ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

フットワークと体重移動|下半身の役割

Introduction

スイングをする上で あまり動かしてはいけないと言われるのが 頭 である。一方、確り回す必要があるのが 体であるが もう一つ 忘れられがちながら 上手に動かさなければならないものがある。それは 下半身で 所謂 フットワークと呼ばれるものだ。体の回転に非常に大きな影響を及ぼすもので スイングの仕方を学ぶ上でフットワークと体重移動についての理解を深めることは 極めて重要で それなくして 本当に学ぶべきスイングの形は 完成しない。

下半身の役割

手打ちではなく 体の回転 所謂 ボディーターンで ゴルフボールを遠くへ飛ばすということは 良く分かっていても それを上手く出来ない人は 少なくない。回転運動が基本のゴルフスイングで 肩の回転が重要なことは 言うまでもないが 犯しやすい間違いは 下半身の正しい動きのことを忘れて 肩の回転と腕の振りのことだけしか考えないことである。ダウンスイングからインパクトにかけては フットワークを使って 腰を上手く動かさなければ 色々な意味で ショットは 上手く行かないものだ。そんなフットワークと体重移動であるが その正しい下半身の動きのメカニズムについての理解を欠いている人は 少なくない。

ヒップのクリアー
下半身のフットワークには 大きく 三つの役割がある。即ち (1) ボディーターンのスピードを上げること (2) 回転軸を安定させること (3) 好ましいスイングプレーンにクラブヘッドを乗せること の三つである。(1) と (2) に関しては "そーね" と 直ぐに 納得する人が多いと思うが (3) については あまり良く理解できない と思う人が多いはずだ。しかし、(3) の役割は 極めて 重要なものである。クラブをシャロ―に インサイドから振って 好ましいスイングプレーンにクラブヘッドを乗せるには 所謂 ヒップのクリアーが不可欠なのだ。それは ダウンスイングの始動を下半身から行うことに 他ならないが 体重移動による腰の水平移動と言うよりは スムースな腰の回転運動と考えるべきものである。肩の回転や 腕の振りよりも 腰が先に回転することで 利き腕のエルボーが 脇腹の前 所謂 スロットに入って 確り肩の回転運動と 利き腕の力を利用できる形が出来上がるが それと同時に クラブヘッドを好ましいアタックアングルとクラブパスでボールにコンタクトさせるために必要な形も作れるのだ。つまり、無理なく ヘッドスピードを上げられるだけでなく ボールを高い確率で 芯で捉え ソリッドに打てるスイングが これによって可能になると言うことである。

体重移動

バランスの良いゴルフスイングをするには 下半身 即ち 右脚で蹴りながら 左脚を軸にターンする形で 体重移動をしながら 腰を左に押し出すように回転させ それより 少し遅れるタイミングで上半身を回転させると言うメカニズムを習得することが不可欠だ。その時に 大切なことは 回転軸を安定させること(頭を動かさない)であるが 確り 体重移動をしようと意識をすれば するほど それが上手く出来なくなってしまう可能性が高いから 要注意である。ボールを 打つタイミングに合わせて 体重を 大きく 右から左に移動させることが ヘッドスピードを上げることに必要な動きだと考えている人が多いようだが それは 少し違う。

力強い体重移動を意識するばかりに 腰の回転 即ち ヒップのクリアーが疎かになったり タイミングが遅れる 可能性は 小さくない。下半身の力を利用して ヘッドスピードを上げる。自然な考え方であるが 場合によっては 下半身の力を利用すると言う考え方を捨てて 腰の回転をスムースに タイムリーに行うことに重点を置いた腰の回転をした方が 個人差はあろうが 良い結果になる可能性もあろう。下の動画は ジョーダン・スピースの ドライバー ショットで 音声は 英語だが お手本になる フットワークと ヒップ ターンとして 音声を消して 画像を見るだけでも 参考になると思うので 紹介しよう。

フットワーク

体重移動は 効率の良い体の回転を行うために必要なだけ行えば良いのであって その量が大きければ良いと言うものではない。むしろ、どのタイミングで行うか、また、体重移動を 回転軸のブレ(左右への移動)が ミニマムになるよう 行うことが ポイントだ。そして、体のバランスを崩さずに 体重移動と腰や肩の回転を行うために必要なのが イラスト下の (1) - (2) - (3) のようなフットワークである。

フットワーク

そのメカニズムは 右足で蹴る力を 左足が ピボットとなって受けて回転運動に変えるという仕組み(それが体重移動ということ)で それが上手くできれば フィニッシュは 上の (3) のような形に 右足は つま先立ちになって その膝は 図のように 曲がる形が出来上がるはずだ。

スイングは 下半身がリード

以下の動画は 下半身の動きの重要性について ベン・ホーガンが 解説している動画であるが 彼は 肩の回転ではなく 下半身の動きがリードする形で ダウンスイングをスタートさせることが重要だと説いている。これも 英語の動画であるが 参考になると思うので 紹介しよう。

また、下半身と上半身のバランスを保ちながらスイングするには フィニッシュで 上図 (3) の形が出来上がるように 頭を残しながら (STAY BEHIND THE BALL) 右脚で蹴り それを腰のスライドの動きにつなげ その力を 左脚のピボットで受けて 回転運度に換えると言うメカニズムだ。その下半身の動きに 腕、手、さらに クラブの動きを同調させれば 効率の良いゴルフスイングが出来上がるだろう。

最後に 下半身の動きが リードする形の正しいタイミングでの ヒップのクリアーを学ぶためのドリルを また 英語の動画であるが 紹介しよう。

ヒップのクリアーと セットで 学んで欲しいのが 好ましい腕の振り方である。体が回転する力を望ましい形で クラブヘッドに伝えるためには その理解を深めることも 重要なことになる。» 詳細

Copyright © 2004-2019 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP