コンテンツ目次
首都圏ゴルフ場ガイド

ベン・ホーガンの ゴルフ・スイング

このページのコンテンツ
• はじめに
• ベン・ホーガンの経歴と偉業
• ゴルフ・スイング 解説
• ゴルフ・スイング 動画
• 著書 - モダンゴルフ
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


ベン・ホーガンベスト・ボール・ストライカーと良く言われるベン・ホーガン (Ben Hogan) のゴルフ・スイングは 彼が亡くなって 20年近くが経とうとしている今でも 多くのプロ・ゴルファーが参考にするような 素晴らしい ゴルフ・スイングである。

ベン・ホーガンの経歴と偉業


ベン・ホーガンは 1931年 19歳でプロに転向するも 最初に優勝するまでに それでも 7年の歳月を費やした。また、1949年には 交通事故で足を怪我し 競技ゴルフを断念かと思われるような経験もしたが その後の活躍は 目覚しく 全米オープン 4 回、マスターズ 2 回、全米プロ 2 回、全英オープン 1 回 と合計 9 回のメージャー制覇をし グランドスラムも達成した。特に、1953年には 3つのメージャーを制したことで知られており、タイガーが 2000年に 年間 3勝のタイ記録を出すも 彼のこの記録は 未だに破られていない。

ゴルフ・スイング 解説


現代のゴルフ理論で 彼のスイングを見ると 所謂 1プレーンのゴルフ・スイングを 彼はしていたことになるが 比較的 大きな前傾姿勢のポスチャーで 肩の回転と腕の回転が 1つの面(プレーン)になるスイングは 腰と肩の回転、そして、腰と肩の回転で生じる その間のテンションなどをパワーソースとする、所謂、ボディーターンのモダン・ゴルフ・スイングと言える。つまり、コリン・モンゴメリーや へール・アーウェインなどに代表される ボールに 比較的 近く立って ポスチャーでの前傾が少なく、肩は ほぼ水平に回転し 腕は アップライトで肩と腕が異なったプレーンの上を回転する 2プレーンのクラシック・スイングとは 対比されるスイングである。

腕の振りや体重移動によるパワーに依存する 2プレーンのスイングに比べて 体重移動がほとんどなく、上・下半身のテンションとボディーターンに そのパワーを依存する 1プレーンのスイングは 腕の振りと体の動きのタイミングの取り方が クリティカルになる 2プレーン・スイングに比べて 安定したスイングを可能にすると考えられ、加えて、腰への負担なども少なく、近年のプロの中には 2プレーンのスイングから 1プレーンのスイングに変える人も(その逆は 殆どいないが)少なくなかった。

ゴルフ・スイング 動画


以下のユーチューブ動画は ホーガンがフォワード・スイングは(肩ではなく)膝と腰の動きで始動すべきだと強調しているもので、特に、そのニー・アクションに注目して欲しい。多くのツアー・プロが 参考にした動きで 膝(ニー)は 高級車のサスペンションのように動いているものの 頭は殆ど動いていない。ベスト・ボール・ストライカーと言われた ホーガンの素晴らしさの鍵は このニー・アクションに あったのかも知れない。


著書 - モダンゴルフ


モダン・ゴルフ彼は他にも その著書 モダン・ゴルフ(英語版: FIVE LESSONS - Modern Fundamentals of Golf)で スイング・プレーンやプロネーションスーピネション(左腕のローテーション)、フォワード・スイングの始動時に クラブを レイ・オフ (lay off)、即ち、右手の掌が天を指すように 右腕を使って フォワード・スイングのプレーンが バック・スイングのプレーンより若干フラットになるような打ち方など 当時は斬新だったゴルフの概念を一般ゴルファーの間に広め、ゴルフの普及や教育でも偉大な業績を残した。(日本語版に興味のある方は こちら

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加



www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP