ゴルフ豆辞典 メニュ メニュー

X ファクターが飛ばす鍵

飛距離をアップさせるには まず インパクトゾーンのヘッドスピードを上げること、そして、ミート率とアタックアングル(» 詳細)を 改善する必要がある。ヘッドスピードは 正しいメカニズムとタイミングで リスト・ターンを 行ってクラブを 効率良く リリースすることで アップするが(» 詳細)加えて、ボディーターンのスピードを 上げてやることも重要だ。そして、そのボディーターンについての理解を深める鍵となる概念が X ファクター (X-Factor) である。

X Factorダウンスイングに入る前、つまり、トップのポジションでは 腰の回転と肩の回転の差が生じる訳だが、この角度のことを X ファクターと言う。アメリカの有名なティーチングプロのジム・マクレーン (Jim Mclean) が使い始めた概念であるが、この差(X°)が大きくなるように バックスイングでは 下半身の動きと腰の回転を 抑えて、肩を 大きく回転させることが飛ばすための最初のポイントである。トップでは 左肩が 右足の上に近い所まで来るイメージである。また、ダウンスイングでは その初期段階から腰を早く回転させる一方で、肩の回転は少し抑えるようにスイングすることで 腰と肩の角度差 (X°) が 更に大きくなるが、そうすることで インパクトゾーンにおける肩の回転が速くなり、ヘッドスピードを上げることが出来ると言う理屈である。肩を十分に回して、この腰の回転と 肩の回転を切り離す(separate)イメージでスイングすることがポイントだと言われている。

腰の回転と肩の回転を切り離す(separate)ということは、下半身の回転軸(グリーンの点)と上半身の回転軸(オレンジの点)を別々に上手くコントロールすると言うことになるが、ダウンスイングの早い段階で上半身に力が入ってしまえば、肩の回転は 腰の動きにより影響を受けるから、極端な場合は、回転軸が一つになる感じで、腰と肩がほぼ一緒に回転するスイングになってしまう訳だ。(飛ばすためには 良くないショットだが、ショートゲームでは、そうした打ち方が 効果的である。)二つの回転軸を切り離すコツは 上半身の力をダウンスイングの時に 出来る限り抜くこと(ゴムのような状態にすること)である。そして、もう一つのコツは 腰も肩も なるべく それぞれのマス (質量) の中心を軸にして回転させることである。もちろん、究極の目標は 正しいタイミングで肩を早く回転させることだ。

しかし、以上のように肩を大きく回そうとすれば、体全体が右にシフトし、所謂、スウェイをすることにもなり兼ねないから、回転軸と重心が あまり 左右にシフトしないよう、左の肩だけを大きく回そうとするのではなく、左右の肩を背骨を中心に回転させることで 重心を右にシフトさせないことを心掛けるようにすると良いだろう。ミート率を上げるという観点からは 極めて重要なポイントだ。

さらに、腕の動きを体の動きから上手く切り離すことについても考えて見よう。個人差は 多少あるかも知れないが、腕の(縦方向の)動きを体の(横方向の)動きから 切り離すイメージでスムースに腕を振ることが出来れば 肩の回転もスムースに行えるはずで、スイングの安定感もパワーも 断然 増す可能性は高い。» 腕の動きのアイソレーション

以上の動きは あまり考えながらコントロールすべきものではないが、頭で考えを一度整理し、正しい自分のイメージを作って、後はイメージどおり打つ練習をすれば良いだろう。ただし、前述したように、ショートゲームでは X ファクターを むしろ 排除するようにしてプレーすべきなので間違いのないよう。

ゴルフ用品|Online Shops
Copyright © 2004-2021 mamejiten.com. All Rights Reserved.

TOP