ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > バンカー内のプレーに係わるルール(ゴルフルール解説) サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
早割り

 
ゴルフ読書室

バンカー内のプレーに係わるルール


バンカー内のボールをプレーする時は、ご存知のように、フェアウェイや ラフにあるボールとは異なるルールに則ってプレーをしなければならない。それは、規則 13-4 「球がハザード内にある場合; 禁止行為」 (Ball in Hazard; Prohibited Actions) があるからで、まず第一に知っておくべきことは その禁止行為と例外規定に係わる規則の詳細である。

禁止行為 例外規定
 
バンカー内のルール

なお、当該ルールに違反した時の罰則は ストローク・プレーであれば 2打罰(マッチ・プレーでは そのホールの負け)と 定められている。

禁止行為 (規則 13-4)
a. そのハザードや他の同じようなハザードの状態をテストすること。
b. そのハザード内の地面に自分の手やクラブで触れること。(ソールすることを含む。)
c. そのハザード内のルースインペディメントに触れたり、それを動かすこと。

つまり、バンカー内にボールがある場合は 通常は許される行為の i) ボールの後ろにクラブをソースすることや ii) 木の葉や小枝などルースインペディメントを取り除いてプレーする などの行為が許されないと言うことだ。ただし、例外事項として、以下の行為はルール違反にならない。

例外事項 (規則 13-4)
(1) 転んだり、転びそうなのを防ごうとした時や規則に基づいて障害物を取り除いたり、距離を測ったり、球の位置をマークしたり、回収したり、拾い上げたり、リプレースやプレースをしている時に ハザード内の地面やルースインペディメントに触れること。
(2) ハザード内にクラブを置くこと。(2-3本 クラブを持ってバンカー内に入って、使わないクラブをバンカー内に置いてプレーすることも可。)
(3) 単にコースを保護する目的で、かつ、次のストロークに関して規則 13-2 の違反とならないことを条件として、プレーヤーは何時でもハザード内の砂や土を均すことができる。ハザードからプレーされた球が そのストローク後に そのハザード外にある場合、プレーヤーは制限なしに そのハザード内の砂や土を均すことができる。
(4) プレーヤーがあるハザードからプレーし、その球が他のハザード内に止まった場合、ストロークを行ったハザード内で行われた引き続いての行為に罰則は適用しない。
ローカル・ルールで許せば 一定の大きさ(一般的には 直径 1センチといった目安)以上の石は取り除くことが出来る。
(ハザードの状態のテストやライの改善にならなければ 罰にならない行為)

例外事項 (3) は、2012年のルール改定によって、許されるようになった行為である。ただし、クラブで砂を叩いたりする行為など 砂や土をならす行為以外で バンカーに触れれば 例外とされていない訳だから、以前と同様に罰則が適用されるので 要注意である。

以上がバンカー内のプレーに係わる基本ルールであるが、規則 12 「球の捜索と確認」 にも 関連する重要なルールがある。即ち、規則 12-1 a. 「砂に被われている球の捜索、または確認」 (Searching for or Identifying Ball Covered by Sand)、規則 12-1 b. 「ハザード内でルースインペディメントに被われている球の捜索、または確認」 (Searching for or Identifying Ball Covered by Loose Impediments in Hazard) が 該当するもので、その要約は以下の通りである。

例外事項 (規則 12-1)
12-1 a. 砂に被われている球の捜索、または 確認 : プレーヤーは 罰なしに ボールを見つける、または確認するために砂に触れたり、砂を動かすことが出来る。ボールが見つかり、自分のものであると確認された場合は 砂を戻して ライを できる限り復元しなければならない。捜索、確認のためにボールが動かされた場合、罰はないが、ライを復元し、ボールを リプレースしなければならない。
12-1 b. ハザード内でルースインペディメントに被われている球の捜索、または 確認 : 見つからない、または、確認できないほどにルースインペディメントにボールが被われていると思われる場合、プレーヤーは 罰なしに 捜索、確認のためにルースインペディメントに触れたり、動かすことができる。ボールが確認出来た後は そのルースインペディメントを リプレースしなければならない。捜索、確認の際に、ルースインペディメントに触れたり それを動かしている間にボールが動いた場合は 規則 18-2a(1打罰で リプレース)が適用となる。ルースインペディメントを リプレースしている間にボールが動いた場合は無罰で リプレース。ボールがルースインペディメントに完全に被われていた場合、プレーヤーはボールを再び被う必要があるが、その一部を見えるようにしておくことができる。

2008年のルール改定以前は、ウォーターハザードやバンカーなどハザード内での誤球には ペナルティが科されなかったが、現在は ハザード内の誤球にも 2打罰のペナルティが科されることになっている。一方、その変更に伴って 古いルールでは許されなかった ハザード内で ボールを拾い上げての確認行為が 必要であれば 許されるようになった。ただし、確認のためにボールを拾い上げた場合は ボールがあったライの状態を 再現するように ボールを プレースすること と定められている。

最後に、アンプレヤブルの球に関するルール(規則 28)とバンカー内の水溜りに係わるルール(規則 25-1)について、簡単に説明しておこう。ボールが バンカー内にある場合はアンプレヤブルを宣言しても、ストロークと距離に基づく処置(» 詳細)を取らない限り、そのバンカー内にボールを ドロップしなければならないと定められている。また、バンカー内の水溜りの中にあるボールは異常なグラウンド状態の救済(規則 25-1b)規定に従って救済を受けられるが、バンカーが水で一杯な時など、場合によっては、救済が受けられない アンフェアーなケースが生じることもある。(» 詳細)なお、当該ルールの詳細説明は、それぞれのリンク先のページに記載しているので、そちらを参照下さい。

以上が、最近の R&A と USGA の 2012年の変更を含めたバンカー内のプレーに係わるルールの説明であるが、その内容は以上のようにかなりのボリュームである。間違いのないよう、良く整理して覚えて下さい。


読書室トップ   トップに戻る


 
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意