ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

クリーブランド・ウェッジ|徹底レビュー

クリーブランド・ゴルフ (Cleveland Golf) は 1979年に設立された米国のゴルフ用品メーカーで 2007年以降はダンロップの傘下に入った会社だが、その 40年の CG社の社歴の中で最も注目される製品が同社のウェッジである。中でも、特記すべきは TA588 モデルだが、CG のウェッジの 5番目のデザインで 1988年に発売されたモデルという意味で 5 と 88 を 組合せた数字 588 が 製品名になったもので、発売以来、延べ 26人のメジャー大会優勝者を輩出した名器である。

現在の RTX シリーズは、2013年に発売された 588RTX が最初のモデルで、その後、2014年に 588 RTX 2.0、2015年には 588 RTX 2.0 プレシジョンフォージド、2016年にアベレージ向け「RTX F-FORGED」を投入し、さらに、2017年には RTX-3、そして、2018年に 現行モデルである RTX-4 シリーズを発売した。
RTX 2.0

ウェッジから 588 の名称がなくなったのは 2017年に発売された RTX-3 からである。因みに、RTX は「Rotation Technology (ローテーションテクノロジー)」の略で レーザーでフェース全面にカーブ状の溝を均等に施すことでフェースを開いたショット時にフェースの先の方にボールが当たったり、溝方向が変わってもボールをグリップし安定して打てる CG オリジナルの技術である。また、RTX-3 では ホーゼルを軽量化し余剰重量をヘッドへ配分したことにより、重心位置をセンターに近づけ、スピン性能、打感、飛距離性能を向上させる「フィール バランシング テクノロジー」と ソールの抜けをよくし キレのいいショットを実現する「Vソール」が搭載された。

現行モデルの RTX-4 シリーズは 仕上げがツアーサテン、ブラックサテンの二種類(アメリカでは 真鍮色の RAW を加えた三種類)シャフトは NS PRO 950GH / MODUS3 TOUR 105 / DG S200 などから選べ、ソールに関してもロフトによって異なるが 58°では Full / Mid / Low / XLow の四種類(アメリカでは 60°でも四種類、また、62°/64° Low という選択もある)から選べるようになっている。その他にも アベレージゴルファー向けの RTX F-FORGED II ウェッジや CBX ウェッジ、さらに、スマートソール ウェッジなどのモデルもある。
RTX 4.0
左から RTX-4 ... RTX-4 フォージド ... CFX
(クリーブランド・ウェッジ|現行モデル)

近年のクリーブランドのウェッジは TA588 や 588 RTX の頃のでザインに比べると バウンス角は 相対的に小さく 重さも軽めになっている。特に注目したいのは ソール(削り落とし)デザインにおいて四種類から選べる RTX-4 58° のウェッジの Low と XLow のクラブである。ロブウェッジとしての機能を重視したデザインのクラブだが、バウンス角 6°/ Low でも開き易いが、バウンス角 3°/ XLow となるとバウンスが殆どないので フェースを開いても 地面に吸い付く感じになる。しかし、比較的ダウンブローにクラブを落とす人がこの手をクラブで普通のショットを打つとダフってしまう可能性が高くなるので(上級者以外には難しいデザインで)注意して欲しい。ローバウンスのウェッジは 比較的ハイバウンスの 56, 54/10 Mid のようなクラブをバッグに入れて ロブショットとスピナーといったショット専用に使い分けるクラブだと言えよう。

RTX-4 スペック
ロフト / バウンス シャフト長さ ライ角 スイングウェート シャフト
48/08 Mid 35.25" 64° D3 DG S200
NSP 950GH
MODUS3
50/10 Mid 35.125" 64° D4
52/10 Mid 35.125" 64° D4
54/10 Mid 35" 64° D4
56/8 Low 35.25" 64° D4
56/10 Mid 35.25" 64° D4
56/10 Full 35.25" 64° D4
58/03 XLow 35" 64° D5
58/06 Low 35" 64° D5
58/09 Mid 35" 64° D5
58/09 Full 35" 64° D5
60/09 Mid 35" 64° D5
ソールデザイン

RTX4
RTX-4 ウェッジの特徴は 1988年に発売された初代の 588 のデザインをベースに そのアドレス時の感じが同じ様になるよう工夫されたものだが 同時に最新の金属加工技術を駆使した優れもので その品揃え(スペック)において 近年は選択肢が少し減ってしまった観は否めないものの 充実したものである。名前の RTX は ROTEX の略で、写真右のように カーブ状にミーリングし、一種のマイクロ・グルーブをフェース全面に施し、ボールのグリップ力をアップし、加えて、打点が トゥ側になりやすいフェースを開いたショットでもスピン性能を最大限に引き出すするための技術を示すものである。なお、RTX-4 フォージドモデルもあるが 色々な意味で 鋳造モデルに比べ スペックの選択肢は少ない。

RTX-4 フォージド スペック
ロフト / バウンス シャフト長さ ライ角 スイングウェート シャフト
50/10 Std 35.25" 64° D3 DG S200
MODUS3
52/10 Std 35.25" 64° D3
56/08 Low 35" 64° D4
56/11 Std 35" 64° D4
58/08 Low 35" 64° D4
58/10 Std 35" 64° D4
60/08 35" 64° D4

なお、CFX / CBX モデルは キャビティ・バック (Cavity Back) のデザインのクラブだが それらのモデルはソール(バウンス角)の選択肢に限りがある。 どちらも CG 15 ウエッジの流れを汲む比較的ワイドソールで V字型の 所謂 キャンバーソールのクラブである。 » 商品を見る

Copyright © 2004-2021 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP