コンテンツ目次

シャフト エクステンダー (Shaft Extender)

このページのコンテンツ
• はじめに
• エクステンダーの長さ
• 延長する時のチェック・ポイント
• エクステンダーの落とし穴
• 商品リンク(用品、メーカー別)

はじめに


シャフト エクステンダーシャフトを伸ばすための小さな部品が シャフト エクステンダーだが 単に エクステンダーと呼んだり(エキステンダーとも書く)、インチ伸ばしなどと呼ぶこともある。樹脂製(右の写真参照)、木製、アルミなどの金属製のものがある。ドライバーや パターのシャフトを 伸ばす目的で シャフトのバット側(グリップの中に入る部分)に 適度な長さに切ったシャフト エクステンダーを 差し込んで 接着する方式で 通常 用いられる。

エクステンダーの長さ


中尺パター用セットパターのシャフトのエクステンションは 33インチから 34.5インチにするといった微調整だけでなく、普通の長さのパターを 42インチくらいの中尺 / ベリー・パターにすると言う 大変身のケースでも対応可能である。その場合に必要なものは 10インチくらいまで シャフトを伸ばすことの出来るエクステンダーと中尺用の長いグリップである。場合によっては、エクステンダーとグリップを セットで購入できることもある。(» サンプル)エクステンダーを 希望の長さに切って 挿入し 接着剤で固定して(接着剤が硬化するのを待って)その上に 必要に応じてテープを巻き グリップを装着すれば 出来上がりである。普通のグリップの装着の難易度と大差ない 極めて 単純な作業だから グリップ交換を自分で行える人なら 問題なく 一人でも作業が出来るだろう。

延長する時のチェックポイント


一方、ドライバー、フェアウェイウッド、アイアンなどのシャフトのエクステンションの場合は 少し 訳が違う。色々なこと、例えば、クラブの重量、シャフトの特性の変化、そして、強度の問題などをクリアーする必要がある。まず、パター以外は どんなクラブであっても 2インチ以上のエキステンションは 強度の面から好ましくないと考えるべきだろう。加えて、シャフトを長くした時に起きる現象を 良く理解しておかなければならない。つまり、

• スイング・ウェートが 1インチで 6 ポイント前後 重くなる。» クラブの重量

• シャフトが 柔らかく感じられるようになる。» シャフト

従って、ただ単にシャフトを伸ばせば ヘッドスピードが上がって飛ぶのではないかという考え方は 極めて危険なのだ。シャフトを長くしても良いケースは 例えば 短かくて 軽い女性用のクラブのシャフトを長くして 男性用に使いたい と言うようなケース。女性用のドライバーは 男性用より 2-3インチ短いものが多く、総重量も 300g 未満で スイング・ウェートも B から C の前半のものがほとんどだから、こうしたシャフトを 1~2インチ長くしてあげれば(シャフトが柔らか過ぎて扱い難いと感じるリスクはあるが)ちょうど良くなる可能性もある。

また、ハード・ヒッター用の硬いシャフトのクラブを 少し 柔らかくして使い時に 効果が期待できることもある。しかし、そのような場合は スイング・ウェートが重くなり過ぎてしまう可能性が高いから グリップを重めのものにした方が(総重量は 重くなるが)上手く行く可能性があるだろう。つまり、スイング・ウェートが軽くなるような グリップの装着 バランスさせる訳だ。

エクステンダーの落とし穴


もう既に気が付いているかも知れないが 最初のケースの場合は 重さはちょうど良いものになったとしても シャフトの硬さが問題になる可能性が高いし、ハード・ヒッター用のクラブのシャフトを柔らかめにする場合は もともと総重量も スイング・ウェートも重いものである可能性の高いクラブだから そうしたクラブのシャフトを長くしたら、さらに重いクラブになってしまうという落とし穴がある。

当然のことながら、シャフトが長ければ 体の回転と腕の振り そして クラブを リーリースするタイミングと ミート率が同じであれば ヘッドスピードが上がって飛ぶクラブになるが シャフトが長くなれば クラブを振る時の慣性モーメントが大きくなり それを振るには 応分に力が必要になってくるので スイング全体のバランスを保ちながら クラブを リーリースするタイミングとミート率をキープするのは 簡単ではないことを お忘れなく。


はてなブックマークに追加
はてなブックマークに追加

www.mamejiten.com - all rights reserved
本 HP 利用上の注意

TOP