コンテンツ目次




小さな筋肉の動かし方、使い方

このページのコンテンツ
• はじめに
• 体を リラックスさせる工夫
• 指に潜む 意外な力
• 最適な状態の維持
• メンタル面での効用
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ゴルフクラブは 出来る限り 大きな筋肉を使って 振れと言われている。しかし、アドレスで 体が 静止状態になった時に そんなことを考えていれば 金縛りにあったように 固まってしまい兼ねない。それでは 大きな筋肉を スムースに動かすことは まず出来ない。どのように リラックスして テイクバックに入れるか。ある意味 それが ショットの良し悪しを決めると言っても 過言ではない。

体を リラックスさせる工夫


アドレスで 完全に 体が静止した状態を長く続ければ 肩や腕など 大きな筋肉が硬直し 不必要な力が入って スムースに スイングに入れないばかりか その後の動きの全てにおいて 力みを取ることは 難しくなる。そんな状態で ショットをしていたのでは リズムや バランスを 大きく崩すことも多くなってしまう。そこで 体重を 左右の脚に交互に掛ける動作や ワッグルなど 体の様々な筋肉を動かすことを 利用して 体全体の筋肉を リラックスさせて 固まってしまうことを避け スムースなスイングの流れが作れるようにしている人は 無意識の内にやっている場合が多いだろうが 少なくないはずだ。

指に潜む 意外な力


親指一方、あまり知られていないことだが 指を動かすことで 大きな筋肉は ほとんど動かない状態でも 体全体を リラックスさせることが出来るという 体のメカニズムがあるのを ご存知だろうか。例えば、足の親指を テイクバックの動作に入る前に 小刻みに何度か動かすことで 体全体を リラックスさせることが出来る。また、手の指を 少し動かすことでも 同様の効果が得られる。手の指の場合は クラブを握っている訳だから 動かせるのは 右利きの人であれば 右手の親指と 人差し指 もしくは 左手の小指(グリップによっては 人差し指)になるが、ここでも 指を 何度か 軽くタップするように動かす訳だ。とは言え、ただ 指を 軽くタップすれば良いというものではない。指のような 小さな筋肉を 前述のように 意図的に 小刻みに動かす目的は 体全体の余分な力を抜いて 静から動に移る タイミングを計り 流れるようなスイングの引き金を引くことだから その点を 意識してやらなければ意味がない。

さらに、トップでの切り返しや ボールを打つ瞬間などを含め、スイングを通じて体全体の適度な脱力とバランスの維持が出来ていなければ いくらスイングのスタートがスムースに出来ても意味がない訳で そうした観点から どのように スイングをスタートさせて フィニッシュさせるか と言うことも考える必要がある。そこで 次に考えるべきことが 切り返しから インパクトでの力みの排除である。

最適な状態の維持


つまり、体の力が上手く抜けた状態、言い換えれば、筋肉の適度な脱力が出来た状態でスタートした ゴルフ・スイングの筋肉の状態を スイングを通じて上手く維持することが 究極の目標だとも言える。筆で字を書く時に 急に 一箇所だけ 筆圧を上げても 美しい字は書けないように ゴルフのスイングでも トップや インパクトで 急に筋肉に テンションが掛かるような動きをしないように 体と筋肉をバランス良く 流れるように動かす必要がある。

指先に神経を集中させる訳ではないが そこに神経が行くことで 肩や腕などの大きな筋肉の力が適度に抜けるのだから スイングのスタートから フィニッシュまで スイングを通じて 大きな筋肉の好ましい状態を維持するには その指先への神経を 適度に 配り続けることである。そんな発想で 色々と工夫して 練習場でボールを打ってみよう。多くの人は 人間の小さな筋肉を動かそうとする神経と 体、つまり、大きな筋肉との間に 面白い関係があるということ、そして、スイングを通じて 適度な脱力が上手く出来れば ショットの安定性が増す ということに気付くはずだ。

具体的に どのような方法が最も有効かは 個人差もあるから それぞれが工夫すべきことだと思うが 特に 自分にとってのベストな プリショット・ルーティーンを確立する上で非常に重要なこととして 小さな筋肉と大きな筋肉の関係について注目し 研究して欲しいのだ。このことは ドライバー・ショットから パットのストロークまで ほとんど 全てのショットにおいて 共通したポイントのはずである。 例えば、バック・スイングで 左腕とクラブの引き方を こうしたいという考えがあるとすれば アドレスで 左手の小指を 軽く 何度か動かすモーションを入れ その指先に神経を配って 腕とクラブを動かす工夫してみると良いだろう。

メンタル面での効用


また、小さな筋肉を動かすことや 指先の神経に意識を働かせることは フィジカルな面での上述のメリットを享受できることに加え メンタルな面で ネガティブな思考を(そこに適度に意識が行くことによって)上手く排除するという メリットも期待できるはずだから そうした応用も研究してみる価値があるだろう。ただし、指先に意識が行き過ぎても 良い結果にはつながらないものだから そうした意味でのバランスは 工夫してみる必要があろう。

以上、初心者から上級者まで 是非一度 試して欲しい 体の動きと脱力に係わる あまり知られていない 小さな筋肉を動かし方、使い方のお話でした。

関連リンク
• 色々なスタイルのワッグル • フォワードプレスの研究


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意