ゴルフ豆辞典 トップ > 読書室 > スマートな ゴルフ発想法 サイトマップ
ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典   ゴルフ豆辞典
コンテンツ目次
全国 ゴルフ場 ガイド
検索  予約
 
ゴルフ読書室

スマートな ゴルフ発想法


嫌な予感がした。そんな時に失敗した経験は 誰にでもあるはず。また、スイングの修正をしてやろうと思ったが、思い通りに行かないどころか、さらに悪い結果になったというような経験もあるだろう。ボールを思い切り飛ばそうと思った時、また、ボールを曲げまいという気持ちでスイングした時に 予想や期待に反し、酷い結果になった。そうしたことが ゴルフでは驚くほど良く起きるものだ。

ボールを飛ばそうと思えば、普段以上に力が入って 体のバランスを崩したり、クラブが正しいスイング・プレーンの軌道から外れ、正しいタイミングでクラブヘッドを リリース出来ないなどの結果になり易い。また、OB ラインが近かったり、フェアウェーが狭いホールなどで 曲げないようにしよう思えば、クラブフェースを スクウェアーにキープしようなどと考えるから、体の回転が止まったり、手打ちになり兼ねず、左にチーピン・フックを打ったり、ブロックして右に大きくプッシュ・アウトしたりもする。

発想の転換つまり、飛ばそうとか、曲げまいといった(ある種の)思考や発想をボールを打つ直前に持つことが 失敗の原因を作っている訳だ。そこで、前置きが長くなったが、自分のプレーイング・スタイルと ゴルフをしている時の思考と発想について色々と考え、実験や検証をするなど 様々な研究をすることで、自分なりの新しいスタイル(失敗の原因を作らない思考と発想法)を構築して、パフォーマンスの改善を 試みてはどうかと言う提案が このページの主旨である。

少し 話が脱線するが、英語の慣用句にルール・オブ・サム (Rule of thumb) と言うフレーズがある。正確な法則や判断基準ではないが、広く、色々な状況下で利用できる経験則という意味の言葉である。例えば、部屋を借りる時に守るべきルール・オブ・サムに 家賃は月収の 1/3 以下の所にすべきと言うのがある。

実は、ゴルフは そのルール・オブ・サム的発想や判断が有効に機能することが多いゲームなのだ。例えば、アドレスに入った時にシックリ来なければ 仕切り直すとか、グリーンを外すと寄せが難しいホールでは ピンのポジションに係わらず、常に グリーン・センターを狙う と言ったことを 自分のルール・オブ・サム的に 決めておくのである。そして、そのような自分の決め事やプレーイング・スタイルを 常に 貫けば、ゴルフは 驚くほど簡単になるし、失敗が減るのである。

色々な経験を基に 自分に最適なプレーイング・スタイルが どんなものかを考え、加えて、こんな時は こう考えるのが有効だ という発想に関する法則、つまり、ルール・オブ・サム的知恵を出来るだけ沢山身に付ける。そんな努力をすることで ミスを減らせる可能性は高くなるし、ゴルフの楽しさも増して、スコアの改善も期待できるはずだ。様々な場面で、どんな考え方をするのが 自分にとって効果的か、そんな発想で ゴルフをして欲しいのである。そこで、以下のプロセスで 自分がゴルフをする時の発想、そして、その影響を受けたプレーの結果がどうなっているかを考え、どうしたら望ましい発想でプレーすることが出来るのかを考えてみよう。

1 プレー中に起こり得る失敗の原因になるようなショット・セレクションと発想、また、成功につながる傾向の強い発想について考えて見る。
2 特定な発想とネガティブな結果に因果関係があると思われるようなケースを見つけ、そこでの発想の転換を試みる。(出来るだけ 色々なアイデアを 試す。)
3 発想転換とパフォーマンスの因果関係の理解に努め、失敗の原因を出来る限り排除し、成功に寄与できる発想は積極的に取り入れる。
4 自分のプレーイング・スタイルと有効な発想法を構築し、それを 常に進化させるよう努力する。

ゴルフの発想には様々なものがある。前述のように、飛ばす 飛ばさないとか、曲げる 曲げないといったようなもののように、どんな結果を望むのか、また、望まないのかといった発想もプレーに影響を及ぼすものであるが、体の動かし方に関するものも 影響の大きなものである。

しかし、ゴルフ・スイングのように微妙な体の動きとバランス、タイミングが結果に大きく影響を及ぼす動作をする場合は 体を動かそうとする時、もしくは その直前に 何かを意識したり、考えても、上手く行かないことが多くなる。それどころか、多くの場合、一つのことを意識したことで 悪い結果を招いてしまうことが少なくない。それは 体の動きを意識でコントロールしようとすると 体全体の動きの調和が乱れてしまうからで、OB を出す時などの典型的な思考と行動のパターンだと言える。

例えば、もう少しゆっくりクラブを振ろうといったスピード、テンポ、リズムに関する発想。また、肩の力を抜こうといった力の入れ方、また、体重を乗せようとかバランスを崩さないようになどといった 体重やバランスに関する発想。さらに、手やボールを何処に置くかと言った姿勢や位置の問題。体やボールの回転、膝や腰の曲げ伸ばし、インサイドやアウトサイドといった概念、アップライト・フラットなスイングなど角度に関する発想、そして、小さく・コンパクトなバック・スイングなど 距離や物の大小に関して考えることもあるだろう。

次のショットで(例えば、肩を 確り回そうといった)自分がやるべきことを考え、意識することは悪くないが、そのままの状態で ショットに臨めば、失敗する可能性は高くなる。しかし、そんな時に その考えを イメージ化し、言葉になった意識を 一度排除してしまい、その後に 自分がやるべきことを反映した鮮明なイメージを作り上げてから 無心の状態になって イメージ通り ショットをすれば 良い結果を もたらす可能性が高くなるというような(発想法の)テクニックも有効である。

一方、物事の考え方には 同じように思えても そうでないこともある。例えば、パットを外さないようにすることと、パットを入れようとすることは 同じことのように思えるが 違った結果を生み易い。つまり、同じことを どう考えるか、また、同じものを どう見るか ということも 研究して見る価値があるだろう。また、パットの時に 自分が過去に入れたパットのシーンを思い出す という 成功のイメージを使う(失敗した時のことは 極力 思い出さないようにする)のも 一つの発想法のテクニックである。前のホールでパットを外した時などは どうすべきか。良く考えて見る必要があるはずだ。

体を どのように動かして、クラブを どのように振れば良いのかという観点からの練習も必要であるが、普段から、体と脳、そして、心のバランスを取る訓練も 忘れてならない。どんな状況下でも 比較的 システマチックに ロジカルな対応が出来る プレーイング・スタイルと スマートなゴルフ発想法の構築を この機会に研究して見ては 如何。


 
 
読書室 トップ
トップに戻る
www.mamejiten.com - all rights reserved Site Contents: 本 HP 利用上の注意