コンテンツ目次






スライス対処法

このページのコンテンツ
• はじめに
• グリップ
• 腕の振り方
• アウトサイド・インの軌道修正
• 正しいスイング軌道のショット
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


スライスに悩んでいる人は少なくないと思うが、スライスが出る原因は 二つある。即ち、1)インパクトの時に フェースが開いていること、2)スイングの軌道がアウトサイド・インになっていること の二つである。ここでは そんなスライスに対処する方法について説明する。

グリップ


スライス・ボールが出るメカニズム右図は スライスになる時のスイング軌道とフェース面の状態を図示したものであるがこのような状況に理由は、多くの場合、グリップか 腕の振り方(場合によっては、その両方)に問題があるからだが、まず、自分のグリップが ウィーク・グリップになっていないかをチェックしよう。スライス防止には ストロング・グリップが お勧めだが、クラブを あまり強く握らないよう、また、アドレスした時に クラブ・フェースが スクウェアーに構えられているか を良く注意してみよう。


(1) ストロング

(2) ニュートラル

(3) ウィーク


腕の振り方


次に、最も大切な 腕の振り方である。スライサーの大半の人が 前述の二つの原因になるような腕の振り方で フォワード・スイングをして スライス・ボールだ出るのだから、それを矯正することが 必要な訳だ。スライスを矯正するためには、スライスの反対、即ち、フックやドローを打つイメージで、インパクトで ボールの内側をクラブ・フェースで叩くようにして、そこから、ヘッドがインサイドに抜けるように腕を振って ボールを打つ必要がある。

テニス(トップスピンのボールの打ち方) テニスや卓球をやったことは 誰にでもあると思うが、その時に トップスピンをかけてボールを打つ時の腕の使い方と同じような動きで クラブを振れば良いのである。つまり、ボールを打った後に腕を折りたたむような動きをすることがポイント。テニスでは、片手、片腕でスイングをすることが多いが、ゴルフでは両手でクラブを振る訳だから、これを 両腕のケースで考えてみよう。トップスピンのボールを打つには ボールを打った後、右腕も左腕も(両方を)たたみ込む必要がある。腕をインパクト後に直ぐに折って、クラブを引き上げるような動作をするが、それと同じ腕の使い方をゴルフでも覚えることが、スライス矯正には大変効果がある。ただし、ゴルフでは 腕を上から下に落とす訳だから、テニスと全く同じ要領では腕や体を動かすことは出来ないはずだ。

しかし、ゴルフでも ボールを打った後は ヘッドが下から上に上がって行くことになるので、その動きに テニスのトップスピンの打ち方を取り入れることは出来る。また、フォワード・スイングで腕やクラブヘッドが下に落ちて行く時も、その肩の動きに、テニスで トップスピンを打つ時の動きを取り入れることは可能である。

ゴルフではフォロースルーで クラブヘッドを出来るだけターゲットの方へ長く押し出すことが良いと考えている人も少なくないと思うが(その考え方が間違っている訳ではないが)その結果、左腕を前述のようなタイミングで 肘が地面を指すように 折りたたむことが出来ないことで、スライス・ボールを打つ結果になっている人は少なくないはずだ。左肘が地面ではなく、ターゲット方向を指すように折れる人は、まず、その点を直す必要がある。


アウトサイド・インの軌道修正


殆どの場合、アウトサイド・インの軌道のスイングは 背骨を 中心にした正しい体の回転運動に直すことで矯正できる。上半身と下半身が 一緒に回りながら 手と腕で クラブを振ろうとすれば アウトサイド・インのスイングになるものである。上半身の回転は インパクトの時に 肩が ほぼ スクウェアーになるように 下半身の回転よりも遅れて回転する必要がある。テニスのケースも同じ動きが要求されるはずだ。

そして、肩の回転はインパクトからフォロースルーの時に大きく回り、フィニッシュの時には 右肩がターゲットの方を指す形になるのが正しい肩および上半身の回転だ。腕と手を肩の動きにフォローするように使うのがコツ。そうすれば、腕、手、そして、クラブは 体を軸にした 正しい回転運動をするので クラブをインサイド・インに振ることが出来、スライスも出なくなるだろう。その他、注意点は 以下のとおり。

1) グリップは 軽く握り、力を抜いて 右肘をわき腹に付けるように構える。
2) テイクバックは 低く、遠くに、そして 少しだけ インサイドに引く。
3) フォワード・スイングは、 左腰の引きで始動。
4) 肩の回転は ゆっくりとし、体重の半分はインパクトまで 右に残す。
5) フォワード・スイングは 肩をフラットに(テニスのイメージで)回す感じで。
6) 腕と手は 肩の動きにフォローするようにゆっくり落とす。
7) インパクトからフォロースルーは左肘が地面を指すように 腕を折りたたむ。


正しいスイング軌道のショット


正しいスイング軌道右図のような正しいスイング軌道でクラブを振れるようになるよう 以上のポイントに従って 練習して下さい。スイング軌道が 2°インサイドから入ってくれば、フェースは 2°オープンになる状態でも スライス・ボールは出ないもので、ドロー・ヒッターの上級者と言われる人達は 3 - 4°インサイドから入るスイング軌道で、フェース面を 2°ほどオープンにしてドローを打っていて、それが最も標準的な正しいスイング軌道のショットだと言えよう。

スライスに悩んでいる人は、上述のポイントのどれが出来ていないのかを良く考えて、今の自分の打ち方を変える工夫をして下さい。最初は 70% - 80% 位のスイング・スピードで練習してみると良いでしょう。





www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意