コンテンツ目次

首都圏ゴルフ場ガイド

フォワード プレスの研究

このページのコンテンツ
• はじめに
• フォワード プレスの意味
• フォワードプレスの種類
• 水の入ったバケツ
• フォワード プレスの落とし穴
• 理想のフォワード プレス
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ゴルフ・スイングのスタートは 静から 動への動きで それをスムースに テンポ良く 始めることが 良いショットをする上で 極めて 重要になる。殆どの人は意識する しないに拘らず、何らかの形で 体の一部を前方に動かし その反動を利用する形で クラブを後方に引くという 所謂 フォワード プレスの動きをするものだが、そのやり方次第で スイングのバランスやテンポに大きな差が出るということには気付いてないようだ。

フォワード プレスの意味


フォワードプレスフォワード プレス (foward press) とは 手と腕を(目で見て分かる程度)少し 前に押し出すようにする動きのことであるが、同時に、腰や肩、さらに、下半身も それに合わせて(意識する、しないは 別にして)通常は 少し動かすことになる。そうすることで、体全体が クラブを後ろに引くという動きを 上手くサポートできる体勢になれる訳だ。例えば、下半身は右膝を少し内側に引き寄せるような動きを取り入れている上級者も少なくないが、基本的な考え方は、これから体を動かそうとする方向とは反対方向に少し動いて反動をつけるということである。

フォワードプレスの種類


アドレス時に ワッグル (waggle) をしてから間髪を入れずに フォワード プレスに入るようなスタイルでバック・スイングに入る人も居るだろうが、そうした動きも、これから体を動かそうとする方向とは反対方向に少し動いて反動をつけるという意味では同じようなもので 大きめなフォワードプレスだとも言える。一方、分からないほどの小さなフォワード プレスの方が、本来の目的を上手く果たせると感じる人も少なからず居るだろう。また、グリップ・プレッシャーを 強-弱-強-弱 などとして リズムと弾みを付けるテクニックや 指を小刻みに動かす方法なども フォワード プレスと同様な役割を果たすもので、そうしたことを組み合わせることは、そのテクニックの一つだと言える。

フォワード プレスは フル・スイングからアプローチ・ショット そして パッティングに至るまで ゴルフの全てのショットに応用可能なもので、それぞれのショットに合ったフォワード プレスという観点から それぞれのゴルファーが行っている訳で、そのスタイル、大きさ、タイミングなどには 様々なものがある。

水の入ったバケツ


フォワードプレスのイメージところで、どうしたら 体とクラブをスムースに始動させ、クラブを望ましいスイング・プレーンに乗せることが出来るか というフォワード プレスの命題を解く鍵が 「水の入ったバケツ」 を持ってスイングするイメージで テイクバックに入るという 昔から 言い伝えられている 思考法にある。フォワード プレスからバック・スイングへと上手く移行するために有効なアイデアの一つである。ただし、力を入れてバケツの取っ手を握るイメージでは、テンポの速いスイングになってしまうから、水の入ったバケツを 軽くグリップするイメージで行うことがポイントである。軽くグリップするイメージなら スイングのテンポも ゆっくり目になるだろう。さらに、水の入ったバケツを振るイメージは その中の水を溢さないよう 体とクラブを動かすのがポイントだが、スイングを通じて そのイメージを持ち続けると効果があると言われているものだ。そして、例えば、バケツの中の水を フィニッシュで自分の左側に投げ飛ばすイメージでスイングを完了すれば ドロー系のボールが打てるし、右前方に飛ばすイメージでフィニッシュすれば フェード系のボールが打てるはずで、そうした応用にも使えるアイデアである。

フォワード プレスの落とし穴


フォワード プレスは 上手く利用すれば 前述のようなメリットがある反面、デメリットにもなり得る。例えば、フォワード プレスが大きくなり過ぎれば バック・スイングに勢いがつき過ぎて スウェイの原因になることもあるし、それをすることで 手や腕に力が入り過ぎている人も居る。 また、インサイドにクラブを引く原因になったり、手打ちを助長し兼ねない側面もある。

例えば、テイクバック開始時に グリップ・プレッシャーが 必要以上に強くなったり、前腕に力が入ったりするのは 通常 マイナス要因になるが、テイクバック前に行う フォワード プレスのやり方によっては そうしたことが起きてしまうこともある。当然、工夫をして、手や腕ばかりでなく、体全体の不必要な力が抜けた スムースな動きが出来るようにすべきなのは言うまでもない。そんな フォワード プレスには 多くのアマチュア・ゴルファーが気付いていない 秘密が隠されている。

理想のフォワード プレス


フォワード プレスと言うと その手や手首の動きばかりに 目が行くが、実は その肩や下半身の動きにも着目する必要がある。例えば、手と腕をまったく動かさずに 肩だけを動かすだけでも フォワード プレスは出来る。肩の動きが中心になるフォワード プレスをすれば 手と腕の動きを タイミング的に遅らせて ゆっくり始動させることが出来る。重要なポイントである。また、下半身に関しては、例えば、フォワード プレスのタイミングで 右膝を内側に押し込む動きを入れることで スウェイ的な動きの抑制も出来る。そうしたことまで考えて 自分にとっての理想的なフォワード プレスがどうあるべきかを研究して欲しい。

要は、どのようにしたら テンポ良く、スムースに 静(アドレス)から 動(テイクバック)への動きが始められるかと言うことだが、回転運動が中心のロングゲームと 精度と方向性を重視すべき ショート・ゲームとでは 求められるものも 自ずと違う訳で、そうしたことも勘案し、様々な観点から 色々な方法を試し、自分に最も適した方法を見つけ出すことが大切であろう。なお、フォワード プレスの研究においては 別途 詳細を説明している 「小さい筋肉の動かし方、使い方」 のページの内容なども参考になるはずだから、このテーマについて研究したい方は そちらも 是非 ご一読下さい。 » 詳細

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP