コンテンツ目次







アルバトロス(出る確率、信じ難い記録など)

このページのコンテンツ
• はじめに
• アルバトロスが出る確率
• メジャー大会で出たアルバトロス
• マスターズのアルバトロス 動画
• パー 4 のアルバトロス
• 国内ツアーで出たアルバトロス
• 信じ難い記録
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


albatrossホールインワンより数百倍 出すのが 難しい と言われる アルバトロス (Albatross) だが、パー 5 の 2 打目、稀に パー 4 の 1 打目を入れて 規定打数(パー)より 3打少ない打数でホールアウトすれば アルバトロス(アホウドリの意)となる。ただし、英語圏では アルバトロスと言うより ダブル・イーグル (Double Eagle) と言うことの方が 一般的である。

アルバトロスが出る確率


色々なデータを目にするが、アルバトロスの出る確率は 100万回〜200万回に 1 回ということで、米国では 年間 40,000回程度のパー 3 のホールインワンが出るにも拘わらず アルバトロスは 200回程度しか出ないそうだから、そのデータによれば アルバトロスは パー 3 のホールインワンより 200倍 難しいことになる。» ホールインワン

アルバトロスしかし、一般アマチュア・ゴルファーの場合、ほぼ 90% のゴルファーが パー 5 は 距離的に 2 オン出来ないから、アルバトロスが出る確率は さらに低くなり 600万回に 1回程度になる と言われており、概ね 600倍も難しい計算になる。アルバトロスの多くは、残念ながら、飛距離の出るプロやトップ・アマのような人たちの独壇場と言うことになるようだ。

米ツアープロ (PGA) の場合、競技中に出るアルバトロスの数は 多い年で年に 5〜6 回、平均的には 2〜3 回(個人ではなく ツアー全体で)出るようだから その難易度は 30回前後出る ホールインワンの 10~15倍(約 3万回に 1回)と 普通のゴルファーとは まったく違った難易度になっている。ただし、ツアープロでも 70年代、80年代には 年に 1〜2 回ともっと珍しかった。

メジャー大会で出たアルバトロス


1935年に ジーン・サラゼンが 第 2 回マスターズの最終ラウンド、15番ホール、パー 5 の第 2 打目 235ヤードを バッフィー(4番ウッド)でホールアウトしたアルバトロスは 世界に轟き渡ったショット(the shot heard around the world)として語り継がれている。彼は このショットで最終日 1位タイに並び、翌日のプレーオフを 5 打差で制し、優勝した訳だ。

さらに、最近の記録では、2012年のマスターズ最終日に 2010年 全英オープン・チャンピオンの ルイ・ウーストハイゼン (Louis Oosthuizen) 選手が マスターズ史上初めてとなる 2番ホールでのアルバトロスを出して首位に飛び出し 18ホールを首位タイで終了したが、プレー・オフで ババ・ワトソン (Bubba Watson) 選手に敗れ、優勝を惜しくも逃した記録がある。その時の動画(音声あり)を ご覧下さい。

マスターズで出たアルバトロスの動画

因みに、メジャー選手権では過去に 18回のアルバトロスが記録されており、その内訳は マスターズ (4)、全米 (3)、全英 (8)、全米プロ (3) となっている。最も古いものは 12ホールの 3ラウンドで競っていた 1870年の全英で、トム・モリス・ジュニア (Tom Morris Jr.) が プレストウィック (Prestwick G.C.) の 1番ホールのパー 6 の 3打目を入れた記録である。それ以外は全てパー 5 の 2打目が入ったものだが、2000年以降に その半分の 9回が出ていることからも分かるように 選手の飛距離が伸びたことで アルバトロスの出る確率が高くなったことは 明白である。


パー 4 のアルバトロス


一方、パー 4 のアルバトロスも出ているが、アメリカの PGA では 僅かに 1回、その下部ツアー (Nationwide Tour) で 3回があるだけだ。その数はパー 5 の記録に比べると圧倒的に少なく、それが出る確率は 数十分の一から 百分の一くらいだと推定される。日本のツアーでは、中日クラウンズが行われた名古屋 G.C. 和合コースの 1番ホール(341ヤード、パー 4)で 1998年 5月 1日に 中島常幸選手が記録しているが、それだけである。

なお、幻のアルバトロスとなった珍しい記録が 2015年 3月 27日 米国 PGA Valero Texas Open の初日の 17番ホール・パー 4(336ヤード)で アーロン・バデリー (Aaron Baddely) によって出された。ティーショットが アンプレヤブルとなり、打ち直した 第 3打で ホール・アウトしたという記録だ。スコアはバーディーであったが、336ヤードをホール・イン・ワンしたので、これが 打ち直しのショットでなければ、パー 4 のアルバトロスだった訳だ。

国内ツアーで出たアルバトロス


日本国内ツアーの最近の記録を見てみると 2007年 11月 4日、米 LPGA の公式戦となるミズノ・クラシックの最終日(於 近鉄賢島 C. C.)の 7番ホール、485ヤード、パー 5 の 2打目を 上田桃子プロが 3番ウッドで打ってカップインしたアルバトロスが大きく影響し 優勝したケースがある。上田選手は これによって 米国ツアーのシード権を獲得した。また、2008年 5月 17日、日本プロゴルフ選手権の 3日目(レーサム ゴルフ & スパ リゾート 17番ホール 526ヤード) に 谷原秀人プロが アルバトロスを達成。さらに、極めて珍しい記録になるが、2009年 4月 24日には 日本の男女両ツアーの同じ日(共に トーナメント 2日目)にアルバトロスが出た。デービッド・スメイル選手(ニュージーランド)が「つるやオープン」山の原 G. C. の15番ホール(492ヤード)で、そして、有村智恵選手が「フジサンケイ レディス クラシック」川奈ホテル G. C. の 5番ホール(470ヤード)で、それぞれ 達成した。 さらに、2009年 11月 29日には カシオ・ワールド オープンの最終ラウンド(於 高知黒潮 C. C.)で 宮里優作選手が 18番ホールのパー5(530ヤード)の二打目の残り 260 ヤードを 5Wで打ち、自身二度目のアルバトロスを達成している。

より最近の珍しい記録では、2011年 7月 15日に、有村智恵選手が「スタンレー レディス ゴルフ トーナメント」が行われた東名カントリークラブの 8番ホールのパー5(503ヤード)で アルバトロスを達成したが、その日の同じラウンドの 16番ホール・パー3(135ヤード)で 何とホールインワンを記録するという 出来事が起きた。 また、2013年 4月 20日の東建ホームメイトカップの 3日目(於 東建多度 C.C. 名古屋)、上井邦浩選手が 17番ホール 518ヤードで(残り 195ヤードから 6I で)アルバトロスを奪い、自己ベストの 62 をマークして首位にたった。さらに、2015年 8月 15日、軽井沢 72 ゴルフ 北コースで行われた 女子ツアー「NEC 軽井沢 72」の 2日目、渡邉彩香選手が 16番ホールのパー 5 で 残り 195ヤードを 4I で打ち アルバトロスを出したが、その日の 5番ホールのパー 4 では 残り 95ヤード の 2打目をホールインする イーグルも出した。さらに、2016年には 武藤俊憲選手が 日本プロ選手権日清カップの二日目に 北海道クラシック G.C.(7094ヤード、パー72)の 8番ホールで 残り 255ヤードを 3U で カップインし アルバトロスを達成したが、何と その僅か 13日前、ISPS ハンダ・グローバル・カップの三日目に 朱鷺の台 C.C. の 16番ホール・パー 5 でも(205ヤードを 5I で)アルバトロスを出していた。しかし、2016年の日本プロ選手権では 2008年の日本プロゴルフ選手権で アルバトロスを達成している谷原秀人に 武藤が最終ホールで追い付かれ (-22) プレーオフの末、優勝を逃した。

信じ難い記録


アルバトロスよりさらに難しいパー 5 のホールインワンは コンドル (Condor)、または、トリプル・イーグル (Triple Eagle) と呼ばれるが、コンドルは ほとんど出ることがない。それでも、最も長いホールインワンの記録として 2002年 7月 4日に 米国 コロラド州(高地)の Green Valley Ranch Golf Club というコースの 9 番ホール 517ヤード・パー 5 でマイケル・クリーン(Michael Crean)という人が出したという信じ難いコンドルの記録がある。

別の信じ難い記録として、1964年 9月に ノーマン・マンレー(Norman Manley)という人が 米国 カリフォルニア州 (Saugus) の Del Valle Country Club というところで、330ヤードの 7番ホールのパー 4 でホールインワンを出した後、8番ホール(290ヤード)のパー 4 でもホールインワンを出したという記録がある。つまり、彼はアルバトロスを 2 ホール連続で出した訳だ。また、米国バージニア州にあるパブリック・コース (Laurel Hill Golf Club) で行われた GolfStyleOnline.com 主催の Solstice Survival Tournament という大会で +4 ハンデのアマチュア・ゴルファー、パトリック・ウィルス (Patrick Wills - 59歳) が 57 という凄いエージシュートの新記録を出したが、その内容が信じ難いもので、ホールインワンが 3つ、その内、2つは ミドルホールで出た アルバトロスだそうだ。» エージ シュートの記録

アルバトロスの出る確率が 100万回に 1回の確率だとしても、2 ホール連続でアルバトロスが出る確率は、1兆回に 1回ということになる。コンドルの出る確率が どの位かは 知る由もないが、どちらが難しいかと聞かれたら 貴方は どう答えるだろう?




www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意