コンテンツ目次






手首の動かし方 / リスト・ターン

このページのコンテンツ
• はじめに
• 手首の コックとアンコック
• 草刈機で草を刈るイメージ
• 体の回転と腕の振りの関係
• 腕のローテーション
• 商品リンク(用品メーカー別)

はじめに


クラブヘッドが 加速している状態で ボールを打つ 所謂 タメの効いた打ち方をするには 正しいリスト・ターンのメカニズムに対する理解が不可欠だ。クラブヘッドは コックした手首が 正しいタイミングで アンコック そして リスト・ターンし リリースされて始めて 効率の良い動きをするものである。しかし、望ましいリスト・ターンは 手首の動かし方を学べば出来るという性質のものではない。体の回転や腕の振り そして スイング・プレーン にも目を向ける必要がある。ここでは そんな 効率の良いリスト・ターンが どうすれば出来るようになるのかを考えてみよう。

手首の コックとアンコック


リスト・コック手首は 右イラストのように バック・スイングの過程で コックし、フォワード・スイングで アンコックするが、まず 初めに知っておいて欲しいのが、そのアンコックは 腕が上から下に「加速」しながら落ちている間は始まらないという原理原則である。それは 腕の動きが「減速」し始めると同時に遠心力が作用して、好むと 好まざるとに 拘らず コックが解け それによって クラブヘッドが リリースされる仕組みだからだ。つまり、クラブヘッドを 望ましいタイミングでリリースしたければ 手首ではなく 体の回転と腕の振りを 加速と減速という観点から 正しく コントロールする必要がある訳だ。

多くの人に 実は その減速のタイミングが早過ぎるという問題がある。加速モードが終わった後、つまり、減速モードに入った時に(最悪の場合は その速度が大幅に落ちてから)ボールを ヒットすると言う 効率の悪い 打ち方をしているのである。特に、バック・スイングで 体が十分に回転せず 左腕が大きく曲がる形のトップになれば フォワード・スイングの早い段階で その曲がった腕が伸びる時に 前述の遠心力が生じて リストが 早過ぎるタイミングで リリースされてしまう。そんな人が クラブを 望ましいタイミングで リリースし、クラブヘッドの動きが 加速モードの最終ポイント、即ち、最もスピードが上がるポイントの直前で ボールを ヒットするには、ボールを打つという動作のイメージを大きく変える必要がある。

草刈機で草を刈るイメージ


草刈機右手、右腕でボールを打つ。しかも、右手首のスナップを利用しようと考えている人が少なくないと思うが、まずは、そんな考え方であれば、それを変えることだ。そこで、イメージして欲しいのが、イラスト右のような草刈機で草を刈るイメージである。この時の体と腕の使い方のイメージでボールを打つ。この草刈機のヘッドを自分の右側に 水平に動かす動作をバック・スイング (前半) そして、左側に これも 水平に 動かす動作を フォワード・スイング (後半) だと考えて欲しい。

トップの形さすがに、クラブを トップの位置に 持ち上げる時と 下に落として来る動作は 芝刈り機のイメージと言う訳には行かないが バック・スイングで 腕が水平に動くモードから 垂直に上がり トップで止まって 切り返して 下に落ち また 芝刈り機を水平に動かす所に 戻るまでの動作にも 工夫が必要になるのは言うまでもない。まずは クラブを トップの位置に 持ち上げる時は 右手の掌 即ち パームが上を向くようにすると同時に 左腕は 軽く伸ばして 左肘の曲がりが最小限になるように 腕を上げること。そうすれば トップでは 右肘が 右イラスト ① のように 地面を指す形が出来上がる。また、右のパームが上を向けば 左手の甲は ② のように 真っすぐ (または 少し外側に折れる) という 好ましいの形になるだろう。右肘が上がり 所謂 フライング・エルボーになり 左手の甲が内側に折れ曲がるような トップにならなければ 後は 下半身の動きを使って 右肘を脇腹の前方に引き寄せるようにして 腕を落とし そこから フォワード・スイングの後半の芝刈り機を水平に横に振る所に持ってくれば良いことになる。

Bowed Wristさて、そこからは 芝刈り機を持って 左右の腕と手を動かすイメージで ボールを打つ訳だが 体の動きも使って 左右の手と腕を 緩やかに ロールさせるように動かすことも ポイントである。まず、 右肘が脇腹の前方に引き寄せるようにして 腕が落ちた時に 左腕とその手首は 右のように 所謂 bowed wrist の形になるのが好ましい訳だが 右腕は パーム・アップのまま 落ちてきた形で その手首は 逆に cupped wrist になるべきである。その状態から 芝刈り機のイメージで クラブをゆっくり 水平に振れれば コック・アンコックのタイミングなどは まったく意識しなくとも リスト・ターンのタイミングが望ましいものになる可能性は 高いだろう。

トップの切り替えし直前と直後に 力が入り、テンポが速くなる人は 少なくないと思うが そうしたスイングの人にも 芝刈り機のイメージは 役立つはずだ。芝刈り機で芝を刈る時に 右から左への切り返しで力を入れたり テンポを速くしたりする人は 居ないはず。逆に、切り返し前後では その動きをスローダウンするだろう。それが 正しいゴルフの切り返しのイメージだ。

リスト・ターンと言うと 右手首のスナップ的な一瞬の動きを想像する人も居るだろうが 実は そうではなく 前腕が体の前で クロスする時に起きる 一瞬よりは 時間的に長い間をかけて行う手首の動き(ターン)だと考えるべきものである。草刈機で草を刈る動きと ゴルフ・スイングの大きな違いは (1) 両手がくっ付いているか否か という点と (2) 道具の重量 にあるが 芝刈り機で 芝を刈る時のゆっくりした腕の動きと 体の使い方 そのイメージを ゴルフ・スイングに上手く取り入れて欲しい。この前腕が体の前でクロスする時に起きる手首の従属的な (スナップのような 一瞬の動作ではない) 動き、それこそが 正しい リスト・ターンのイメージだからである。

体の回転と腕の振りの関係


肩の回転と腕の振りの関係このように 体と腕を動かして リスト・ターンを行うことに加え、タイミングの良いクラブのリリースを 実現させるために考えて欲しいことが もう一つある。それは 体の回転と腕の振りの関係である。イラスト右は トップ・ツアー・プロのスイングの連続写真から作成したものだが、バック スイング (1) の段階で 左腕が 地面とほぼ平行になるところまで振り上げられた時に 肩は 70° - 80°くらい まで 大きく回転している という点に着目して欲しい。アベレージ・ゴルファーのスイングに比べると (1) の状態で 肩が 圧倒的に大きく回転していること、そして、その結果 手は 体の横ではなく 前に位置し 体から遠くに離れたポイントを通過するから スイングのアークが大きくなっている。

特に、手と体の位置関係である。少し話が飛ぶが 大きくて 重い物を 押したり 引いたりする時のことを想像して欲しい。ほとんどの人は 考えなくとも 手が体の前に来るようにして作業をするだろう。つまり、手で物を動かす以上 手と体の位置関係が 効率を良くするには 大切になる と言うこと。芝刈り機で 芝を刈る時のように ゴルフ・スイングでも 手は 体の前にあるべきなのだ。

手の位置は 腕の振り方によって決まる訳だが それが体の回転するパワーを利用し難い位置にあったのでは 力を効率良く使えないだけでなく クラブのコントロールも やり難くなる。しかし、多くの人は この単純な理屈が ゴルフ・スイングになると出来ないのである。この手を体の前に置くという感覚を大切にして 体の回転と腕の振りのバランスやタイミングを考えて欲しい。実は リスト・ターンが上手く出来ない原因は 多くの場合 この点にあるのである。

トップ・プロの多くは 腕を振り上げながら肩を回すのではなく、むしろ、肩がある程度回った後に 腕を動かし始め、手と腕を 常に 自分にとってコントロールし易い場所に置き 腕を上げているのだ。そして その時に 右手は パーム・アップになるのが原則という スイングの基本を守って トップの形を作っている。

腕のローテーション


腕のローテーション最後に、腕のローテーション、即ち、右のイラスト(ベン・ホーガン著 モダン ゴルフ より)のような ドアのノブを 回すような左腕の動きを 適度にすることによって クラブを 正しいスイング・プレーンに乗せることも考えて見よう。バック・スイングが完了した時点で 利き腕のパーム・アップの原則に従って腕を上げていれば 左腕は 時計回りにローテーションして 図の (1) の状態になり それが フォワード・スイング後半から フォロースルーのステージで (1) - (6) まで 時計の針の回転と反対方向に回転するが この腕の振りと 適度に腕を ロールさせる動きを研究してみよう。この腕の動きは プロネーションとスーピネーション、日本語では 回内と回外と呼ばれる動作であるが、これを することによって より多くのパワーを ゲインしようとするのではなく、プレーンにクラブを乗せて スイングのバランスを良くする というイメージで行なうべきものである。腕を振り子のように動かす中で このローテーションの量とタイミングに注意を払って バランスの良いスイングが出来るよう 研究して見よう。

体の回転と腕の振りの関係を説明したイラストからも分かるように、(1) から さらに 体を回転させて 肩を 90°もしくは、それを少し上回るところまで 回転させ、手が肩の高さか、それを少し上回るくらいまで上がったところ (2) が トップのポジションである。手の位置は 肩が 90°以上回れば 腕を大きく振り上げなくとも高く上がると言う理屈であるが このようなバック・スイングで トップの形を作ることが出来れば 前述のような 腕の動きと リスト・ターンは より容易に行えることになるだろう。無理なく、腕を ゆっくり落としてボールを打つことが出来るフォームという観点から、トップにおける 腕のポジション(体の回転と腕の振りの関係)を 色々と研究して欲しい。

以上の説明から理解頂けるものと思うが、手首は返るもので 返すものではない ということを認識した上で、リスト・ターンがどうあるべきかを 十分研究して下さい。




© www.mamejiten.com 2004-2016 - all rights reserved
本 HP 利用上の注意