コンテンツ目次
首都圏ゴルフ場ガイド

クラブに振り回されるな(スイング理論)

ゴルフは より大きな筋肉を使って クラブを振ること、即ち、ボディーターンを エンジンにした スイングが 望ましいと言われている。ボディーターンを使って ボールを打つと言うと 体の回転と腕の振りを 一体化させることだと考える人も少なくないと思うが それでは 左肩の関節を中心とする左腕の動きを抑制し兼ねないし、加えて、体と腕が 一体化するような形で クラブに振り回されるようなスイングにもなり兼ねないだろう。つまり、体全体の回転運動の慣性モーメントが大きくなり 安定したスイングが出来なくなると言う問題が生じ易くなる訳だ。

そこで、ゴルフ・スイングを より安定させるために 腕の振りを 体の回転という動作から アイソレート (isolate) し、体の回転も 左腕の振りも スムースに行う工夫をすると言う発想が生まれる。アイソレートには 分離するとか 隔離するといった意味があるが ここでは ボディーターンを ベースにしたスイングで 腕の動きを 体の動きから 上手く アイソレートしつつも 腕の振りが 十分コントロール出来るようにすることが スイング全体の安定性を高めるために 有効で そんな肩の回転と腕の振りの関係を見つければ より安定性の高い ゴルフ・スイングが出来るようになるという仮説について考察する。

肩と腕が回転するプレーンのイメージ肩と腕は イラスト右のように それぞれが 異なったプレーン(回転面)の上を動くべきで 左腕の動きは 基本的に イラストの (A) つまり 左腕の付け根を中心とする白のプレーンのような ややアップライトなプレーン上を 綺麗に 波打たないように 動くのが理想だと言える。一方、肩は 首の付け根 (S) を中心に腕が動くプレーンより フラットな オレンジのプレーンの上を 回転することになる。腕の動きを 体の動きから アイソレートしようという発想は 肩と腕 それぞれの動きが 互いに影響を及ぼし過ぎないないようにした方が 体全体の動きが安定し スイング軌道も安定するという考え方に基づくものだ。

そこで、最初に考えて欲しいのが 肩の関節 (A) 周りの筋肉の脱力をし その受動抵抗が少なくなるようにして 腕を振り子のように 柔らかく スムースに振ることである。そうするには 腕を 比較的 縦に振り子のように振ること、そして、懐を広く使って腕が適度に体から離れるようにし、手が体の前にある位置関係を意識すること。テイクバックで どのように腕とクラブヘッドを引くか、その方向、タイミング、大きさが影響を及ぼすが、手の位置が (H) より内側に入っていないか、また、高く上げようとして右耳の近くに来ていないか という点をチェックしよう。スライスに悩んでいる人は 腕も クラブも インサイド・アウトに振ろうとする意識があるのが普通で インサイドに引く傾向があるし 腕を高く振り上げようという意識のある人は 左肘が大きく曲がってしまうから そうならないよう注意して欲しい。クラブも 腕も「スクウェア」に振るイメージが大切だ。いずれにしても、筋肉や関節の柔らかさなどは 個人差があるから 自分にとって最適な組み合わせを見つけ出すという意識で 色々と工夫し 研究する必要があろう。

この時に考えて欲しいのが 手の位置 (H) が プレーンから外れないようにしつつも (S) - (A) - (H) の位置関係が アイソレーションの発想に 矛盾するようだが ボディーターンの力を クラブヘッドに伝え易くなるよう 工夫することである。腕を振り上げる動作が 肩の回転に対して タイミング的に早過ぎても 遅過ぎても 良くないし、腕を アイソレートすると言っても 肩の回転と 腕の振り と言う二つの動作を バラバラに行っていたのでは 安定感も パワーも生むことは出来ないから 離した二つの動きを そうした観点から 調和させることが重要になる。特に、トップで 左肩がターンして止まる位置 (A) と 腕の動かし方 そして それによって決まる手の位置 (H) 及び ボディーターンの回転軸 (S) との位置関係、即ち、(S) - (A) - (H) が フォワード スイングを スタートするのに 最適な形になるよう 工夫することがポイントだ。 Low and Slow というのが アーニー・エルス (Ernie Els) の口癖だそうだが 腕を振り上げるタイミングと ペース そして それを止める位置を 考える上で 極めて 的を射た フレーズと言えよう。

以上のように 腕の動きを 体の動きから 上手く アイソレートしつつも 体のバランスと 動作の調和が 上手く取れるようになれば クラブに振り回されることはなくなり 驚くほど 力の要らない パワフルで 安定感のあるスイングが出来るようになるはずだ。一度、機会を見つけて じっくり 研究して下さい。

はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加


www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP