コンテンツ目次


カート道路上のボール(ルール解説 )

このページのコンテンツ
• はじめに
• 人工の表面を持つ道路や通路
• 救済のニヤレスト・ポイント
• 救済を受ける時の手順
• ボールをドロップする時の注意点
• 新・ゴルフルール (2019年 ~ )

はじめに


カート道路は ルール上 動かせない障害物になるが、その上に ボールがある時は勿論のこと それがプレーヤーのスタンスや意図するスイングの区域の妨げになる時も 規則 24-2 「動かせない障害物」の規定に従って 救済を受けられる。その対処の仕方等については 当サイトの「障害物に係わるルール」でも 一通り 説明しているが、ここでは カート道路に係わるルールについて 更に 詳しく解説する。

人工の表面を持つ道路や通路


ルールで 人工の表面を持つ道路や通路は 動かせない障害物に該当すると定めているが 「人工の表面」とは 具体的には コンクリート、タール、砂利、木屑等の異物を使用して舗装した道路や通路だと定義している。人が頻繁に歩いた結果、芝や草がなくなって 通路のようになっている獣道的な所は 人工の表面を持つ通路ではないが、そこに 砂利や木屑等が敷かれていれば 人工の表面を持つ通路になるので 救済の対象になる場所となる。

救済のニヤレスト・ポイント


動かせない障害物の上に ボールがある時や それが プレーヤーのスタンスや意図するスイングの区域の妨げになる時は、救済のニヤレスト・ポイント(nearest point of relief)から 1 クラブ・レングス内で、しかも、ホールに近づかない場所に ボールを ドロップして プレーをすることが出来るが、ルール違反にならないためには この救済のニヤレスト・ポイントについて 正しい理解を持っておく必要がある。救済のニヤレスト・ポイントとは (i) ホールに近づかず、しかも、(ii) そこにボールを置けば ストロークをする時に救済を受けようとしている状態による障害が完全になくなる所で ボールの止まっている所に最も近いコース上の「一点」である と定義されている。従って、カート道上のボールは 必ずしも ボールに近いサイドが ニヤレスト・ポイントにはならないので要注意である。

救済のニアレスト・ポイント例えば、右図のようなカート道路にボールがある場合は 救済を受けられるが、そのニヤレスト・ポイントが道路の右側なのか、左側なのかを正しく判断する必要がある。実は、右利きか 左利きかで ニヤレスト・ポイントは 異なる可能性があるのだ。右図のような状況で カート道路(グレーの部分)の中央付近にボールがある場合、右利きの人のニヤレスト・ポイントは カート道路の左側 A で、左利きであれば 右側 Y になる。

その理由は以下の通りだ。つまり、右利きの人の場合、右側のニヤレスト・ポイントを決めるためのポイントは カート道路に足がかからない所に立ち、ルールに定める 完全な救済を受けた時のニヤレストという考え方で、道の右側のすぐのポイントではなく(次のショットをするクラブを ベースに)カート道路に足がかからない様にスタンスを取って ボールが来る位置、即ち、B になるという理屈である。

豆介完全な救済 (complete relief) とは:障害物や異常なグラウンド状態などを理由に救済を受ける場合は、その救済を受ける理由になったものの影響が完全になくなる「完全な救済」を受けなければならない。例えば、有利なショット・アングルを考えて、少し スタンスが カート道路にかかるが ボールを 取り敢えず 道路の外にドロップするというような 中途半端な 救済は受けられない。この考え方の下に 救済のニヤレスト・ポイントは 決められなければならない。

ニヤレスト・ポイントを決めるステップは A と B に ティーを挿して どちらがボールに近いかを確認することで 容易にできるが、必要なら、クラブを ものさし代わりに使って 距離の比較をするなどの処置をすれば良いだろう。いずれにしても、カート道路の中央にボールがある場合のニヤレスト・ポイントは 右利きの人であれば カート道路の左側の A になり、左利きなら 右側の Y になるのである。つまり、右利きの場合、黒の線より左にあれば(ボールが道の中央よりも僅かに右側にあっても)ニヤレスト・ポイントは 左側で、逆に、左利きであれば 白い線より右にあれば、右側の Y が ニヤレスト・ポイントになる。

救済を受ける時の手順


ボールのドロップルールに従って ボールを拾い上げて ドロップする時のファースト・ステップは 前述もしたように ボールの位置が確認できるよう ボールを拾い上げる前に ティーやコインなどで その位置をマークをすることである。そして、その位置に対して、どこが ルールに従った 救済のニヤレスト・ポイントかが確認できるように ティーなどで マークをし、さらに、そこから 1 クラブ・レングスのポイントをマークしてから その二つのマークを 目印に ボールが 正しくドロップされたかを 確認できるようにして 腕を伸ばして ボールを持ち、肩の高さから ボールを ドロップするという手順になる。ただし、自分の足や道具などにボールが当たった場合は(無罰だが)再ドロップになる。ルール通りに ボールを ドロップせずに しかも 訂正してドロップし直さずにプレーを行った場合は 1打罰が科される。例えば、ボールに 故意に 回転を付けてドロップするような行為は(訂正してドロップし直せば無罰だが)ルール違反である。

ボールをドロップする時の注意点


前述の要領でボールを ドロップするのが 正しい手順だが、ボールを ドロップした結果が以下のようになった場合は 無罰だが 再ドロップが必要になり、それを怠れば 誤所からのプレーによるペナルティー(2打罰)の対象になる。

① ボールが転がって ニヤレスト・ポイントより ピンに近づいた場合
② ボールが落ちたところから 2 クラブ以上転がった場合
③ ボールが ハザード、カート道、修理地、グリーンに転がって入った場合
④ 完全な救済にならない結果になった場合
⑤ ボールが 道具や携帯品に当たった場合

⑤ のケースは 1 クラブ・レングスの計測を行ったクラブを ボールを ドロップする所の近くに置きっぱなしにした時に 良く起きることなので、クラブで距離を計測した後は ティーやマーカーを目印に置き クラブを その場に放置しないようにすべきである。因みに、ドロップしたボールが道具や携帯品に当たっても そのボールは まだインプレーのボールではないので ペナルティーは科されないが、再ドロップが要求されるので 間違いのないよう。なお、ティーやマーカーは ルール上 携帯品とは見なされないので ボールが当たっても 再ドロップの必要はない。

極めて 重要なポイントなので繰り返すが、止まったボールの位置が ニヤレスト・ポイントより近くなっているかもとか、完全な救済になっていないかもなど 少しでも 再ドロップの必要性に疑問を感じた時は マーカーに確認してから プレーをするようにすべきである。ショットをしてから 再ドロップが必要になる状態だったと指摘され それが事実となれば 誤所からのプレー で 2打罰が科されることを お忘れなく。



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意