ラインのパットでは 極めて 好都合なのだ。

しかし、ダウンヒルのストレートなライン さらに スライスラインでは どうだろう。特に、トーサイドで スライスラインのパットを打ったら パットが外れるように調整機能が働いてしまう訳だから スライスラインのパットで芯を外して打つのであれば、ヒールサイドで打たなければならないという理屈になる。何でもかんでも 下りの早いパットで 芯を外してパットをしている人が居るかも知れないが スライスラインのパットを トーサイドで打つことは 妙案とは言えないのである。

ダウンヒル 高速 パット
パターの芯の外し方
フックライン トーサイド
スライスライン ヒールサイド (?)

また、前述もしたように、ヒールサイドで打った時のフェースの向きへの影響は トーサイドの時のそれとは少し異なるし、トーサイドで打った時ほど ボールのスピードを殺す効果がないと言うこともあり 下りのスライスラインのパットを ヒールサイドで打つ方法には あまり利点がないのである。

パターを短く持つ方法

そこで、そうしたパットでは ボールのスピードを殺すためのもう一つのテクニック つまり パターを短く持つ方法が より有効なテクニックとして オススメになる。このテクニックは これまでに説明したような 複雑なことを考える必要がないので フックライン、スライスラインに関係なく シンプルに応用すれば良いものだ。

パットの中で 一番難しいのは ダウンヒル(下り)の 左から右に曲がる 所謂 スライスラインのパットだとされている。下りの場合は 上りのパットに比べ 同じラインでも 曲がりが より大きくなるし スピードと方向の両方の調整が微妙になるからだが 速いグリーンでは 特に そうした現象が 顕著になる。そんな時は パターを短く持って ゆっくりストロークする。そんなテクニックが上手く機能する可能性は 低くないはずだ。以下は そんなパターを短く持って打つパッティングテクニックについて Dave Pelz が解説しているの動画である。英語の動画だが 言っていることは ここで説明している内容と一緒なので 参考にして下さい。

商品リンクパター
Copyright © 2004-2019 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP