コンテンツ目次





距離計測器使用に係わるルール

このページのコンテンツ
• はじめに
• 人工の機器と異常な携帯品
• R&A と USGA の最近の動向
• 日本の現状 及び 今後の展望
• スピード・プレーへの影響
• 距離測定器の利用法
• 距離測定器・購入時の注意点
• 新・ゴルフルール (2019年 ~ )

はじめに


距離計近年、距離測定機器は 手頃な価格の製品が多くなったことで 急速に普及した。2006年に そのルールが 一部変更され 距離計測器の使用が ローカル・ルールで認められる時に限り 許されることになったが、R&A と USGA は 2014年から 全英アマや 全米アマを含む 殆どのアマチュア競技で 距離測定器 の使用を認めるようになっている。しかし、日本のアマチュア競技では 状況が少し異なり、まだ その使用を認めていない場合が多い。

人工の機器と異常な携帯品


規則 14-3「人工の機器と異常な携帯品、携帯品の異常な使用」は プレーヤーの援助となる可能性のある携帯品や機器 (電子機器を含む) の使用に関する規定である。そこでは 規則で定めている場合を除き プレーヤーは 正規のラウンド中に 距離やプレーに影響する可能性のある状況を計測 あるいは 測定する目的のものを使用してはならない と定めており、競技での距離計測器 (Distance Measuring Device - DMD) の使用を 原則 禁止している。2006年のルール変更は その DMD の使用を ローカル・ルールで認めている時に限り 許すとするものであった。(なお、携帯品や機器の適合性についての詳細な仕様と解釈 および 携帯品や機器に関しては ルールブックの付属規則 Ⅳ に記載されている。)

R&A と USGA の最近の動向


レーザー距離測定器2006年のルール変更以降、プライベートな競技は 別にしても 公式競技で 距離計測器 の使用が認められるケースは殆どない状況が暫く続き、ルール変更のインパクトは 極めて 限定的なものだったが、R&A と USGA は 2014年から 全英アマや 全米アマを含む 全てのアマチュア競技で この DMD の使用を認める決定をし、当該 ローカル・ルールの普及に乗り出した。そして、両協会は DMD の製造メーカーには ルール違反になる DMD に係わる注意喚起をするなどしつつ(» 参考)規則 14-3 の DMD に関する新解釈を 2015 年末に発表した。(» R&Aの関連ページ / » USGAの関連ページ)これにより、プレー時間がかなり短縮されることも期待されているが、日本では まだ 同様な変更が なされていないのが実情である。(詳細後述)

日本の現状 及び 今後の展望


一方、日本のトップアマが 多数参戦し、優勝者には 翌年のマスターズと全英オープン最終予選会の出場資格が与えられる アジア パシフィック アマチュアゴルフ選手権でも DMD の使用が 認められているが、日本の JGA は DMD のアマチュア公式競技での使用は 2016年時点でも 基本的に 認めておらず、DMD が 非常に多くのゴルファーに普及したにも拘らず、2006年の当該ルール変更と 近年の R&A / USGA の決定の影響は 日本では 限定的なものに留まっている。つまり、このルールに関しては イギリスとアメリカ、そして、日本との間に違いが見られるような状況が 近年は 見られている訳だ。しかし、月例会のような クラブ競技においては DMD の使用を認めるところも出てきており 当該 ローカル・ルールの扱いは クラブによって異なるのが現状であり、前述のような 世界の動向に鑑みれば、日本のアマチュア競技でも 近い将来 DMD の使用が 広く認められるようになるものと予想される。

いずれにしても、委員会が DMD の使用を認めていても ストロークやプレーの援助となる機能、また、プレーに影響を及ぼす可能性のある条件(例えば、高低差)を 計測・測定する目的の機能が付いた器機を使用すれば その機能を使用する しないに係わらず ルール違反で 失格になる可能性があるので 要注意である。なお、その詳細に 興味のある人は 上述した R&A と USGA の DMD 関連ページ(英語)を参照されたい。


スピード・プレーへの影響


ところで、最近は R&A も USGA も スピード・プレーの推進に 積極的になっているが、アメリカの National University Golf Academy という団体が「プレーのスピード (Pace of Play) への距離測定器 (Rangefinder) の影響」という調査結果を発表している。それによれば、始めてプレーするコースで ハンデ 6 ~ 13 の人は レーザー計測器があれば 4時間 15分で ラウンドできるのに対し それがなければ それより ほぼ 30分多く時間を要するそうだ。一方、ハンデ 14 ~ 18 の人は 計測器があると 4時間 16分でラウンドするのに対し、なしでは 17分長く プレー時間を要したと言うデータもある。つまり、DMD がなければ(特に、中・上級者の多くは )距離のチェックに かなりの時間をかけるという事実が確認されているのである。

距離測定器の利用法


前述のように 当該ルールで許されるのは 距離測定のみを行える機器で、それ以外の情報、例えば、高低差や傾斜、風速や温度を測定できるもの、また、使用すべきクラブを明示するタイプの器機などの使用は 基本的に 許されていない。但し、スマホの GPS 機能に関しては ルール違反になる可能性のあるアプリが ダウンロードされていても その機能を使用しなければ 違反でないという裁定を R&A は 記載している。

当該ルールに違反しなければ、レーザー・タイプも GPS タイプでも ルール上の差はない訳だが、ピンまでの 正確な距離計測では レーザーが勝るのは 言うまでもない。しかし、グリーンのフロント / バック・エッジまでの距離などは GPS の方が 素早く知ることが出来るという利点があるのも事実だ。ただし、ピン・シートの情報があれば、ピンまでの距離が正確に分かれば グリーンのフロント / バック・エッジまでの距離は 計算できる。もちろん、ルールで DMD の使用が認められていれば ルールに違反しないタイプのものに限っては 両方を使用しても良いことになる。

DMD を使えることは 距離確認という点では 絶対に有利な訳だから 競技に出場する時は そうした機器を使用できるか確認し、使用が認められていれば 携帯すると有利なことは言うまでもない。特に、ヤーデージの表示が 大雑把なゴルフ場で セルフのプレーをする場合は その差が大きいはずだ。ドッグレッグのホールで 片側にしかヤーデージ杭がなければ 正確な距離は 分かりようもないから、そうしたホールでの利用価値は 大きい。また、池や バンカーまでの距離が 正確に計測できれば コース・マネジメントに違いが出ることは 言うまでもない。

距離測定器・購入時の注意点


前述のように、DMD には プロやトップアマなどが 練習ラウンドに持ち込んで使用しているような誤差が 1ヤード以下の高性能なレーザー・タイプのものと 最近は 多くのアマチュア・ゴルファーが使用するようになっている GPS・タイプのものがあるが、競技などで使用するのであれば ルール違反にならないタイプの高性能なレーザー・タイプが オススメだ。最近では 2万円程度で購入できる製品も 出回るようになっている。

前述のように、高低差や傾斜が測定できる DMD は 公式競技では使用できないのだから そうしたものを購入するのであれば、練習ラウンドでの使用だけを想定すべきである。また、高低差の測定が出来ると言っても レーザー・タイプの製品は 距離に関しての精度は 高いものの 高低差に関しては そうでもないので そうしたタイプの DMD の購入は(近い将来 アマチュア競技での使用が認められる可能性が高いことにも鑑み)疑問と言わざるを得ない。いずれにせよ、まずは 公式競技で使用可能なものか否かを 製品の説明書や仕様書などで 良くチェックしてから 購入すべきであろう。» ゴルフ用 (GPS/Laser) 距離測定器の選び方

商品リンク 距離測定器 主要メーカー

• マサ (MASA) • 朝日ゴルフ用品
• ショットナビ (Shot Navi) • ゴルフバディ (GolfBuddy)
• ユピテル (YUPITERU) • ボイスキャディ (Voice Caddie)
• ニコン (Nikon) • ダイヤゴルフ (DAIYA GOLF)



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意